花澤香菜が、演じることの難しさを吉岡里帆と語る!「自分の中にない役は苦手かも」

吉岡里帆さんがナビゲートするより豊かなライフスタイル、より良い生き方を考えていくJ-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』。10月6日(日)は、ゲストに声優・花澤香菜さんが登場! 花澤さんが声優になった経緯や演じる上での苦労を伺いました。(J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』10月6日(日)放送分)

声優を続ける決意はマネージャーの一言!「もったいないから辞めないで」

声優だけでなく、歌手やタレント業など多彩な方面で活躍の花澤香菜さん。2004年から声優活動をスタートし、アニメやゲームなどを含む150を超える作品に出演し、2019年2月には5枚目となるアルバム「ココベース」をリリースしています。そこで、吉岡さんがマルチな活躍をされている花澤さんに声優になった経緯を伺いました。

吉岡:声優でやっていくぞという強い決意が生まれたのはいつ頃ですか?

花澤:高校3年生の時にやっていた「ゼイガペイン」というアニメの頃は本当に自信がなくて、この仕事は絶対できないとずっと思っていました。大学に入るタイミングで、声優の仕事を全部辞めて新しい仕事を探していたら、今の事務所のマネージャーが「良い声だし、もったいないから辞めないで」と言われ、うれしくてもう一回頑張ってみようかなと思いました。

これまで演じてきた中で難しかった役「自分の中にない役は苦手かも」

アニメ「化物語(シリーズ)」や「ニセコイ」、「PSYCHO-PASS サイコパス」などでさまざまキャラクターを演じられてきた花澤さん。それでも、自分にないキャラクターを演じるのは難しかったと語ります。

吉岡:これまで演じてきて難しかった役はありますか?

花澤:映画「夜は短し歩けよ乙女」の”黒髪の乙女”はとても難しかったです。

吉岡:ものすごくハマってますよ!

花澤:原作を好きだったがゆえに、自分の中でのイメージができちゃって。監督からこういう風にして欲しいと提案されても、そこにたどり着くまでに時間がかかっちゃいました。

大好きなパンについてもトーク!「硬いパンが好き!ずっとガシガシしていたい!」

花澤さんは、日常の過ごし方についてもトーク。毎日1万歩以上歩くことを目標にしていて、2駅ぐらい意識してラジオを聴きながら歩いているそうです。また、大のパン好きの花澤さんは、好きなパンのタイプも教えてくれました。

吉岡:パン屋さんはどれくらい行かれるのですか?

花澤:油断すると、1日1〜2回くらい行っちゃいます。なので、気を引き締めて週に3〜4回にしてます。

吉岡:好きなパンを教えて下さい。

花澤:硬いパンが好きです。唇が切れてなんぼです。ずっとガジガジしていたいです。

そのほか花澤さんのプライベートも垣間見える、吉岡さんとの癒しトークは、ぜひタイムフリーでお楽しみください。

UR LIFESTYLE COLLEGE
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 18時00分~19時00分
出演者:吉岡里帆、花澤香菜
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ