『ウイカANN0』は奇跡の連続!? 『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)』インタビュー

今年4月にスタートしたニッポン放送『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)』。バラエティやドラマ、ラジオと幅広く活躍中のファーストサマーウイカさんが、テンポ良くキレのあるトークで月曜日の深夜を生放送で盛り上げています。

今回は、パーソナリティであるファーストサマーウイカさんに、番組の魅力や今後の目標をお聞きしました。

毎回全力投球の『ウイカANN0』

ーー4月に番組がスタートしてそろそろ3ヶ月目(※取材は6月)になりますが、今のお気持ちはいかがですか?

初回からフルスロットルで、毎回全力投球でやらせていただいているので、もう3ヶ月も経ったのかという驚きがあります。

始まる前は、「最初の1ヶ月は反省を重ねながら徐々にペースを掴む感じかな?」なんて考えていたのですが、なんと4月の放送はほぼ毎回Twitterトレンド1位を獲得させていただき、予想以上の反響がありました。

中でも、リスナーさんや私のチームの中ではすでに伝説化されている「4.27ヤスケン事変」は誰も予想できない出来事でした。

伝説の「4.27ヤスケン事変」

コロナの影響でほかのお仕事がほぼSTOPしていたので、4月は毎日「龍が如く7 光と闇の行方」というゲームをしていました。毎週、放送の度にそのゲームの登場キャラを演じられる安田顕さんにハマったという話をしていたら、次第にリスナーさんから続々と安田顕さんに関する情報が寄せられ、『ウイカANN0』で空前のヤスケンブームが訪れたんです(笑)。すると27日の回の生放送中になんとご本人から番組公式Twitterアカウントに「今電話出来ませんか?」とリアクションが!

私はもちろん、スタッフ陣も全くの突然だったので大慌てで連絡を取り、放送終了30分前に急遽安田顕さんが生電話出演してくださることになりました。

ほかにも誕生日近くの放送では、トークの中で「凄十(すごじゅう)」ドリンクのCMの話で盛り上がったら、宝仙堂様から大量のドリンクをいただき、アニメ『波よ聞いてくれ』の話をしたら、制作委員会の方から公式コラボのお話をいただいたりと、放送内での何気ないエピソードが数珠つなぎになって、あれよあれよと色んな出来事に発展していきました。

ラジオの影響力はとんでもないなと感じています。何よりリスナーさんたちのツイートの影響力がハンパないです。

『ウイカANN0』は本当にリスナーさんと一緒に作っている番組だなと感じていますし、「ここで発言した事はすべて実現してしまうのでは?」と思えるほど、奇跡の連続です。私の予想を遥かに超えています!

ーーご自身が思う番組の魅力は? またどんなところに注目して欲しいですか?

先述のように、私自身は然り、スタッフ陣ですら予想出来ない事の連続なので、何が起こるか本当にわかりません。「ラジオの奇跡」がある番組だと思います。

これから先も奇跡が起こるかどうかはわかりませんが、この奇跡の連続が今はとても魅力に感じています。リスナーさんと共に作っていく中でまた予想を超えた新しい事が次々と起きるような気はしています。

『鬼越トマホークANN0』がめちゃくちゃ面白かった!

ーー元々ラジオは聴く方でしたか? 好きな番組や普段聴いている番組があったら教えてください。

受験勉強をしていた時代はよく聴いていました。『スネークマン・ショー』のようなラジオドラマも好きでした。オードリーさんの『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送 毎週土曜日25時〜)や山里さんの『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ 毎週水曜日25時〜)はよく拝聴しています。

他にもTwitterやニュースサイトで話題になっている番組や、スタッフさんにおすすめされた番組をその都度タイムフリーで聴いています。タイムフリーは本当にありがたいです。

ここ最近では鬼越トマホークさんの『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0(ZERO)』(5月23日(土)放送)がめちゃくちゃ面白かったです。

“秘密基地感"を大事にしていきたい

ーー今後の番組での目標や挑戦してみたいことを教えてください。

リスナーさん向けにイベントをやりたいと思っていましたが、今のこの状況では厳しい部分もあるので、実施できるようになるまでに、今はリスナーさんが1人でも増やせるように色々なジャンルの話をしていきたいなと思っています。でもそもそも万人に受けるような番組だとは思わないので、“秘密基地感"を大事にしながら、変に背伸びはしないようにしたいです。

ーー最後に番組を聴いているリスナーやradiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

「ラジオってすげーー!」と思える瞬間が詰まっている番組だと思います。この3ヶ月はずっとそうでした。それも全てリスナーさん達とスタッフ陣のおかげです。

なので今後つまらない回があっても嫌にならず懲りずに聴き続けていただきたい(笑)。

毎週月曜深夜3時、一緒に奇跡の瞬間を過ごしましょう!

ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 27時00分~28時30分
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ウイカANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ