IZ*ONE・宮脇咲良、3ヵ月ぶりのラジオ出演でファンへ感謝「待っていてくれてありがとう!」

日韓グローバルガールズグループ・IZ*ONEの宮脇咲良さんが、約3ヶ月ぶりに自身のレギュラー番組『今夜、咲良の木の下で(以下:さくのき)』に出演。IZ*ONEの活動休止から再開した今の心境とファンへの感謝の気持ちを語りました。(bayfm78『今夜、咲良の木の下で』2月19日(水)放送分)

宮脇咲良「ラジオは死ぬまで続けたい(笑)」

IZ*ONEは、昨年11月にグループが誕生したオーディション番組のスタッフによる視聴者投票不正操作が発覚したことで活動を休止。2月17日(月)に韓国で初のフルアルバム「BLOOM*IZ」をリリースして活動を再開しました。

宮脇さんは、最新曲『FIESTA』の鼻歌と「ただいま!」という挨拶で放送をスタート。活動と放送再開を待っていたファン、活動休止中に番組の代役を務めていたAKBグループのメンバー、スタッフへ感謝の気持ちを語りました。

宮脇:(横山)由依さんとはLINEで連絡もしていて、「私自身に出来ることをしてくるね」と言ってくれてバトンを繋いでくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この間も、後輩メンバーたちが私のことを褒めてくださったり(笑)。本当にありがとうございました! 一時は『さくのき』ももう出来ないのかなと思ったこともあって。私がファンの皆様へ本音を話せる場所が『さくのき』だったので、こうして枠を繋いでくれたスタッフの方や、WIZ*ONE(IZ*ONEのファンの呼称)の皆さんからのメッセージを聞いて、人と人との繋がりを感じました。

また宮脇さんは、今後の『さくのき』の展望についてもコメント。

宮脇:この番組は一時は休止になったり、IZ*ONEになる前も危うかった時期もあったんですけど(笑)。でもここまでやってこれて、今回140回目の放送なんですよ! 私は死ぬまで続けようと思ってるんですけど(笑)。マイクの前で話したいことがいっぱいあって、続けられる限りずっと続けたいと思っているので、皆さんもその覚悟で付いてきてください!

宮脇咲良「今回のカムバックは、言葉にできないほど嬉しい」

IZ*ONEの活動再開、そして宮脇さんの『さくのき』復活を喜ぶリスナーの方からのメッセージを紹介している際は、涙ぐむ場面も。

宮脇:皆さんがすごく喜んでくださるのが嬉しくて。アイドルって皆さんに笑顔とか幸せを届ける職業だと思っていたけど、この3ヶ月間はそれが出来ず、WIZ*ONEでいることが辛いんじゃないかと思うこともあって。それでもずっと離れずにいてくれて、ハッシュタグのイベントとか、毎日してくれてるのも見てて。皆さんの反応を肌で感じて、私たち12人が戻ってこれたのはWIZ*ONEのおかげです。感謝しかないです。

今回のカムバックでの最新曲『FIESTA』についても語りました。

宮脇:今回のカムバックは、今までのカムバックとは違う気持ちでした。今回リリースする2曲がファンの皆さんの元へ届くことが、言葉にできないほど嬉しいです。特に『FIESTA』は本当に、たくさん練習したんですよ! 今までの曲のレベルじゃないくらい(笑)。大変だったし辛かったけど、やっとファンの皆さんの前で披露できることが、嬉しいとか幸せとか…もう言葉にできないんです。だから、皆さんの気持ちにも応えられるよう一生懸命頑張りたいなと思います!

『さくのき』Tシャツのプレゼントも復活!

IZ*ONEのカムバックの前日に韓国で行われた今回の収録。宮脇さんは泣かないつもりだったと語っていましたが、スタッフの方も涙を流していたそう。今回の復活記念放送は、ぜひラジコのタイムフリーでお聴きください!

また、今回の復活に伴い恒例のプレゼント企画も復活。メールを送った方の中から抽選で1名様に新作『さくのき』Tシャツのプレゼントがあるそうです。 こちらもぜひチェックしてみてください!

今夜、咲良の木の下で
放送局:bayfm78
放送日時:毎週火曜 24時00分~24時30分
出演者:宮脇咲良(IZ*ONE)
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#さくのき」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ