『ウイカANN0』は奇跡の連続!? 『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)』インタビュー

今年4月にスタートしたニッポン放送『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)』。バラエティやドラマ、ラジオと幅広く活躍中のファーストサマーウイカさんが、テンポ良くキレのあるトークで月曜日の深夜を生放送で盛り上げています。

今回は、パーソナリティであるファーストサマーウイカさんに、番組の魅力や今後の目標をお聞きしました。

毎回全力投球の『ウイカANN0』

ーー4月に番組がスタートしてそろそろ3ヶ月目(※取材は6月)になりますが、今のお気持ちはいかがですか?

初回からフルスロットルで、毎回全力投球でやらせていただいているので、もう3ヶ月も経ったのかという驚きがあります。

始まる前は、「最初の1ヶ月は反省を重ねながら徐々にペースを掴む感じかな?」なんて考えていたのですが、なんと4月の放送はほぼ毎回Twitterトレンド1位を獲得させていただき、予想以上の反響がありました。

中でも、リスナーさんや私のチームの中ではすでに伝説化されている「4.27ヤスケン事変」は誰も予想できない出来事でした。

伝説の「4.27ヤスケン事変」

コロナの影響でほかのお仕事がほぼSTOPしていたので、4月は毎日「龍が如く7 光と闇の行方」というゲームをしていました。毎週、放送の度にそのゲームの登場キャラを演じられる安田顕さんにハマったという話をしていたら、次第にリスナーさんから続々と安田顕さんに関する情報が寄せられ、『ウイカANN0』で空前のヤスケンブームが訪れたんです(笑)。すると27日の回の生放送中になんとご本人から番組公式Twitterアカウントに「今電話出来ませんか?」とリアクションが!

私はもちろん、スタッフ陣も全くの突然だったので大慌てで連絡を取り、放送終了30分前に急遽安田顕さんが生電話出演してくださることになりました。

ほかにも誕生日近くの放送では、トークの中で「凄十(すごじゅう)」ドリンクのCMの話で盛り上がったら、宝仙堂様から大量のドリンクをいただき、アニメ『波よ聞いてくれ』の話をしたら、制作委員会の方から公式コラボのお話をいただいたりと、放送内での何気ないエピソードが数珠つなぎになって、あれよあれよと色んな出来事に発展していきました。

ラジオの影響力はとんでもないなと感じています。何よりリスナーさんたちのツイートの影響力がハンパないです。

『ウイカANN0』は本当にリスナーさんと一緒に作っている番組だなと感じていますし、「ここで発言した事はすべて実現してしまうのでは?」と思えるほど、奇跡の連続です。私の予想を遥かに超えています!

ーーご自身が思う番組の魅力は? またどんなところに注目して欲しいですか?

先述のように、私自身は然り、スタッフ陣ですら予想出来ない事の連続なので、何が起こるか本当にわかりません。「ラジオの奇跡」がある番組だと思います。

これから先も奇跡が起こるかどうかはわかりませんが、この奇跡の連続が今はとても魅力に感じています。リスナーさんと共に作っていく中でまた予想を超えた新しい事が次々と起きるような気はしています。

『鬼越トマホークANN0』がめちゃくちゃ面白かった!

ーー元々ラジオは聴く方でしたか? 好きな番組や普段聴いている番組があったら教えてください。

受験勉強をしていた時代はよく聴いていました。『スネークマン・ショー』のようなラジオドラマも好きでした。オードリーさんの『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送 毎週土曜日25時〜)や山里さんの『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ 毎週水曜日25時〜)はよく拝聴しています。

他にもTwitterやニュースサイトで話題になっている番組や、スタッフさんにおすすめされた番組をその都度タイムフリーで聴いています。タイムフリーは本当にありがたいです。

ここ最近では鬼越トマホークさんの『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0(ZERO)』(5月23日(土)放送)がめちゃくちゃ面白かったです。

“秘密基地感"を大事にしていきたい

ーー今後の番組での目標や挑戦してみたいことを教えてください。

リスナーさん向けにイベントをやりたいと思っていましたが、今のこの状況では厳しい部分もあるので、実施できるようになるまでに、今はリスナーさんが1人でも増やせるように色々なジャンルの話をしていきたいなと思っています。でもそもそも万人に受けるような番組だとは思わないので、“秘密基地感"を大事にしながら、変に背伸びはしないようにしたいです。

ーー最後に番組を聴いているリスナーやradiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

「ラジオってすげーー!」と思える瞬間が詰まっている番組だと思います。この3ヶ月はずっとそうでした。それも全てリスナーさん達とスタッフ陣のおかげです。

なので今後つまらない回があっても嫌にならず懲りずに聴き続けていただきたい(笑)。

毎週月曜深夜3時、一緒に奇跡の瞬間を過ごしましょう!

ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 27時00分~28時30分
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ウイカANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ