ナイナイ・矢部、常滑市長から手紙が届く「親善大使から降ろすことはありませんし、万が一辞めたくなっても…」

ナインティナインがパーソナリティを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』。6月11日(木)の放送は、岡村さんがスタジオに持参した私物や、矢部さんに届いた手紙などで盛り上がりました。(ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』6月11日(木)放送分)

ロナウジーニョのユニフォーム、サインは本物…?

岡村さんは先週(6月4日)の放送で、断捨離中に「やべっちFC」(テレビ朝日)のスタッフに頼み込んでもらったロナウジーニョのサイン入りユニフォームを見つけたことを明かしました。しかし、そのサインが本物なのかどうかを確かめるため、自宅からユニフォームを持ち出し、今回矢部さんに判定を依頼しました。

岡村:背番号"7番"って書いてある。7番っていうことは、これだいぶ昔……ですよね?

矢部:そうやなあ……。怪物・ロナウドがおった時代のロナウジーニョかなあ。そもそも、ロナウジーニョも"ロナウド"やから。ただ、怪物・ロナウドがいたから、愛称としてジュニア的な意味合いの"ロナウジーニョ"っていう呼び名になったらしいですよ。

岡村:でね、これ前の方にサイン書かれてるんですよ。背中の方じゃなくて。

矢部:まあ、それはもう渡した人の向きになんねやろなあ。

岡村:前に書いてあるんですけれども。これがね、背番号7やのに「おいお前、7番のユニフォーム持ってきたんか!」と。んで、"10"って書いてるんですよ。

矢部:ああ! 書いてあるね、"10"って。私は"10番"だと。ロナウジーニョからしたら。

岡村:これ、"ロナウジーニョ"やんなあ……?

矢部:字はロナウジーニョですよ。

岡村:ロナウジーニョ……やんなあ。

矢部:ロナ……ロナウジーニョかなあ、これ……?

なぜ、ロナウジーニョは7番のユニフォームに"10番"とサインしたのか……。矢部さんは、サインをもらう際に10番のユニフォームが無かったのでは、と推測します。

岡村:これは、じゃあ、ロナウジーニョのサインということで……。

矢部:いや、それは間違いないと思うな。じゃあ、誰が書く? 誰かが書こう? ロナウジーニョの偽物のサイン。

岡村:それ考えだしたら、もう……ちょっとね。

矢部:俺が先週言うたがな、それ! 「それ言いだしたらもう、おかしなことなってくんで」って。

岡村:そうそう、そうなるから。これは、じゃあロナウジーニョのサインとさせていただきます!

矢部浩之は常滑親善大使! 市長からの手紙で判明!

番組中盤では、矢部さん宛で届いた一通の手紙が読まれました。

「常滑親善大使 矢部浩之様 こんばんは。"常に滑る街"常滑市市長の伊藤辰矢です。先日の『オールナイトニッポン』で、矢部さんが「まだ常滑市の親善大使なのか」という話が出てましたが、現在も継続中です。いつの間にか親善大使から降ろすことはありませんし、万が一辞めたくなっても辞めることはできません。

常滑市とボートレースとこなめの公式キャラクターである"トコタン"のグッズを贈らせていただきますので、今後もPRにご協力ください。

また、昨年8月、常滑市には愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」がオープンしました。6,500人を収容できるホールもありますので、ぜひナインティナインのお二人のお笑いライブを開催していただければと思います。お待ちしております。

追伸 渡辺哲さんは、常滑市の観光親善大使です。」

手紙の送り主はなんと、常滑市長・伊藤辰矢さんからでした!

事の始まりは2010年2月、ナインティナインが番組本の先行販売会を愛知県東海市で行う際、会場の最寄駅を「名鉄常滑線」と紹介し、岡村さんが勝手に矢部さんを「常滑親善大使」に任命。その後、常滑市から正式に任命されました。

就任以降も番組内で話題になったものの、5月28日(木)放送分で、「2018年に俳優の渡辺哲さんが常滑親善大使に就任した」というリスナーからの情報や、矢部さんの「僕はいつから親善大使じゃなくなったんですか?」といった発言などで去就が不透明になっており、伊藤市長直々の手紙でその疑問が解決した形となりました。

岡村:いろいろあるみたいですよ。

矢部:私は? 常滑……?

岡村:えっと……親善大使、なんですって。もう「辞めたくなっても辞めることはできません」と書かれてあります。

矢部:すごいな。じゃあ、1回なったらもう、常に滑るんだと(笑)。

プレゼントにはクリアファイルやタオル、子どもサイズのTシャツなどが入っており、矢部さんは伊藤市長の丁寧な対応に感謝の言葉を述べました。

ナイナイ、白髪を語る

番組の質問・感想を紹介するコーナー「めるめるナインティナイン」で、先週の番組ブログに写っていた"玉置浩二さんらしきひげが真っ白な方"は誰なのか、といった質問メールが読まれました。

矢部:これはね、矢部なんですよねえ……。ひげ、白髪なんですよ。

岡村:俺もそやけどね。もう、ひげなんか、ぶわぁっと真っ白に出てくるけど。

矢部:(白髪の)割合がもう多いでしょ? たぶん。

岡村:そうそう。もう白うなってきて。

矢部:黒のひげがもう、生えないんすよ(苦笑)。

眉毛やまつ毛にも白髪が生えるようになり、「白くなってくるのはしょうがない」と語る二人は……。

矢部:もう……老化ですよ(笑)。

岡村:それなりの年齢になってるからね。それはもう、しょうがない。

矢部:ねえ。もう50手前やからね。正解は矢部でした(笑)。

ナインティナインのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ナインティナインANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

三四郎「何をやったかも、話したかも覚えてない」冠ラジオ放送“346回”を突破 これまでの7年間を振り返る

1月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。記念すべき、346(サンシロー)回目の放送だったため、これまでの約7年間を振り返ったが、思い出に残っていることは昨年のことばかりと語る。

三四郎、この日のゲスト・リニアのしょうへい(中央左)、フレンチぶるの加瀬部駿介(中央右)

相田:今日は、放送回数346回目! “三四郎”ということですね!

小宮:もうちょっとで、丸7年。記念すべき346回目でございますね。

相田:そうなんですよね~。昨年は色々とね……東京国際フォーラムでイベントをやったり。

小宮:番組のファンクラブができたり。

相田:そうね。

小宮:思い出に残っているのは昨年のことばかり。

相田:ははははは(笑)

小宮:これ、いかに残らないかだよね、印象に。7年間やっていて、いかに残らないか。

相田:確かにね~。

小宮:スペシャルウィークのゲストとかを思い出したりしますけど、何をやったか思い出せます?

相田:う~ん……ちょっと、思い出せないですね。

小宮:いかに残らないかだよ。

相田:何をやったかって言われたら、確かに昨年の番組イベント『バチボコプレミアムライブリベンジ』が頭に残ってるね。

小宮:そうそう。(それ)以降はあんまり印象がないし、何をやったかも覚えてない。何を話したかも覚えてない。

相田:そうですね。

小宮:だから、ここまで続いたのは大したものでしょう? あんまり残らないのに(笑)

相田:ははははは(笑)

小宮:まあ、残らないこそ、よかったのかもしれない。

相田:逆にね。残っちゃってたらもう、パンパンになっちゃうもんね。

小宮:うん。ちゃんと残って続くのが一番いいんだけどね。本当はね。

相田:ちゃんと整理が出来てて、残るのが一番いいけどね(笑)

これまで、SNSのトレンドランキングで1位を獲得するなど、カオスな企画や三四郎ならではのゆるいトークで話題を呼んできた当番組。そのため、小宮は、7年間を振り返ってみても何を話したか記憶に残っていないと発言。しかし、記憶に残ってないことが逆によかったのかもしれないと語ると、相田も同調していた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ