森脇健児、チュートリアル、夜の本気ダンスも! 京都府のおすすめラジオ番組【前編】

森脇健児さんのラジオファンにとってはおなじみのKBS京都ラジオ! 森脇さんが東京のラジオ番組にゲスト出演した時は、よくKBS京都ラジオの魅力が話題になります。京都府のおすすめラジオ番組を紹介する今回、前編では森脇さんにとってある意味“ホーム”(もちろん他局の番組にも出演しています)のKBS京都ラジオの中からおすすめのラジオ番組を紹介します。

後編はこちら

KBS京都ラジオとは?

昭和26年12月24日開局。KBS京都ラジオの特徴の一つは、ベテランから若手まで、お笑い芸人が出演するラジオ番組が多いこと。

ベテランの『京都発よしもとハッピーアワー・いくよくるよのどやさマンデー』(毎週月曜日 21時〜21時20分)をはじめ、午前中のワイド番組『ま〜ぶる!』(月曜日〜木曜日 10時〜14時)では若手芸人が月・水・木を担当。『ファミリーレストランのめちゃうま』(月曜日)、『チキチキ遠藤 Nami乗りジョニー』(水曜日)、『男と女と木村のシャバダバ元気!!』(木曜日)を放送しています。

『さらピン! キョウト』 月曜日〜木曜日 14時〜17時

2019年4月スタートのワイド番組。アンカーマンは競馬中継でも活躍中の二人、梶原誠アナウンサー(月・木)と森谷威夫アナウンサー(火・水)。日替わりパートナーは個性派揃いで、中でも火曜日に出演している写真家・育緒さんの独特の雰囲気に注目。育緒さんはフィルムカメラを取り入れたユニークライフを提案する「Film Camera Revival」の代表でもあり、機械式カメラの修理にも携わっています。人生相談のコーナーでは、姉御肌的な雰囲気の育緒さんがリスナーから届いた相談にズバリ、アドバイス。ゲストコーナーでは、音楽、アート、映画など、芸術に関係するゲストが登場。育緒さんは、尊敬の眼差しで、楽しくてタメになる話を引き出します。

余談ですが、火・水担当の森谷アナは大のアイドル好きです。『だって好きなんだもん!』(金曜日 21時30分〜21時55分)ではアイドル愛が爆発。普段は真面目でおっとりしたイメージの森谷アナですが、この番組ではアイドルのことしか喋りません。ひたすらアイドルの曲を流して、アイドルのことを語ります。『さらピン! キョウト』の時の1.5倍は早口で喋っています。

さらピン! キョウト
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 14時00分~17時00分
出演者:梶原誠、森谷威夫
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

『森脇健児のサタデースタジアム』土曜日 22時〜23時

森脇健児さんのハイテンションなトークが楽しめる番組。注目は森脇さんの人間観察力と“松竹芸能愛”。松竹芸能に入ったばかりの若手芸人や、入社したばかりの社員であっても、面白おかしい部分をしっかりとキャッチ。臨場感あふれるトークを繰り広げます。大のラジオファンでもある森脇さん。テレビも観たり、スポーツも観たりして話題が豊富。走っている時間を考えると「いつ寝ているの?」と気になって仕方ありません!

共演者のかみじょうたけしさんのマニアックなトークも番組を盛り上げます。かみじょうさんは“高校野球芸人”としてもおなじみで、京都大会の地方予選では開会式にも足を運ぶほど。先日(7月6日)の放送では、開会式の観客の様子や、入場行進が良かった高校と掛け声の再現など、たっぷりと語りました。

森脇健児のサタデースタジアム
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週土曜 12時00分~13時00分
出演者:森脇健児、かみじょうたけし

※放送情報は変更となる場合があります。

『キョートリアル! 〜コンニチ的チュートリアル〜』土曜日 22時〜23時

2002年スタート。京都出身のお笑い芸人・チュートリアルが上京する前から放送していて、放送回数は2019年6月29日で900回を迎えました。徳井さんと福田さんが知り合ったのは5歳の頃。番組ではその頃から今にいたるまで、二人の素のトークが楽しめます。番組の特徴は、相手が話をしている時に相手の話の腰を折ることがなく、「へぇ〜」、「そうなの?」、「それで?」という相槌を入れて、相手の話を膨らませようとする点。まるで、幼なじみの話を聴いている気分になります。

この番組は全国各地のラジオ局で30分番組として放送されており、制作局のKBS京都ラジオのみ、60分番組として放送されています。

そのほか、若手芸人が出演する番組といえば、弟・亜生による兄・昴生イジリが止まらない『ミキの兄弟でんぱ!』(毎週日曜日 13時〜14時)もおすすめ。お互いが相手の言動を非常によく見ていて、ほんの些細なことでも指摘して笑いに変えます。「昴生のクシャミの仕方が汚い」、「昴生の髪型が変」といった、“ちょっとしたこと”から兄弟ゲンカスレスレの場面に繋がりつつも、話題が変わると仲良く話しているところに、兄弟の仲の良さを感じます。

キョートリアル! 〜コンニチ的チュートリアル〜
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週土曜 22時00分~23時00分
出演者:チュートリアル(徳井義実・福田充徳)
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

『夜の本気ダンスのラジダン!』金曜日 23時〜24時

京都出身のバンド「夜の本気ダンス」。ユニークなバンド名は“夜”も昼も聴く者全てを“本気でダンス”させるというコンセプトに由来します。2019年3月にはバンド結成10周年を記念したライブイベントを開催。ライブ後の興奮そのままに公開収録を行い、翌週は生放送に切り替えてその模様を放送したところ、ファンに大好評! Twitterのトレンドワード入りを果たしました。

番組の楽しみの一つが、即興ドラマ「ダンスもいいけどアクトもね」。与えられたテーマをもとにメンバーが即興でコントチックに演じます。内容がかなり脱線するところに注目です!

夜の本気ダンスのラジダン!
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週金曜 23時00分~24時00分
出演者:夜の本気ダンス(米田貴紀・鈴鹿秋斗・マイケル・西田一紀)
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほか、オープニングからハイテンショントークで3時間突っ走る『久米村直子のSuper Duper Sunday』(毎週日曜日 14時〜17時)、音楽家で、ドラマ『あまちゃん』や『いだてん』(NHK)などで使用する音楽も担当している大友良英さんの番組『大友良英のJAMJAMラジオ』(毎週金曜日 24時30分〜25時)はマニアックな曲が聴けることで音楽通に大人気。人気声優の二人が“ごりやく”を探求していく『増田俊樹・古川慎のごりやく研究所』(毎週金曜日 24時〜24時30分)など、注目の番組をぜひチェックしてください。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ