三宅健、V6解散ライブ直後に冠ラジオでファンへ生報告「これでサヨナラじゃない」

V6・三宅健さんがパーソナリティを務めるbayfm78『三宅 健のラヂオ』。11月1日(月)の放送は、この日26年の活動に幕を下ろしたV6の解散ライブ直後に生放送でお届け。番組終盤には、井ノ原快彦さんと長野博さんも出演しました。(bayfm78『三宅 健のラヂオ』11月1日(月)放送分)

V6解散直後の生放送「個人の三宅健になる決定的瞬間」

今回は、2005年から続いている番組にとって初の生放送となりました。幕張メッセで開催されたV6の解散コンサート直後という事もあり、三宅さんが解散直後の率直な想いを語りました。

三宅:たったの1秒くらいじゃ、そう簡単に切り替えられる訳もないんですけど、僕も23時59分59秒の前までと今とで何か変わったのかっていうと、そう簡単に切り替えられる訳はないので、ファンのみんなはもっとそうだと思うんですね。なので、そんな急に誰も切り替える事は難しいと思うので、この余韻だとか、いろんな事を感じながら、今日という日を過ごしてほしいなと思ってます。

自分にとって人生の重大イベントを……さっき井ノ原くんも言ってましたけど、解散自体が初めてなので、初めての経験をして。23時59分59秒までV6で、今0時を回って個人の三宅健になるっていう決定的な瞬間を、ファンのみんなと一緒に過ごせている事もすごい事だなと思いますし、ファンのみんなにそんな僕を見守ってもらえている事がとっても心強いです。そして今回、bayfmさんがこの生放送の機会を与えてくださいまして、今関わってくださっている全てのスタッフの皆さんに感謝したいと思います。

カミセン、新ユニット結成?

V6の解散に伴い、グループ内の年少組3人(三宅さん、森田剛さん、岡田准一さん)によるユニット・Coming Centuryも活動を終了する事に。三宅さんは、岡田さんがV6の結成26周年に向けて自前のカメラで写真を撮っていた事や、ツアー中に森田さんがカメラを購入した事を明かしました。

三宅:Coming Centuryという事で、「CC」じゃないですか。これで僕がライカのカメラを購入すれば、「Coming Century」改め「Camera Century Boys」になれるんじゃないかと思ってですね、僕も森田くんとお揃いのカメラをつい先日購入しまして。今日もそれで写真を撮ったりとか、まだちょっと不慣れでちゃんと出来ないんですけど。

スタッフ:3人一緒ってすごい……。

三宅:いや、岡田のやつはもっといいやつなのよ。アイツのやつは本格的なやつだから。すぐ「ピント浅いんで」っていつも言われるのよ。「ピント浅いからみんなちゃんと近づいてくれ」、「前後を合わせてくれ」って言われるんですけど。

三宅健、Instagram開設! 初配信で井ノ原&長野乱入

三宅さんはこの日、個人のInstagramを開設した事を発表。生放送中に3分間限定のライブ配信を行う中、終了直前には井ノ原快彦さんと長野博さんがサプライズの形でゲスト出演しました。

井ノ原:さっき、佐藤勝利(Sexy Zone)が「ずっとこのラジオ聴いてる」って言ってて、今から「健のラジオに出るんだ」って言ったら、「ええ!? マジっすか!! 聴いてますよ」って。

三宅:俺にもLINE来てた。これ(ラジオ)やってるから既読したけど、スルーしちゃった。

井ノ原:そうか。そりゃそうだよな。本番中だもんな。いや楽しかったよ。健、ラジオで途中で抜けたじゃん。あの後、めちゃめちゃなんか、後輩たちにとっては地獄の時間だよ。

三宅:(国分)太一くんのせいでね。

井ノ原:太一くんが。俺たち5人並んで、それで後輩たちがみんな、各々……。

三宅:今日のV6のラストコンサートの感想を、一人一人言っていきましょうとかっていう"地獄の会"が始まっちゃったんでしょ?

長野:しかも俺たちV6が全員で座って、その前で一人一人言っていくっていう(笑)。

井ノ原:時間が無くなるからグループごとに来て、みんなで「じゃあ、尺も決めてやりましょう」みたいな感じで。めっちゃ良かったよ。

長野:結局、後輩のみんな一人一人、言ってくれてたねえ。

井ノ原:剛、光一、松潤……とかの流れめっちゃ良かった。亀梨……。

長野:最後、太一がね、言ってくれて。

井ノ原:剛がめっちゃ良かったかなあ。みんな、ちょっと泣けたねえ。

三宅:ちょっと、あなた酔っぱらってるよね?(笑)

井ノ原:酔っぱらってないよ(笑)。お酒なんか飲んでないんだから。

三宅:本当に?

井ノ原:お茶だよ! 俺は。

三宅「俺らは死ぬわけじゃない」

番組終盤には、三宅さんの「これからは一人一人にスポットライトを当てていく」という意味を込めて、V6の楽曲『SPOT LIGHT』をオンエア。その後、3人で解散ライブについて振り返りました。

三宅:長野くんが一番うるうるしてるんだもん。

井ノ原:何でそんなうるうるするの?

長野:えっ、みんなも目、うるうるしてたでしょう?

三宅:しかも井ノ原くんがさあ、「ひと言それぞれお願いします」のひと言が長いの。あのひと言が長いから、みんな長く喋るから……。

井ノ原:いや、ひと言、俺は言わせたかったの。みんな、言う気無かったじゃん。俺、ずっとツアー中、泣きそうになるのこらえながら言ってるからね。

三宅:こっちだってそうだよ!

長野:喋る方が大変だよ!

三宅:やめろよ~。

井ノ原:でも最後、剛と抱き合って帰ってきたよ。「大好きだよお前!」って言って。「ありがとね!」って言って。

三宅:あの後、みんな掃けてさ、みんなでハグしたんだよ。

井ノ原:言っちゃうけど、死ぬわけじゃねえから。

三宅:そう! 俺らは死ぬわけじゃない。あいつも言ってたじゃん。「これでサヨナラじゃないから」って。

井ノ原:生きてかなきゃいけないのよ! みんな。

三宅 健のラヂオ
放送局:bayfm78
放送日時:毎週月曜 24時00分~24時30分
出演者:三宅 健(V6)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#健ラジ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ