音声配信サービス「Radiotalk」主催、インタラクティブ音声広告のCMコンテスト。気になるグランプリが発表!

AI技術を活用した「インタラクティブ音声広告システム」のパイロットテストの一環として、Radiotalk株式会社は、一般リスナー参加によるCMコンテストを開催しました。コンテストでは、合計最大35秒のラジコ広告作品をユーザーが収録してTwitterにハッシュタグ「#radikoトーク」をつけて投稿するというもの。

受賞作品の発表は2020年2月に行われ、126件の応募の中からグランプリと優秀作品が選出されました!

「インタラクティブ音声広告システム」とは?

「インタラクティブ音声広告」は、音声広告に対するリスナーの音声での回答から広告への興味の判断し、興味のあるリスナーにのみ追加の広告情報を配信する広告。リスナーと「対話」を行い、情報をお届けする新しい広告です。

スマートスピーカーやコネクテッドカーの普及により、音声をベースとしたサービスが増えるなか、スクリーンやボタンにタッチする必要がなく音声のみで行うこの広告は、今後さまざまな場面で耳にするかもしれませんね!

審査の基準は「ギャップ萌え」? 開発を進めた博報堂DYメディアパートナーズがコメント

コンテストでは、合計最大35秒のradiko広告作品をユーザーが収録してTwitterにハッシュタグ「#radikoトーク」をつけて投稿していただきました。ここでは審査会のメンバーである、博報堂DYメディアパートナーズ、クリエイティブ&テクノロジー局長・才田智司氏のコメントをご紹介! 審査に際して重視したのは「ギャップ萌え」だそうで……。

才田氏:インタラ広告という新しいフォーマットの未来と課題が見えてくる、わくわく楽しい審査会でした。今回のお題は「radiko」のCM。特徴やメリットが明快な商材なので、みなさんがそれをどういう技で料理するのかが審査のポイントとなりました。そして何よりリスナーとのやり取りインタラクティブ性が企画にどう活かされているのか、その二点が議論の焦点となりました。 

総じて感じたのは、「距離感とギャップ萌え」です。まずリスナーに興味を持ってもらうためには、前半のリード部分で大きな問いや投げかけをする必要があります。そのためには一見本題から逸れた荒唐無稽なストーリーであっても、食いつかせるためには商材との距離感は必要です。そして後半にそれが「radiko」のCMだと明かされたときに自然と萌えてしまう、笑ってしまうようなギャップで、さらに腹落ち感が増していきます。な~んだと思う気持ちを受け入れてもらえるかどうかですね。特に最終選考優秀作品にはそういう力があり、それぞれの技で、前後半のスイッチを上手に活用されていました。 

グランプリに輝いたのは、早口でまくし立てるスピード感溢れる広告!

見事グランプリに輝いたのは、

タイトル:【ラジコCM】野生の少年が現れた!ver. 
番組名:ゆとりは笑ってバズりたい

による作品!

突如現れた謎の少年が早口でラジコのサービスを紹介するといった内容。審査員である才田氏は、「最近は動画を1.5倍で見る人が多いそうです。情報過多な時代のスピード感にちょうどいいスピード感。早口なのに、頭に入ってくる、一気に後半まで聞けてしまうという演出がお見事!」とコメントを寄せています。 

グランプリ受賞番組には、番組提供費を受け取るというかたちで「スポンサー」がつきます!

賞品:受賞者のRadiotalk内番組への「株式会社radiko」による番組提供(3月30日より受賞CMも受賞者番組内で再生予定)
提供期間:2020年3月30日~6月30日の3ヶ月間(予定は変更になることがあります)
番組提供費:10万円(税別)/月(3か月合計30万円)

グランプリ受賞CMは3月30日より受賞者の番組「ゆとりは笑ってバズりたい」内で再生されます。「インタラクティブ音声広告」を体験できる機会になるので、ぜひチェックしてみてください。

そのほかの優秀作品も要チェック!

また、そのほかの優秀作品はRadiotalk株式会社の公式HP内で確認することができます。そちらも合わせてお聴きください!

<インタラ広告を聴取する際の注意事項>
・マイクのアクセスを許可する必要があります。
 許可の方法:Radiotalkアプリ > マイページ > 設定 > マイクの許可 > オン
(次回のアプリのアップデートで設定できるようになります)

公式HPはこちら

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ