ハライチのラジオ番組『ハライチのターン!』、『ダイナミックなターン!』

今年でコンビ結成15周年を迎えた人気お笑いコンビ・ハライチ(岩井勇気さん・澤部佑さん)。現在はお笑い芸人の枠を超えて、ドラマにゲーム、CMといった多彩なジャンルで活躍するなど勢いを増しています。

今回はハライチがパーソナリティを務めるラジオ番組『ハライチのターン!』と、岩井さんの番組『BOAT RACE 戸田 presents ハライチ岩井 ダイナミックなターン』をご紹介します。

今年でデビュー15周年の幼なじみコンビ

岩井勇気さんと澤部佑さんは幼稚園からの幼なじみで、2005年1月にコンビを結成。コンビ名の「ハライチ」は、2人の地元・埼玉県上尾市「原市」に由来しています。2006年4月にワタナベエンターテインメントへ所属し、2009年には『M-1グランプリ』決勝に初進出。岩井さんのボケに澤部さんが突っ込まずにボケ倒す「ノリボケ漫才」と呼ばれるスタイルで、一躍注目を浴びました。

その後は『ピカルの定理』(フジテレビ系)や『おはスタ』(テレビ東京系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラーで出演。現在はピンでの活動も多く、岩井さんはエッセイの執筆やゲームの原作プロデュースに俳優業、澤部さんはテレビバラエティを中心に活躍するなど、それぞれが多方面で存在感を発揮しています。

TBSラジオ『ハライチのターン!』

2016年9月に前身番組『デブッタンテ』(2014年4月〜2016年9月)から独立する形でスタートした、ハライチ初の冠ラジオ番組です。『デブッタンテ』では、うしろシティとハライチが順番にトークする構成を採っており、ハライチのパート開始時に澤部さんが「ハライチのターン!」と言っていたことから、そのフレーズから番組名も付けられました。

ハライチのターン!
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週木曜 24時00分~25時00分
出演者:ハライチ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ハライチのターン」

※放送情報は変更となる場合があります。

芸人ラジオの中では珍しく、ネタ投稿コーナーを明確に設けず、「2人のトークをもとにリスナーがコーナーを作ってはすぐに終了する」というスタイルが続いています。唯一といっていい常設コーナー「今週のネコちゃんニュース」では、猫好きの岩井さんが番組冒頭で猫に関するニュースを紹介します。

その一方で毎回2人のフリートークに多くの時間が割かれているのも特徴で、仕事の裏話やプライベートはもちろん、たわいない日常の出来事など、あらゆるエピソードが盛りだくさん。巧みな話術と構成力でトークを繰り広げる岩井さん、絶妙なタイミングで相槌を打つ聞き上手な澤部さんの幼馴染ならではのやりとりに、日頃ラジオをあまり聴かない人でも気軽に楽しめます。

カティワダ、アンパンマン、珪藻土バスマット…傑作エピソードを紹介

『ハライチのターン!』では、2人のフリートークがウリということもあり、これまで「死の庭」や「チョコボール」、「オートマvsマニュアル車論争」など、リスナーを虜にしたエピソードトークが数多く誕生しました。フリートークから生まれた傑作エピソードの一部をご紹介します。

カティワダ(2017年3月30日放送)
食後のデザートを求めにコンビニへ訪れた岩井さん。店員が新人店員に説教するやりとりが店内に響く中、説教する店員の滑舌があまりにも悪く、内容は分からずじまい。店員が何と言っていたのか、時折飛び交う「カティワダ」という言葉の意味は何なのか、岩井さんの話術と澤部さんのオチへの運び方が秀逸なエピソードです。

アンパンマンをガチ考察(2017年6月1日放送)
『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)を何気なく視聴していた岩井さんは、ばいきんまんとドキンちゃんの関係に着目。ドキンちゃんが想いを寄せるしょくぱんまんとの関係性や出自とも絡めながら、「冷たい態度を取らせているばいきんまんは大人」、「寝取られることを望んでいる可能性もある」など、恋愛ドラマのような考察を披露。アニメ好きの岩井さんならではの鋭い分析と洞察力が垣間見えました。

岩井、酔っ払った澤部の行動に説教(2018年11月10日放送)
澤部さんがパンサー・向井慧さんとの食事中、酔った勢いで岩井さんに何度も電話をかけたというエピソード。岩井さんは「酔っ払ってする熱い話は信用できない」、「"酔っ払ってたから"と言い訳するやつは最悪」と持論を展開しながら、澤部さんを説教。その後、中学の同窓会に参加した出来事を振り返りながら、最後は「2度と飲んだ勢いで電話かけてくるなよ」と澤部さんに警告しました。

岩井、珪藻土バスマットを巡り母親と攻防(2021年1月28日放送)
珪藻土バスマットのアスベスト含有問題が話題となっていたこの時期、岩井さんも問題となった珪藻土バスマットを使用していたことが判明。岩井さんの自宅に訪れた母親がバスマットを引き取ろうとするものの、岩井さんが拒んだため口論に。母親から「卑怯者!」という一言も出るなど、バスマットを巡る岩井親子の激しい攻防が語られました。

TBSラジオ『BOAT RACE 戸田 presents ハライチ岩井 ダイナミックなターン』

2019年10月にスタート。ボートレース戸田提供による岩井さん単独の競艇情報番組。2021年9月12日(日)には放送100回を迎えました。埼玉県出身、ボートレース大好き芸人の岩井さんがボートレースの魅力を発信しつつ、戸田市を中心とした埼玉県の魅力や情報を伝えていきます。

BOAT RACE 戸田 presents ハライチ岩井 ダイナミックなターン
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週日曜 12時30分~12時45分
出演者:岩井勇気(ハライチ)、宇賀神メグ(TBSアナウンサ-)
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#岩井のターン」

※放送情報は変更となる場合があります。

番組には、現役ボートレーサーやボートレース好きのタレントがゲストとして登場。芸能界屈指のギャンブラーでもある平成ノブシコブシ・徳井健太さんや、競艇イベントにも数多く出演する内山信二さんの2人は定期的に出演しており、準レギュラーとして番組を盛り上げます。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

コロナの第7波が襲来? BA.5株のまん延に藤井聡氏「感染者数の増減は重要な問題ではない」

7月7日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、コロナウイルスの感染が再拡大しているという話題が取り上げられ、木曜コメンテーターで京都大学大学院教授の藤井聡氏が、寺島尚正アナウンサーを前に持論を展開した。

冷静な対応呼びかけ「重症化の割合は大きく減ってきている」

国内で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は、7月6日に4万5000人を超えた。前の週の同じ曜日からほぼ倍増しており、4万人を上回るのは5月18日以来のこと。オミクロン株の派生型で感染力がより強いとされるBA.5株の感染者が増えている。

5月には減少傾向にあった新規感染者数が、ここに来て急増していると聞くと不安になるが、藤井氏は感染者数の増加だけで右往左往すべきでないと指摘した。

「こういうことは(ウイルス)株が少しずつ変わっていけばあるだろうと予想されていたので、決してすごいことが起こっているわけではない。感染拡大時に我々が考えなくてはならないのは、どれだけの健康被害があるのかということで、感染者数の増減は重要な問題ではないと思います。これによって国民の健康が大きくどれくらい毀損されるのかを確認しなければなりません」(藤井氏)

こう考える理由のひとつとして、藤井氏は海外の対応例を紹介した。

「イギリスとスウェーデンでは今、コロナが拡大するとか縮小するということを、政府として全くケアしないと言っているんですね。オミクロン株の派生であるBA.5株による健康被害はそれほど大きくないと認識されているので、外国ではその拡大を気にしない国があるということです」(藤井氏)

熱中症患者の増加も重なる時期ということから、医療体制の逼迫が懸念されるのではという声もあるが、これに対しても藤井氏はデータに基づいて冷静に判断すべきという考えを示した。

「第六波ピーク時の病床使用率は約50%でしたので(医療体制の)逼迫ではなさそうですよね。オミクロン株による重症化の割合は大きく減ってきているのはデータで明らかなので、注視すべきではありますが、大きい問題にはならない見込みも考えられます」(藤井氏)

Facebook

ページトップへ