最新ワイヤレスイヤホンが当たる「#夏と音楽とラジコ」キャンペーン開催!

夏はフェスなどで新しい音楽と出会える季節。ラジオでもたくさんの音楽と出会ってほしい! そんな願いを込めて、ラジコではどこでもラジオを楽しめるワイヤレスイヤホンをプレゼントする「#夏と音楽とラジコ」キャンペーンを開催します。

#夏と音楽とラジコ キャンペーンとは?

「#夏と音楽とラジコ キャンペーン」は、ラジコの公式Instagramのアカウントをフォロー&対象の投稿にいいねで「Sudio」のワイヤレスイヤホンが抽選で2名様に当たるプレゼントキャンペーンです。

ぜひラジオでもたくさんの音楽に出会ってくださいね!

スウェーデン発のブランド「Sudio」のワイヤレスイヤホンをプレゼント! (2名様)

今回プレゼントするのは、完全ワイヤレスイヤホン『Tolv』。良い音をおしゃれに纏える、Sudioの最新モデルです!

Sudioとは?

シンプルで洗練された美しさが目を引く、スウェーデン発のイヤホンブランド。北欧デザインにインスパイアされたイヤホンは、機能性・ファッション性どちらも取り入れた贅沢なアイテム!

音質や製品の使用感といった機能面だけでなく、身に着けるシーンまでをイメージされたデザインは無駄を削ぎ落したミニマルで美しい仕上がりです。性別や年齢はもちろん、オン・オフも問わず、良い音をアクセサリー感覚で身に着けられるところが「Sudio」の特徴でもあります。

イヤホンやヘッドフォンが自身のライフスタイルを表現するアイテムに位置付けられてきている今、大注目のブランドです。

「Sudio」ブランドサイトはこちらから

「Sudio」公式Instagramはこちらから

最新モデル『Tolv』から、人気カラーのホワイトをセレクト!

今回プレゼントするのは、完全ワイヤレスイヤホン『Tolv』。良い音をおしゃれに纏える、Sudioの最新モデルです! さらに今回はその中から人気のホワイトを選びました。

『Tolv』は、片手にすっぽりと収まる小さいボディながら、とってもパワフルな使用感。なんと約7時間の連続再生ができ、付属の充電ケースを使用すると最大で35時間の再生が可能です! それに加えて約6日間のスタンバイ時間も兼ね備えているので、外出中でも充電を心配することなく、思う存分にラジオや音楽を聴いたり、動画を再生できますよ!

さらに、一度デバイスに接続してしまえば、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に接続されるところも魅力的。煩わしい手間が省けて、ストレスフリーに音楽を楽しめます。

ステレオ再生にも対応したイヤホンには、低音から高音までをバランスよく表現してくれるグラフェンドライバーを使用! クリアかつ重厚感のある高音質なサウンドを楽しめるのはもちろん、最大通信距離15mをカバーするBluetooth5.0を搭載しているので、安定した接続で音楽を堪能することができます。これだけハイスペックなイヤホンなら、ラジオも様々なシーンで楽しむことができますね!


例えば…

・本体が離れたところにあっても最大通信距離が15mもあるので、運動をしながらでも安定したラジオを聴くことが可能♪

・調理の音でかき消されてしまいがちな音も、優れた音質のワイヤレスイヤホンを付ければ料理をしながらでもお気に入りの番組をクリアな音で楽しむことができます!

・最大35時間の再生時間や6日間のスタンバイ時間も確保しているため、旅先などでなかなか充電ができないときも、心置きなくいつものラジオを聴くことができますよ。


普段とは異なったシーンでラジオを聴いてみると、新しい音楽にはもちろん、新たな番組との出会いや発見があるかもしれません!

たくさんのご応募、お待ちしております。

応募方法

応募期間:2019年8月16日(金)12時 ~8月30日(金)24時 まで

STEP1 ラジコ公式Instagramアカウント(@radiko_jp)をフォロー!

STEP2 対象投稿にいいね!

対象投稿はこちら

以上で応募は完了です。プレゼントが当選した方には、ラジコ公式 Instagramアカウントからダイレクトメッセージ(DM)をお届けします。

※フォローを外されますと、当選した場合のご連絡ができなくなることがありますので、ご注意ください。

応募要項

<応募について>
■ご応募は、本規約に同意いただける方に限らせていただきます。なお、ご応募いただいた時点で本規約に同意したものとみなしますので、内容をよくご確認のうえ、ご応募ください。
■ご応募は、日本国内に在住の方に限らせていただきます。
■20 歳未満の方は親権者の同意が必要です。
■ご応募は、2019年8月16日(金)投稿後から2019年8月30日(金)24時までの間に条件を満たした方までとさせていただきます。
■プレゼントの当選はお一人様1回までとさせていただきます。
■上記「応募方法」以外の方法(郵送やお電話など)による応募は受け付けておりません。
■Instagramはこのキャンペーンの後援、承認、運営を行っておらず、一切関係がありません。また本キャンペーンへの参加、及び賞品に関して、Instagramは一切の関与をせず、参加者はそのことに同意したものとみなされます。

<プレゼントの当選について>
■当選した方は、その権利を他人に譲渡したり、金銭や他の品物と引き換えることはできません。
■抽選結果に関するお問い合わせはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
■当選した方には、Instagramダイレクトメッセージ(DM)にてご連絡させていただきま す。記載されているURLにアクセスし、必要事項を入力してからフォームより返信いただきましたら、正式に当選とさせていただきます。なお、以下の場合は、当選を無効とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
(1)@radiko_jp のフォローがされておらず、当社からダイレクトメッセージ(DM)を送信できない場合
(2)アカウントを消失される等の理由により、当社からのご連絡ができない場合
(3)当社の指定した期間内に必要事項の入力をいただけない場合
(4)必要事項の記入内容に不備がある場合

<賞品の発送について>
■賞品の発送は2019年9月中を予定しておりますが、諸事情により多少前後する場合もございますこと、あらかじめご了承ください。
■当選された方が長期不在等の理由により賞品をお届けできない場合、当該賞品を受け取る権利を無効とさせていただく場合がございます。
■賞品の配送日時・配送方法・配送業者の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

<個人情報取り扱いについて>
賞品当選者の個人情報(氏名・住所・連絡先等)は、当社および本キャンペーンの運営の業務委託先となる者が、本キャンペーンに関するお問い合わせ、ご連絡や賞品発送の手続きのために使用いたします。(本キャンペーンでは、当選者の方のみ個人情報をお預かりいたします) また、①法令により許容される場合、②上記の使用目的のため、③当社の監督のもと委託先に使用させる場合を除いては、第三者に開示・提供はいたしません。

<お問い合わせ先>

radikoヘルプページ

受付期間:2019年8月16日(金)から2019年9月30日(月)

丸山茂樹×荻原次晴、50歳同士「一緒にオリンピックを盛り上げられたら」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。2月15日(土)の放送は、前回に引き続き、元スキー・ノルディック複合選手でスポーツキャスターの荻原次晴さんが登場しました。

荻原次晴さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆ゴルフ、登山、サーフィンに夢中

丸山:最近、ゴルフは平均どのくらいのスコアで回っているの?

荻原:うわぁ、言いたくないな~(苦笑)。

丸山:それはどこか苦手なものがありますね?

荻原:ドライバー。シャフトが長いと不安になっちゃう。

丸山:それは右と左どちらに行くのが怖い?

荻原:右です。

丸山:ほとんどの人がその病気ですね。フェースの管理がわからなくなるんです。シャフトの刺さっているところから芯の距離までを重心距離と言うんですけど、芯の距離が遠くなる。

荻原:なるほど。

丸山:アイアンとフェアウェイウッドはほとんど変わらないんですよ。だから、ドライバーだけ急に重心距離が遠くなると悩んでしまう。ほんの数cmなんだけどね。でもゴルフではそれが大きなポイントなの。ドライバーで悩んでいる選手ってすごく多い。

荻原:じゃあアマチュアは悩んで当たり前だよね。

丸山:プロアマとかにもたまに出場しているよね。この前、番組にも出ていただいた吉田沙保里ちゃんとも一緒にラウンドしたことあるんでしょ?

荻原:以前、番組の企画で一緒に回ったんだけど、沙保里ちゃんも上手だったな~。たぶん始めて間もないと思うんだけど、すごくパワーがある。けっこう力強いスイングしていたね。あとねビックリしたのが、サーフィンに行ったら沙保里ちゃんがいたの。

丸山:えっ!? サーフィンって面白いの?

荻原:やらないほうがいいよ。ゴルフ場に行きたくなくなるから(笑)。

丸山:そんなに楽しいの!? 「次晴登山部」よりも?

荻原:やっぱり面白いのは、スキー、登山、サーフィン。

丸山:おいおい、どうした? ゴルフがないぞ~。

荻原:ゴルフは勉強中だから。

丸山:「次晴登山部」では、日本百名山の登頂に挑戦中だとか。

荻原:今まで72登頂したんだけど、おかげさまで無事故で。
丸山:山へのチャレンジもそうだし、海もそうですけど、両方とも(危険の)リスクが高いから、50歳なんだし。

荻原:自分だけの命じゃないからね(苦笑)。

◆アスリートと英語

荻原:アメリカツアーのときって英語はどうしていたの?

丸山:僕は基本的に英語のできるマネージャー、英語と日本語ができるキャディー、あとうちの奥さんは英語がちょっとできるので、周りをガチガチにガードして行ったの。

荻原:へぇ~。

丸山:そういう意味では用意周到だった。だからラウンド中はキャディー、私生活中はマネージャー、家では奥さんに……といった具合にわからないときはすぐに聞けたから。普段のコミュニケーションのなかで、「ねぇ、こういうときって何て言ったらいいの?」って聞いて、それを無理矢理使って成功すると、少しずつ喜びを味わっていって英語を覚えた。

荻原:うん。

丸山:だからそんなにベラベラしゃべれなくても、何となくアタックするだけのことはできるようにはなったかな。

荻原:それが重要なんだよね。日本は試験に合格するための英語じゃない?

丸山:うん。

荻原:でも、我々のようにスポーツで海外を転戦すると、でたらめでもいいから勇気を出してまずは話しかけるとか、そこができないんだよね。

丸山:そうそう。一歩前にいけないじゃない? 話したい選手が横に来てもためらってしまうんだよね。そういうところを、少しでも勇気が出せるようにいろいろ勉強したけど、苦労したね。20代前半のころなんて、ジュース1本買いに行くのも嫌だったもん。今後は世界中の海や山に行く可能性がありますから、少しずつでもいいから英語の勉強をやっていきたいよね。

荻原:やっていきたいね。

◆「オリンピックでキャスターの座を」

丸山:今後、チャレンジしたいことは?

荻原:今年は何と言っても東京オリンピックですからね。だからスポーツキャスターとしては、オリンピックでキャスターの座を掴みたい。ちょうど50歳で節目の年でもあるので、日本で開催されるオリンピックでしっかり仕事を掴んでいきたい。

丸山:同い年ですし、ぜひお互い刺激し合って、一緒にオリンピックを盛り上げられたら。

荻原:今年の目標、もう1つだけ言っていいですか?

丸山:いいですよ。

荻原:(ゴルフのスコア)80台!

丸山:小っちゃいな(笑)。

荻原:少し前に88を出して“夢の80台キター!”って思ったんだけど、それ以降80台が一度も出ていないの。

丸山:(プロコーチの)内藤雄士と丸山の同級生チームでゴルフに行きましょうよ!

荻原:お願いします!

次回2月22日(土)の放送は、元女子バドミントン選手でスポーツインストラクターの小椋久美子さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月23日(日・祝) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

Facebook

ページトップへ