ビバリストが見た!『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』30周年イベントレポート

平成の世とともに歩んで30年。ニッポン放送のお昼のワイドでは最長番組となった『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』のアニバーサリーイベントが3月16日(土)に有楽町のよみうりホールで開催されました。

本記事では、1,100枚のチケットが即完売したイベント『「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」リスナー大感謝祭~そんなこんなで まる30年~』の模様を、今はなき「シアターアプル」での10周年、よみうりホールでの20周年イベントにも足を運んだ20年来の“ビバリスト”(番組のヘビーリスナー)が紹介します!

クドカンや爆笑問題・太田もファン!『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』とは

まず、イベントレポートの前に『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』についてざっくり紹介します。

平成元年からスタート、月曜日から金曜日まで、お昼の11時30分から13時までの生放送番組。現在の出演者は、高田文夫さんと松本明子さん(月曜日)、東貴博さんと山根千佳さん(火曜日)、春風亭昇太さんと乾貴美子さん(水曜日)、清水ミチコさんとナイツ(木曜日)、高田文夫さんと松村邦洋さん、磯山さやかさん(金曜日)です。

高田文夫さんらレギュラー陣が、その日・その時間の旬な時事ネタをピックアップ。独自の見解やモノマネを交えて斬りまくり、ひねりをきかせた笑いに昇華するトークが人気です。業界人の注目度も高く、著名人にもヘビーリスナー“ビバリスト”が多数居て、爆笑問題・太田光さんや、宮藤官九郎さん、阿部サダヲさん、浅野忠信さんが公言して番組にも登場しています。

「ラジオビバリー昼ズ30周年イベント事件簿ベスト3」

『「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」リスナー大感謝祭~そんなこんなで まる30年~』で、“ビバリスト”的に印象に残ったハプニングを「ラジオビバリー昼ズ30周年イベント事件簿ベスト3」と題して、紹介します。

イベント事件簿①「ダブルが渋滞! ダブルぺー&パー子にダブル籠池夫妻」

この番組で欠かせない要素は「モノマネ」。清水ミチコさんと松村邦洋さんという2大モノマネタレントに加え、モノマネのイメージがない磯山さやかさんも強力なモノマネ要員として活躍しています。

毎週その日の旬な女性のモノマネを高田さんにムチャぶりされるうちにモノマネの腕を上げた磯山さんは、今回満を持して、高田さん作詞の名曲紹介コーナー「高田文夫名曲歌謡ショウ」でモノマネを披露!

林家ぺーさんが『余談ですけど、「愛してる」』をパー子さんと披露したあとに、松村さんと磯山さん扮するニセモノ林家ぺー&パー子夫妻がピンクの衣装で登場。モノマネ番組でよくある、ニセモノのあとにご本人登場の逆パターンです。

急遽勃発したダブルぺーさんによる有名人の誕生日対決の模様を、独特の笑い声をあげながら、写真を撮りまくるダブルパー子さん。そして、この特異な状況に対して、高田さんが的確につっこみ笑いを生み出すという、見事なビバリーファミリー芸に会場は大いに沸きました。

実はダブルぺー&パー子夫妻は、爆笑問題・太田光さんのリクエストだったとのこと。他コーナーではダブル籠池夫妻(清水&塙・松村&磯山)も披露されました。ダブル瀬戸内寂聴さん(清水&松村)、ダブル大阪なおみ選手(清水&磯山)も聴きたかったところです。

イベント事件簿②「バイオリンからラッパの音⁉︎ 大トリのU字工事に会場騒然」

ダブルぺー&パー子夫妻で沸いた「高田文夫名曲歌謡ショウ」。番組スタートからアシスタントを務める松本明子さん、外回りの中継レポーターから火曜パーソナリティとなった東貴博さん扮する、小瀧詠一さんらがビバリーを彩った曲を披露し、大トリはU字工事の2人。

「歌が上手いらしい」という噂が高田さんに届いたことから、番組開始30年記念ソング「ビギン・ザ・ギンザ」のボーカルに起用された益子卓郎さん。そして、福田薫さんはコーラスと特技のバイオリンで参加しました。

益子さんは、「高田さんのご指名」というのも納得の歌声を披露。その隣には、体全体でリズムをとりながら出番パートを待つ福田さん。いつもはエアーバイオリンだそうですが、この日はリアルバイオリンで登場し、緊張が伝わります。

福田さんが恐る恐るバイオリンを奏でると、「プゥ~ピィ~」という想像とは違った不安定な音が響き、会場はザワザワ。昔懐かしい“豆腐屋さんのラッパ”のような音でした。

しかし、さすが懐が深いビバリスト。ほどなくバイオリンから出るラッパ音を受け入れ、手拍子をしながら、応援するようにラストまで導きました。そのあとの幕間トークで福田さんが普通の頭痛の話を披露。U字工事は、しっかりこのイベントで爪痕を残しました。

イベント事件簿③在位30年! 高田文夫「まだまだのびる70歳」発言に感動

開場30分で300冊! 1分で10冊も売れたという高田さんの新刊本。これは、松浦亜弥さんのグラビア以来の驚異的な売れ行きだったのだとか。

作家としてだけでなく、パーソナリティとしてのトーク力も見せつけた高田さんは、1000人以上の規模の大きな会場でも気負いせず、スタジオの時と同様にいつもの調子で絶妙な時事ネタをピックアップし、抜群のタイミングで投下。この日も誰よりも爆笑をさらっていたのは、やはり高田先生でした!

相手やその場の状況に合わせて、どんどんボケて、つっこんで……。高田さんが“仕事(人を笑わせて喜ばせている)”をしているシーンは、ラジオで耳にしても、目にすることはできません。

今回のイベントでは、その“仕事”を目の当たりにできたこと、そして「まだまだのびる70歳」発言を聴けたことは、“ビバリスト”にとって、何よりうれしい出来事でした。

広がるビバリストの層、受け継がれる高田イズム

♪I wanna be Bow 高田文夫のラジオビバリー昼ズ!
宮藤官九郎作詞&作曲のグループ魂「高田文夫」が開演前や仲入りで流れ、漫才あり、漫談あり、モノマネあり、歌あり、トークあり、ラッパ風バイオリンありの3時間強。

TBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』からお祝い花が届いていた30周年イベントで印象的だった出来事を紹介しました。

今回目についたのは、“チャイルド・ビバリスト”。親御さんと一緒に大笑いしている子どもたちの姿をチラホラ見かけました。オンタイムで聴けない子どもたちは、ラジコで帰宅後に聴いているのでしょうか。「ラジカセからラジコへ」とラジオを聴くツールが移り変わり、子どもだけでなく、地方にも高田イズムが継承され、“ビバリスト”の層が広がっていることを嬉しく感じました。また、昨年4月からレギュラー陣に加わった火曜日アシスタント・山根千佳さんは、イベントのエンディングで『ビバリー昼ズ』について、愛情を込めて“特殊な番組”とコメント。

次回は、50周年くらいでイベントを開催するとのこと。「ずっと“特殊”なままで、あと20年続けてもらいたい」と、“ビバリスト”のひとりとして切に願っています。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~金曜 11時30分~13時00分
出演者:高田文夫、東貴博、春風亭昇太、清水ミチコ、松本明子、山根千佳、乾貴美子、ナイツ、松村邦洋、磯山さやか
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

高田りぶれ

ライター。ドラマとプロレスとサッカーとお笑いが好き。

Twitter

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ