和牛・水田、単独ライブで「半沢直樹」風の作品を熱望「抜かれたら抜き返す」

お笑いコンビ・和牛がパーソナリティを務める、文化放送『和牛のモーモーラジオ』。7月15日(水)の放送では、二人が考える"今後の楽しみ"について盛り上がりました。(文化放送『和牛のモーモーラジオ』7月15日(水)放送分)

和牛がいつか観たい名作映画

「名作はほんの一握りだから楽しみは取っておこう」という理由で、数年前に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを初めて観賞して感動したという映画好きのリスナーから、「今後のために取って置いている楽しみは何かありますか?」というメールが届きました。

川西:楽しみに取って置いているもの?

水田:何かあるかなあ。

川西:そんな事できる? この方は映画が好きで、もう言うたらすごく話題になってたり、自分の感覚的におもろそうってなったやつをわざわざ映画好きやのに置いとけるんかっていう、そのすごさもあるよね。

水田:でも、いつかは観ようって思ってるやつあるやろ? 俺、「ゴッドファーザー」はそうやねん。いつかは絶対観ようと思ってる。

川西:全く同じくやなあ。長いでしょ、「ゴッドファーザー」って。

水田:そうそう。ほんまになんかもう、週に1回だけ漫才行くぐらいの、普段は海辺でイスに座ってボーっとしてるくらいの……。

川西:お前の計画では老後どこ住んでんの? 海辺? 西宮かどこか住んでるの?

水田:どこやろな(笑)。なんか海の方でボーっと、週に1回だけ「漫才ですか」ってなるくらい、時間が余ってる状態のときに観ようかなって思うけど。

川西:「ゴッドファーザー」はね。いつか観なあかん名作やね。

水田、運転免許を取るとしたら…

水田さんは、今後のために取って置いている楽しみに運転免許の取得を挙げました。

水田:だって、今行ってもええわけやねん。でも、もっと先でいいわと。

川西:でも、もっと先の方が大変やで。言うたら物覚えも悪なってるし。反射神経も鈍ってるやん。

水田:だからまあ、55歳くらい。

川西:やばいやばい。

水田:55歳くらい全然いけるやろ?

川西:ほぼ返納やん、もう。

川西さんに密着取材してもらう形で、運転免許取得までのVTRを単独ライブで流してほしいと頼み込む水田さんですが……。

川西:お前、ええ加減にせえよ(笑)。お前、単独(ライブ)何やと思ってんねん(笑)。ゴールが受かるか落ちるかしかないのよ、そのVTRのゴールって。(試験に)受かって「やったー!」って別に面白くないし、本気に取り組んで落ちたら面白いとは思うねんけど、落ちないと思うねん、俺(笑)。だから、単独のVTRの企画会議やって考えたときに、やっぱりクソみたいな企画なのよ。

水田:え~! 行けると思ってた。しかも俺、単独ライブ2つ分ぐらいいけると思ってた。

続けて水田さんは、ドラマ「半沢直樹」仕立てのVTRにしようと提案します。

水田:「エンジンオイルが抜かれている……。川西ぃ~!」みたいな。

川西:教習所でそんなことないから(笑)。

水田:そりゃ演出やから(笑)。「教官、ちょっとだけ撮影させてもらっていいですか」つって。本当は(オイル)を抜かへんよ? 本当は抜かずに「ちょっとすいません、教官。5分だけ」つって、エンジンの下くらいに……。

川西:「ちょっと待ってくださいね」が無理や言うてんねん(笑)。抜くところじゃなくて。「教習所、何しに来てんの?」ってなるから。

水田:授業終わりの時間とかでちょっと使えるとこだけ、ちょちょっと撮って……。

川西:勝手に行ってやってほしい(笑)。

水田:抜かれたら抜き返す、倍抜きだ!

「なぎなたvsフェンシング」どちらが強い?

母親に「フェンシングvsなぎなたはどちらか強いのか」といった質問をうやむやにされてしまったため、和牛の二人にどちらが強いか考察してほしいというメールが届きました。

水田:でも、これはルールも違うからなあ……。

川西:あ、お母さんと同じことを言ってる(笑)。お父さん出てきたやん(笑)。(リスナーの)イラつきが増すやん。イラついて送ってきてるて言うてるのに。

構えの多様さと圧倒的なリーチを誇るなぎなたと、動きの軽さと剣のしなりが特徴のフェンシング。和牛の考察は「どちらかが戦闘不能になるまで」をポイントに展開していきます。

水田:そうなったら、なぎなたが有利でしょうね。申し訳ないけども。そりゃあ、もうリーチもパワーも違うやんか。ほんまに相手を戦闘不能にするという意味では。

川西:でも、なぎなた?

水田:だって、フェンシングって刺すしかないやん? ほんまに戦闘不能にしようと思ったら。まあ、かいくぐったらいけるのかなあ……なぎなたの一振りを。でもかいくぐっても、柄の方で止めたりもできるからなあ。

水田:ただ、殺傷能力そこまで高くないから、先に毒とか塗っとかなあかんよね。

川西:え、毒ありなの? 「フェンシングって毒使えへんやん」ってなるやん。「毒使ってますよ、こいつ」って言うで。俺がなぎなたやったら。

水田:いえいえ、そっちも毒使っていいですよ。

川西:いや、毒は持ってきてないっすよ。聞いてないから。

水田:じゃあ、僕の半分あげます。はい、これ塗ってください。

川西:いや、本当に……。もっと言うたら、毒とかやめません? それって、勝者毒じゃないですか。毒が勝ったことになるんで。「なぎなたとフェンシング、どっち強い」って言って、毒が勝った……。

水田:でも、傷つけたのは僕のフェンシングですからね。僕のフェンシングで傷つけたわけやから。

川西:だけど、私が動けなくなった結果は毒なんで。

水田:間違ったらほんまごめんやけど、フェンシングって戦争で使ってた? 貴族の愛するスポーツ的な勝負としてやってたんじゃないの? だって、戦争で使ってると俺思われへんもん。

川西:そもそもがね、殺傷能力の低いソードやわね。

水田:そうやろ。鎧とかあっても刺してたんかな。その、しのら……しならない真っすぐな……。

川西:ちょっと、途中で出てきた「シノラー」が気になった(笑)。篠原ともえさんの格好をしたシノラーが。昔、トッピーとか流行ってたのね。トーストにかけるふりかけ。

水田:しのらない……(笑)。

川西:しならないやろ。シノラーがおるのよ、ずっと。

水田:カチカチの針みたいなやつで鎧の間とか刺してたんかな? 斬られるのには強いけども、隙間とか脇とかその辺を刺して。ほんで「やった~! 嬉しい~!」みたいな。

川西:やっぱシノラーやんか(笑)。何なん、「やった~! 嬉しい~!!」って(笑)。よっぽど何にも出てけえへんかった(笑)。

和牛のモーモーラジオ
放送局:文化放送
放送日時:毎週水曜 26時00分~26時30分
出演者:和牛
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#モーモーラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

初回は「BLACKPINK」特集! 古家正亨が独自の切り口でアーティストを掘り下げる新番組が放送開始!

ラジオDJとして活躍する古家正亨がパーソナリティを担当する新番組『古家正亨 K TRACKS』がきょうからニッポン放送でスタートした。新番組では、毎週1組のアーティストについてリスナーからのリクエスト曲のオンエアはもちろん、アーティストとも親交の深い古家ならでの視点でアーティストを深堀りしていく。記念すべき初回の特集アーティストはBLACKPINK。番組はリスナーからのリクエスト曲「AS IF IT’S YOUR LAST」でスタートした。

古家正亨、ひろたみゆ紀

「古家正亨 K TRACKS」初回9月27日(火)は「BLACKPINK」を特集!

番組では、デビュー以来BLACKPINKをずっと見てきた古家の選曲もオンエア。1曲を選ぶことにかなり悩んだということだが、古家の選曲は「PLAYING WITH FIRE」。その理由について「ラジオDJを25年以上やってくると、イントロを聴いただけでこの曲売れるなぁ、と感じるものがある。その点でいえばこの曲なんてまさにそう。イントロを聴いただけで引き込まれた1曲」と語った。古家はBLACKPINKについて、「(2019年に)アメリカのコーチェラ・フェスに出た時の盛り上がりがすごかった。今世界中を見渡してもBLACKPINKのようなガールズグループはいない。実際のパフォーマンスを見た人たちの心に、すーっと入っていき世界中のファンを獲得することになったのかな」と解説した。

同番組では日本の番組では初となる、K-POPを代表する韓国音楽チャート、サークルチャートのうち、「Global k-pop Chart」のウィークリーシングルランキングトップ10を紹介するコーナーもスタート。世界中の最新データを収集し、K-POPの今を知ることができるこのチャートを古家の解説付きで聴くことができるファンにとっては聴き逃せないコーナーとなっている。チャートインしたIVEから新番組スタートをお祝いするスペシャルコメントも届いた。

番組ではボーイズグループPENTAGONからのメッセージもオンエアしたほか、BLACKPINKが海外アーティストとコラボした楽曲やリスナーからのリクエスト曲を3時間にわたり次々とオンエア。

9月27日 オンエアリスト ※BLACKPINKの楽曲のみ(コラボ曲含む)
1.AS IF IT’S YOUR LAST
2.WHISTLE
3.PLAYING WITH FIRE
4.STAY~JP Ver~
5.Kiss and Make Up/Dua Lipa & BLACKPINK
6.Sour Candy with BLACKPINK/Lady Gaga
7.Bet You Wanna feat.Cardi B/BLACKPINK
8.Shut Down
9.Yeah Yeah Yeah
10.The Happiest Girl
11. Ready For Love
12.Ice Cream feat. Selena Gomez
13.BOOMBAYAH
14.DDU-DU DDU-DU
15.Kill This Love
16.Lovesick Girls

Facebook

ページトップへ