InterFM897が音楽に溢れた1日「謝音祭」を開催! 藤原さくら、青山テルマらによる特別企画も

InterFM897は、7月24日(金)12時より InterFM897 SPECIAL DAY「謝音祭」を開催! 音楽への感謝をテーマに、豪華アーティストによるスペシャルライブやトークセッションを8時間にわたって放送します。

「謝音祭」とは?

“これまでも、これからも、人生を彩り、寄り添ってくれる「音楽」に感謝する1日“として、今年したくてもできなかったお花見を、藤原さくらさんの生歌を聴きながらオンラインで楽しめる企画や、コロナの影響で結婚式ができなかった方たちへMONGOL800のキヨサクさんが『小さな恋の歌』を送る企画など、今回しか楽しめないコンテンツを多数放送!

ラジオでの生放送に加えて、Youtubeの生配信(※一部)でもお届けします。

「謝音祭」特設サイト

「InterFM897」公式サイト

番組DJは井手大介&堀田茜!

●井手大介さんコメント

新型コロナウイルスの脅威は去った訳ではなく、未だにライブを思い切り楽しめる様にはなっていません。ライブどころか普通に友人とワイワイ飲み交わすことさえも控えた方がいいような自粛の雰囲気。当たり前だった楽しい時を取り戻したい。アーティストとリスナーと僕らDJとでガヤガヤ盛り上がれる楽しい時間を一緒に過ごしましょう。

この数ヶ月間で当たり前になったリモート出演技術で、世界のエンターテイメントは更に近くなりました。どんなアーティストが登場するか乞うご期待。音楽に感謝!InterFM897の謝音祭をお楽しみに!

●堀田茜さんコメント

この度、総合MCという大役を井手さんと共に務めさせて頂くことになりました。まだまだ大変な時期が続きますが、私自身音楽に支えられて前向きになる事が出来ました。音楽の力は無限です!本番は「音楽」に改めて感謝しつつ、精一杯盛り上げていきたいと思います! 皆さん是非楽しみにしててくださいね!!

「謝音祭」ならではの特別企画!

藤原さくらのお花見ラジオ

今年できなかったお花見を藤原さくらとともに―。

あなたのカメラや携帯電話のフォルダに眠る“桜”の写真を募集します。その桜の写真を眺めながら、お花見気分で、藤原さくらが生演奏やトークをお届け。選ばれたリスナーは、この特別なお花見に生電話で参加することも。YouTube配信を通して、一緒に桜を見ながら楽しい時間を過ごしましょう。

ウェディング×キヨサク(MONGOL800)

もしも結婚式で「小さな恋の歌」を歌ってもらえたら。

そんな夢をInterFM897が叶えます。今年コロナウイルスの影響で結婚式が挙げられなかったカップルを募集し、選ばれたラッキーなカップルと電話を繋いで、モンゴル800のキヨサクが生歌を披露。この日、リスナーのあなたも来賓として参加する、賑やかなオンライン結婚式が幕を開けます!

スナック×青山テルマ

ここはラジオの電波上に突如オープンする架空のスナック。その名も「スナックテルマ」。恋愛、人生、人間関係、将来のこと。リスナーからのリアルなお悩みに、ママに扮した青山テルマが真剣に答えていきます。お悩みメールを送ってくれたリスナーは、リモートで直接青山テルマとトーク出来るかも?

林響太朗監督 × odolの対談も!

この他にも番組では、在日ファンク、AI、GLIM SPANKYら豪華アーティストによるスペシャルライブ、トークセッションをお届け。海外人気アーティストのJason Mraz、OK Goの生出演&スペシャルライブも!

さらに、ラジコブランドムービーを手掛けた林響太朗監督と、odolの対談もお届けします。

番組概要

InterFM897 SPECIAL DAY「謝音祭」, 12pm
放送局:InterFM897
放送日時:2020年7月24日 金曜日 12時00分~20時00分
出演者:井手大介、堀田茜、キヨサク(MONGOL800)、青山テルマ、藤原さくら
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ