加藤浩次、ドラマ『GTO』出演辞退の真相を語る「正直じゃないというか、あれはかっこ悪い」

佐久間宣行さんがパーソナリティを務める、ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』。9月9日(水)の放送は、極楽とんぼ・加藤浩次さんがゲストで登場! 佐久間さんが演出を担当した番組の思い出話、加藤さんの若手時代のエピソードで盛り上がりました。(ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』9月9日(水)放送分)

佐久間演出『こちらササキ研究所』を振り返る

今回のゲスト、極楽とんぼ・加藤浩次さんは『スッキリ』(日本テレビ)の生放送を控えての出演となりました。加藤さんと15年ほどの付き合いになる佐久間さんは、若手時代に演出を担当した番組『極楽とんぼのこちらササキ研究所』(2006年、テレビ東京)にまつわるエピソードを語りました。

佐久間:僕と加藤さんの関係性でいうと、加藤さんと番組を始めた時に、加藤さんに育てられたスタッフ、作家の大井洋一とかオークラとかが『極楽とんぼのこちらササキ研究所』で一緒に入ってて。チーフが鈴木工務店さんだったの。

だから、そのチームに僕だけ入っていった時に、「佐久間、加藤浩次の事どんだけ知ってんだ」っていう空気があったのよ(笑)。要は、『極楽とんぼのバスコーンだろ!!』(テレビ朝日)チームがいる中で、僕だけ局員で演出に入ったから。

加藤:テレ朝で番組やってて、その作家陣だったからね。さらに言ったら、鈴木工務店は極楽とんぼの事、大好きだから。好き過ぎるの。

佐久間:好き過ぎるんですよ。

加藤:最近ちょっと鬱陶しいんだよ。

当時、『極楽とんぼの吠え魂』(2000年~06年、TBSラジオ)の放送前に企画書を持ち込んでいた佐久間さんは、加藤さんとも繋がりの深い放送作家・鈴木工務店さんによる"鈴木工務店ブロック"が凄かった事を明かしました。

佐久間:工務店さんに無理言って、「これ(企画書)持っていってもいいですか?」って言って。工務店さんが「こっちは見える、こっちは見えない」って言って、「ああ、わかりました」って持っていって。7割ぐらい合ってるんですけど、たまに工務店さんが「めちゃくちゃ見える」って企画を俺が自信満々で話したら、加藤さんにバンバンに穴突かれた時があって。その時に横を見ると、工務店さんは知らないふりするんですよ。

加藤:ふははは(笑)。そこ、ダメだね! そこを工務店は「いや、加藤さん。こういう事だから、これ僕は面白いと思いますよ」って、やっぱりそこはグッと防波堤にならないとダメだよね。

加藤、殺伐とした雰囲気の若手時代を語る

トークの話題は、加藤さんの若手時代の話に。「上の人がむっちゃくちゃ怖かった」と振り返る加藤さんは、レギュラー出演していた『殿様のフェロモン』(1993年~94年、フジテレビ)で、今田耕司さんの楽屋を訪れた時のエピソードを語りました。

加藤:楽屋に挨拶しに行ったら、真っ暗なわけ。俺、「いねえのかな?」と思って、(ドアを)パッと開けたら、真っ暗な中に今田さんが居るんだよ!

佐久間:ははは(笑)。始まる前に? あんな華やかな生放送が始まる前の?

加藤:そうよ! 楽屋真っ暗にして、胡坐かいて腕組んで目ぇ瞑ってんだよ、ずっと!

佐久間:はははは(笑)。殺し屋じゃないですか、もう(笑)。

加藤:ほんとよ! 人殺す前よ! そんだけ凄かったんだもん! もう、ピリピリしてるし、みんなもう「俺が行くぞ」って。んで、「俺が行くときに協力してくれよ。協力してくれたらお前が行った時にも協力するからな」みたいな。こう、何ていうのかな……。何だろうなあ……。反社的なノリだよね(笑)。

佐久間・スタッフ:はははは(笑)。

加藤:反社の良い部分、良い部分はねえか。反社には良い部分ない。

佐久間:要は、本当に『仁義なき戦い』的な。「ここ勝つぞ」っていうのと、あとは中山(秀征)さんがその時の……。

加藤:中和剤。

佐久間:対極のテレビタレントとしてトップの人みたいな感じな。

加藤:で、優しかったし。でも、芸人サイドはもうピリッピリ。だから、ナインティナインもよゐこも俺らも、一緒に何かやるかっていうか「自分が」みたいな。だから当時、何にも出来なかった覚えあるよ。何かやると怒られるし。

相方・山本の素顔「痛いとか努力とかするのを本当に嫌がる」

佐久間さんは、山本圭壱さんが『ササキ研究所』の収録で、プロレスラー・中西学さんから背中に受けたビンタの激痛に耐え切れず、楽屋に立てこもってしまったエピソードを明かし、加藤さんが補足する形で相方・山本さんの素顔について語りました。

加藤:あいつ、昔からあるの。痛いとか努力とかするのを本当に嫌がるの。あのキャラならやっぱりいじめられた方が面白いじゃない、山本さんは。それを1番嫌がるからやらせると、だから面白いっていうのがあるのよ。

佐久間:そうですね、本気があるからですね。嫌がりに。

加藤:嫌がりに「痛い、止めてくれ~」とかっていうのが嘘でおいしいと思ってたら、そのリアクションにならないわけよ。だからそこが面白さはあるんだけど、本当にあるの。

1回ね、番組でハンガリーに行った事があって。ジャグリングをやるって。ハンガリーって、なんかサーカスがメッカではないんだけど、吉本が大道芸人みたいなのをNGKに入れるみたいな、そこの視察みたいなのでそういう番組の企画になってて。山本がジャグリングを練習してハンガリーに行って、できるようになって本番に行くっていうのがあって。途中でね、あいつね、「もう無理だなあ……」って。

佐久間:「無理だなあ」(笑)。ハンガリーまで行ってるのに!?

加藤:「俺、もうジャグリング無理だなあ」。

佐久間:ジャグリング自体が無理(笑)。この技が無理とかじゃなくて?

加藤:「ジャグリング無理だよ」つって。いや、無理だじゃないんだよ。お前練習するしかねえだろって。今、ある時間一生懸命練習してな、本番で失敗するにはいいんだよって。ただ、今一生懸命やってるっていう時間が大事で、本番はどっちに転がってもいいからって言っても、「いやあ、無理無理無理」って。

佐久間:はははは(笑)。

山本さんの態度に頭に来てしまった加藤さんは、「お前の方が点数良かったら代わってやるよ」と、ダーツによる1本勝負を提案し、収録関係なしのガチンコ勝負に挑みます。

加藤:もう俺、気合入れてBULLぶち込んでやった。これは忘れもしないの、もう。

佐久間:BULLぶち込んで、山本さんに(笑)。

加藤:で、山本が「おい、やるよぉ……」とか言って(笑)。んで、実際にジャグリングをそこからまた練習して、本番に臨んだっていう。もう、そういうのがね、本当に嫌なの。だから、嫌ってなったらもう嫌なの。

佐久間:いや、わかります。だって俺、未だに憶えてるのが、『ササキ』の事件があって、その後番組を閉じる時に、加藤さんに最後に挨拶に行ったら、(加藤さんが)タバコを吸いながら、「佐久間くんさあ……。あの立てこもった山本を俺が本気で怒ってたら、何か変わってたと思う?」って。いや、「俺は変わらないよ」と思ってたけど(笑)。

加藤:がははは(笑)。うわあ~!

佐久間:加藤さん、なんか「あの時めちゃくちゃ説教してたら、山本のあの事件起きなかったんじゃないか」って、謎の後悔してましたよ!

加藤:そんな事言ってた!? だからもう、その時いろんな事を考えてたんだろうね。

ドラマ『GTO』出演辞退の真相

架空の番組企画書を募集するコーナー「企画書は、ラブレター…」で、リスナーからドラマ『GTO』(1998年、フジテレビ)の冴島龍二役での出演を断った事を後悔しているエピソードを弄られた加藤さん。出演依頼が来た当時の真相を語りました。

加藤:今だから正直に言うけど、自信がないから「やんねえよ」って言うのよ。

佐久間:ああ、わかります!

加藤:本当に。僕なんか小心者だし、自分に『GTO』の警官役をやれる自信がないから。でも、現場のマネージャーとかは年下だから「加藤さん、こんな話来てるんですけど」って言われた時に、「いや、俺自信ないから。ちょっと無理だわ、今」って言えなかったわけだよ、やっぱり。その当時っていうのは。お恥ずかしながら。

佐久間:結果、どういう言い方したんですか? マネージャーには。

加藤:「やんねえよ! 漫画だろう!!」って(笑)。

佐久間・スタッフ:はははは(笑)。

加藤:当時、漫画原作とか無かったわけ! 『GTO』は面白いのよ? 『GTO』は面白い漫画なんだけど、漫画をドラマ化っていうのは、「そりゃないだろう」っていう時代だったから。今みたいに漫画原作がドラマ化したら絶対に当たるみたいな時代じゃなかったから、それを言ったんだよね。だから本当にねえ、正直じゃないというか、あれはかっこ悪いね。

佐久間:あれ? その後、漫画原作のドラマをTBSで結構やってますよね?

加藤:そうだよ。そっから漫画だと思ったんだから。こっちは。

佐久間:はははは(笑)。

加藤:こっちはそれを断ってるから、「もう漫画だ」と思ってるんだから。「絶対漫画だよ」と思って。

佐久間:『クロサギ』、『ブラックジャックによろしく』。ははは……(笑)。「漫画だ! しまったー!」と思って(笑)。

加藤:やっぱり、漫画を断って大失敗したというのがあるからね。自分の中で。漫画に食いつく癖があるよね。

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 27時00分~28時30分
出演者:佐久間宣行(テレビ東京・プロデューサー)、ゲスト:加藤浩次(極楽とんぼ)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#佐久間宣行ANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ