ナイナイ・矢部、常滑市長から手紙が届く「親善大使から降ろすことはありませんし、万が一辞めたくなっても…」

ナインティナインがパーソナリティを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』。6月11日(木)の放送は、岡村さんがスタジオに持参した私物や、矢部さんに届いた手紙などで盛り上がりました。(ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』6月11日(木)放送分)

ロナウジーニョのユニフォーム、サインは本物…?

岡村さんは先週(6月4日)の放送で、断捨離中に「やべっちFC」(テレビ朝日)のスタッフに頼み込んでもらったロナウジーニョのサイン入りユニフォームを見つけたことを明かしました。しかし、そのサインが本物なのかどうかを確かめるため、自宅からユニフォームを持ち出し、今回矢部さんに判定を依頼しました。

岡村:背番号"7番"って書いてある。7番っていうことは、これだいぶ昔……ですよね?

矢部:そうやなあ……。怪物・ロナウドがおった時代のロナウジーニョかなあ。そもそも、ロナウジーニョも"ロナウド"やから。ただ、怪物・ロナウドがいたから、愛称としてジュニア的な意味合いの"ロナウジーニョ"っていう呼び名になったらしいですよ。

岡村:でね、これ前の方にサイン書かれてるんですよ。背中の方じゃなくて。

矢部:まあ、それはもう渡した人の向きになんねやろなあ。

岡村:前に書いてあるんですけれども。これがね、背番号7やのに「おいお前、7番のユニフォーム持ってきたんか!」と。んで、"10"って書いてるんですよ。

矢部:ああ! 書いてあるね、"10"って。私は"10番"だと。ロナウジーニョからしたら。

岡村:これ、"ロナウジーニョ"やんなあ……?

矢部:字はロナウジーニョですよ。

岡村:ロナウジーニョ……やんなあ。

矢部:ロナ……ロナウジーニョかなあ、これ……?

なぜ、ロナウジーニョは7番のユニフォームに"10番"とサインしたのか……。矢部さんは、サインをもらう際に10番のユニフォームが無かったのでは、と推測します。

岡村:これは、じゃあ、ロナウジーニョのサインということで……。

矢部:いや、それは間違いないと思うな。じゃあ、誰が書く? 誰かが書こう? ロナウジーニョの偽物のサイン。

岡村:それ考えだしたら、もう……ちょっとね。

矢部:俺が先週言うたがな、それ! 「それ言いだしたらもう、おかしなことなってくんで」って。

岡村:そうそう、そうなるから。これは、じゃあロナウジーニョのサインとさせていただきます!

矢部浩之は常滑親善大使! 市長からの手紙で判明!

番組中盤では、矢部さん宛で届いた一通の手紙が読まれました。

「常滑親善大使 矢部浩之様 こんばんは。"常に滑る街"常滑市市長の伊藤辰矢です。先日の『オールナイトニッポン』で、矢部さんが「まだ常滑市の親善大使なのか」という話が出てましたが、現在も継続中です。いつの間にか親善大使から降ろすことはありませんし、万が一辞めたくなっても辞めることはできません。

常滑市とボートレースとこなめの公式キャラクターである"トコタン"のグッズを贈らせていただきますので、今後もPRにご協力ください。

また、昨年8月、常滑市には愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」がオープンしました。6,500人を収容できるホールもありますので、ぜひナインティナインのお二人のお笑いライブを開催していただければと思います。お待ちしております。

追伸 渡辺哲さんは、常滑市の観光親善大使です。」

手紙の送り主はなんと、常滑市長・伊藤辰矢さんからでした!

事の始まりは2010年2月、ナインティナインが番組本の先行販売会を愛知県東海市で行う際、会場の最寄駅を「名鉄常滑線」と紹介し、岡村さんが勝手に矢部さんを「常滑親善大使」に任命。その後、常滑市から正式に任命されました。

就任以降も番組内で話題になったものの、5月28日(木)放送分で、「2018年に俳優の渡辺哲さんが常滑親善大使に就任した」というリスナーからの情報や、矢部さんの「僕はいつから親善大使じゃなくなったんですか?」といった発言などで去就が不透明になっており、伊藤市長直々の手紙でその疑問が解決した形となりました。

岡村:いろいろあるみたいですよ。

矢部:私は? 常滑……?

岡村:えっと……親善大使、なんですって。もう「辞めたくなっても辞めることはできません」と書かれてあります。

矢部:すごいな。じゃあ、1回なったらもう、常に滑るんだと(笑)。

プレゼントにはクリアファイルやタオル、子どもサイズのTシャツなどが入っており、矢部さんは伊藤市長の丁寧な対応に感謝の言葉を述べました。

ナイナイ、白髪を語る

番組の質問・感想を紹介するコーナー「めるめるナインティナイン」で、先週の番組ブログに写っていた"玉置浩二さんらしきひげが真っ白な方"は誰なのか、といった質問メールが読まれました。

矢部:これはね、矢部なんですよねえ……。ひげ、白髪なんですよ。

岡村:俺もそやけどね。もう、ひげなんか、ぶわぁっと真っ白に出てくるけど。

矢部:(白髪の)割合がもう多いでしょ? たぶん。

岡村:そうそう。もう白うなってきて。

矢部:黒のひげがもう、生えないんすよ(苦笑)。

眉毛やまつ毛にも白髪が生えるようになり、「白くなってくるのはしょうがない」と語る二人は……。

矢部:もう……老化ですよ(笑)。

岡村:それなりの年齢になってるからね。それはもう、しょうがない。

矢部:ねえ。もう50手前やからね。正解は矢部でした(笑)。

ナインティナインのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ナインティナインANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

昆夏美3年ぶりのソロコンサート開催「Kon Natsumi Concert 2024 - moi –」ゲストに小野田龍之介、ソニン、愛希れいか 9/14(土)~16(月祝)よみうり大手町ホール


昆夏美3年ぶりのソロコンサート『Kon Natsumi Concert 2024 - moi -』を、文化放送主催で、9月14日(土)~16日(月・祝)に、よみうり大手町ホールにて開催することが決定した。

2011年『ロミオ&ジュリエット』ジュリエット役のデビューから『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』、『マリー・アントワネット』など数々の大作で主要キャストを歴任し、ミュージカル界を牽引する歌姫として注目されている昆夏美。ソロコンサートの開催は実に3年ぶり。今回はこの3年間でさらに磨きのかかった歌声を生演奏に乗せ、約500席の贅沢な空間で余すところなく届ける。

各公演には、彼女と親交のある豪華ゲスト4名の出演も決定。
14日は『ミス・サイゴン』、『マチルダ』で共演の小野田龍之介、15日は、『マリー・アントワネット』でWキャストを務めたソニン、『トッツィー』で共演の愛希れいからがステージを華やかに彩る。

本公演は6月25日より、チケットぴあでプレイガイド最速抽選先行を開始。

コンサートタイトルの「moi」の意味はフランス語で“わたし”。
王道ヒロインから個性的なキャラクターまで幅広く演じ分ける、変幻自在な彼女が魅せる新しい表情に注目だ。

【昆夏美よりコメント】
「皆さまこんにちは。この度よみうり大手町ホールにてコンサートを開催することになりました。
コンサートに出演させていただく度に、歌だけでそのシーンを思い出していただけるような歌を歌うことを目標にしています。今回もどの曲でもそれぞれの役を思い出していただけるような、皆さまの心に届くような歌をお届けできたらなと思っています。
ゲストにも私の尊敬する大好きな方々をお招きさせていただきました。良い時間だったと思っていただけるコンサートにしたいです!」

■昆夏美(こん なつみ)プロフィール
 東京都出身。2011年『ロミオ&ジュリエット』で数多くの候補者の中からジュリエット役を射止め、メジャー作品プロデビュー。その後も『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役、『ミス・サイゴン』キム役など数々の大作に出演し、今年5月には『この世界の片隅に』で主演として公演を成功に導いた。活躍はミュージカルの舞台にとどまらず、映画『美女と野獣』ベル役の吹き替えにも抜擢された。日本を代表するミュージカル女優として多方面で活躍の場を広げている。

【公演概要】
■タイトル:『Kon Natsumi Concert 2024 - moi -』
■日時: 9月14日(土)18時00分
     9月15日(日)13時00分 / 17時00分 
9月16日(月・祝)13時00分 
3日間全4公演 ※開場は開演の45分前を予定しています。
■出演: 昆夏美
■ゲスト: 9月14日 小野田龍之介
9月15日 昼公演:ソニン / 15日夜公演:愛希れいか
9月16日 Secret
■音楽監督: 西寿菜
■会場: よみうり大手町ホール
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル(東京メトロ・都営地下鉄「大手町駅」C3番出口)
■チケット: 全席指定 11,000円 / U-25席  7,700円
※未就学児入場不可
※公演中止を除き、お買い求めいただきましたチケットのキャンセル・変更はできません。
※車いすをご利用のお客様はチケットをご購入いただき、事前に読売新聞東京本社 エンターテインメント室(t-entertainment@yomiuri.com)へご連絡ください。また、車椅子スペースには限りがございますため、ご購入のお座席でご観劇いただく場合もございます。予めご了承ください。
※全て税込み。U-25席は一般発売以降の取り扱い予定です。
※やむを得ない事情により、出演者が変更となる場合がございます。
※未就学児入場不可となります。
※チケットはお一人様1枚必要です。

<U-25席 注意事項>
※観劇時25歳以下の方が対象です。入場時に同行者含め身分証明書を確認します。
※お席はお選びいただけません。お連れ様とお席が離れる場合がございます。
※ご年齢確認時に26歳以上であった場合は、一般席(¥11,000)との差額を頂戴します。
※引換券ではご入場いただけません。
※公演当日、各公演の開場時間よりチケット受付にて座席指定券とお引換えします。

チケットぴあ/プレイガイド最速抽選先行(6月25日(火)10:00~7月2日(火)23:59)
チケットぴあ https://t.pia.jp/
*そのほかのプレイガイド先行販売や一般発売のスケジュールは随時発表。

■公式HP: https://www.toho-ent.co.jp/actor/63319
■主催: 読売新聞社/文化放送
■企画・制作: 東宝芸能
■お問い合わせ: 読売新聞東京本社 エンターテインメント室 (t-entertainment@yomiuri.com

Facebook

ページトップへ