花澤香菜が、演じることの難しさを吉岡里帆と語る!「自分の中にない役は苦手かも」

吉岡里帆さんがナビゲートするより豊かなライフスタイル、より良い生き方を考えていくJ-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』。10月6日(日)は、ゲストに声優・花澤香菜さんが登場! 花澤さんが声優になった経緯や演じる上での苦労を伺いました。(J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』10月6日(日)放送分)

声優を続ける決意はマネージャーの一言!「もったいないから辞めないで」

声優だけでなく、歌手やタレント業など多彩な方面で活躍の花澤香菜さん。2004年から声優活動をスタートし、アニメやゲームなどを含む150を超える作品に出演し、2019年2月には5枚目となるアルバム「ココベース」をリリースしています。そこで、吉岡さんがマルチな活躍をされている花澤さんに声優になった経緯を伺いました。

吉岡:声優でやっていくぞという強い決意が生まれたのはいつ頃ですか?

花澤:高校3年生の時にやっていた「ゼイガペイン」というアニメの頃は本当に自信がなくて、この仕事は絶対できないとずっと思っていました。大学に入るタイミングで、声優の仕事を全部辞めて新しい仕事を探していたら、今の事務所のマネージャーが「良い声だし、もったいないから辞めないで」と言われ、うれしくてもう一回頑張ってみようかなと思いました。

これまで演じてきた中で難しかった役「自分の中にない役は苦手かも」

アニメ「化物語(シリーズ)」や「ニセコイ」、「PSYCHO-PASS サイコパス」などでさまざまキャラクターを演じられてきた花澤さん。それでも、自分にないキャラクターを演じるのは難しかったと語ります。

吉岡:これまで演じてきて難しかった役はありますか?

花澤:映画「夜は短し歩けよ乙女」の”黒髪の乙女”はとても難しかったです。

吉岡:ものすごくハマってますよ!

花澤:原作を好きだったがゆえに、自分の中でのイメージができちゃって。監督からこういう風にして欲しいと提案されても、そこにたどり着くまでに時間がかかっちゃいました。

大好きなパンについてもトーク!「硬いパンが好き!ずっとガシガシしていたい!」

花澤さんは、日常の過ごし方についてもトーク。毎日1万歩以上歩くことを目標にしていて、2駅ぐらい意識してラジオを聴きながら歩いているそうです。また、大のパン好きの花澤さんは、好きなパンのタイプも教えてくれました。

吉岡:パン屋さんはどれくらい行かれるのですか?

花澤:油断すると、1日1〜2回くらい行っちゃいます。なので、気を引き締めて週に3〜4回にしてます。

吉岡:好きなパンを教えて下さい。

花澤:硬いパンが好きです。唇が切れてなんぼです。ずっとガジガジしていたいです。

そのほか花澤さんのプライベートも垣間見える、吉岡さんとの癒しトークは、ぜひタイムフリーでお楽しみください。

UR LIFESTYLE COLLEGE
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 18時00分~19時00分
出演者:吉岡里帆、花澤香菜
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ