バナナマンの神髄!ラジオなのにテレビ的な番組『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』

『バナナマンのせっかくグルメ!!』や『バナナサンド』(共にTBS系)など、ゴールデンタイムから深夜まで数多くのレギュラーテレビ番組を持つ人気コンビ・バナナマン。一流芸能人として活躍する2人が、10年以上も前から毎週仲良く悪ふざけをしているラジオ番組はご存じでしょうか。

当初から変わらぬ面白さで多くのリスナーの心をつかみ続けている、TBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』の魅力をとことん掘り下げます。

バナナマンのはじまりは渋谷のライブハウスから

高校時代の同級生と「陸上部」というコンビで活動していた日村勇紀さん、コント赤信号・渡辺正行さんの付き人を務めていた設楽統さんが出会い、1993年にコンビを結成(結成時のコンビ名は「設楽日村」)。1994年2月に渡辺さん主催のお笑いライブ「ラ・ママ新人コント大会」(渋谷La.mama)でデビューしました。

ライブではコントの面白さが既に評判となっていましたが、テレビで活躍するチャンスにはなかなか恵まれず。注目されるきっかけとなったのは『内村プロデュース』(テレビ朝日系)や『ザ・イロモネア』(TBS系)、『ゴッドタン』(テレビ東京系)への出演。その後、2008年の『第1回キングオブコント』で準優勝し、日村さんの「子供の頃の貴乃花のモノマネ」などで知名度を一気に上げて、ブレイクを果たします。

現在は『YOUは何しに日本へ?』や『乃木坂工事中』(共にテレビ東京系)、『沸騰ワード10』(日本テレビ系)でMCを担当、『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)や『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)では、パネラーとして人気番組を盛り上げています。飄々としながらも的確に仕切る設楽さん、ほっこりとした癒し系でどんな場面も和ませる日村さん。個人としても設楽さんが朝の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)で司会を担当、日村さんも冠番組『バナナマン日村が歩く! ウォーキングのひむ太郎』(BS朝日)で活躍中です。

音から画が浮かぶ企画が満載!『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』

2007年4月に『月曜JUNK2 バナナマンのバナナムーン』 からスタートし、『月曜JUNK ZERO バナナマンのバナナムーン』を経て、2010年4月より現在の『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』に。連日多忙なバナナマンが出演するテレビ番組の裏話や、日村さんの「隠れ食い」などに対して設楽さんとリスナーが追い込んでいく"詰めトーク"も聴きどころ。

「3人目のバナナマン」と言われている構成作家・オークラさんのほか、個性的なキャラクターの番組スタッフたちによるファミリー感が伝わるのもこの番組の醍醐味です。「日村勇紀を笑わせろ!」や「鬼企画」、「ホワイトデー企画」など季節ごとの恒例コーナーも多数あります。

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週金曜 25時00分~27時00分
出演者:バナナマン
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#bananamoon」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオ番組ながら"テレビ的な小道具"を使った多彩な演出が多いのも特徴です。ラジオの音からブースの画が浮かぶテレビのようなビジュアル企画で、日村さんだけでなくオークラさんも裸になることも。今や国民的な人気を誇るバナナマンが、本気でふざける姿を毎週堪能できる贅沢な時間です。

日村の芸が冴えわたる!ハガキ職人のセンスがほとばしる珠玉のコーナー

『バナナマンのバナナムーンGOLD』では、レギュラーコーナーや季節ものなど1年でさまざま企画を行っています。今回は、現在行われている3つのレギュラーコーナーを紹介していきます。

音楽の悩み何でも解決!ヒムペキ兄さん

リスナーから音楽の悩みを募集し、日村さん扮する"ヒムペキ兄さん"がアレンジ楽曲を自ら歌って解決するコーナー。実質的な前身番組とも言える『WANTED!火曜日バナナマン』(TOKYO FM、2005年4月〜2007年3月)でほぼ同様のコーナーが行われており、局を跨いで現在も続く人気コーナーです。ちなみに、ヒムペキは「日村完璧」の略。

2022年1月28日(金)の放送では、平井堅さんの「ノンフィクション」に乗せて、日村さんが正月の爆食旅行を綴った「悲しきダイエッターバージョン」を披露しました。年末には「ヒムペキグランド大賞」を開催しており、その1年で披露したヒムペキソングに新曲を加えたノミネート曲の中から大賞を決めています。

新クイズ!スピリッツ

タイトルや形式を変えながら行われている、小学館とのタイアップコーナー。「週刊ビッグコミックスピリッツ」(毎週月曜発売)の掲載内容から作成した4択クイズを募集します。設楽さんが日村さんにクイズを出題する形で進行し、ご褒美と罰ゲームも用意されています。刺激臭などを使った罰ゲームでの日村さんのリアクション芸も聴きどころです。

ヒロメネス

「新しい噂・都市伝説」ネタを募集するコーナー。このコーナーから派生した「偏見」、「宣言」、「演出」を合わせた4つのテーマで展開しています。「バナナマン日村は、たくさん食べたことを隠せば太らないと思っている」など日村さんに関するネタが豊富ですが、過去には野呂佳代さんネタやAD・ドロボーさんの「ドンタコス」ネタで盛り上がったことも。

「偏見」では一方的なリスナーの思い込み、「宣言」ではリスナーがやりたいことを高らかに宣言したいこと、「演出」ではリスナーがディレクターになりきり、日村さんやスタッフに指示したいセリフや行動をそれぞれ募集しています。

続いて直近の放送回でユニークだった内容を一部ご紹介します。

バナナマンはダブル爆食神だった!?日村、1ヶ月でうまい棒250本を爆食(2022年1月28日放送)

この番組で何度も何度も話題として挙げられるのが、日村さんの「隠れ食い」や「爆食」について。この回では、日頃の爆食を隠しては少食を主張する日村さん、心配して追及する設楽さんのやりとりをピックアップ。日村さんの驚きの爆食情報が明かされたシーンを振り返ります。

設楽:1回さあ、普通のこと言っていい? 何でそんな食ってることを隠すの?(笑)。そんなさあ、50手前のおじさんがさ。

日村:それはさ〜。設楽さん、全然食わなくなったじゃん。

設楽:そんなことないけどね。まあ、日村さんと比べたら。

日村:昔に比べたら。あんなに"爆食神"だったじゃん。"ダブル爆食神"がバナナマンだったわけじゃない。

設楽:いやいや……。俺、そこまでだったかなあ。

日村:だったよねえ? 俺より食ってたよねえ!?

オークラ:日村さんよりは食ってるってことは無いと思います(笑)。

日村:お前こっち来いよっ!! お前はすぐ向こうにつくけど、ズルいんだよ!! お前、こっち来い! お前ブヨブヨしてるんだから! お前こっち来いよ!!

設楽:ブヨブヨ神(笑)。

日村:お前、ブヨブヨ神だって! ガリガリみたいな言い方してんだよ!

オークラ:いや、設楽さんもすごく食べてましたけど。

日村:だから食べてたんじゃんか。俺より食べてたじゃんか。

オークラ:……っていうのは無いと思いますよ。1日平均……。

日村:いや、1日平均なんて誰もわからないじゃん。1回の食事の時に、異常に食ってたじゃんか。

設楽:いやいや……1日平均は絶対、日村さんずっと食ってたじゃんか。

日村:そんなことないよ!

設楽:だって「うまい棒」さ、1ヶ月で何本食ったっけ?

日村:250本ね!

設楽:そのうまい棒も値上げだよね。(1本)12円になるって。1ヶ月間で250本でしょ。250本をさ、ライブの稽古って大体1ヶ月間でさ。30で割って。

日村:数字で出すのやめようよ、あんまり。なんか割り算するの?

設楽:割って。250÷30。電卓で割ってよ。1日平均何本食ってたんだろう。

日村:250÷……あ、足しちゃった(笑)。250÷30は……(笑)。何だこれ、何が出たんだ? 何だ、意味がわからない数字が出たな。250÷30日は……8.3本ぐらいだね。

設楽:おじさんがうまい棒を1日に8本……(笑)。2円上がっちゃうと今度変わるね(笑)。おじさんがさ、1日8本ぐらい食うんだよ。そんな食わないよね? まあ、食う日もあるかもしれないけど、それを1ヶ月間続けるんだよ。

日村考案「日村クイズ」! 本人不在の中、最新の赤裸々プライベート情報が続々(2022年2月4日放送)

この日の放送は、日村さんが新型コロナウイルス感染のため欠席。助っ人に「日村軍団若頭筆頭」、この番組では"イトリ"ことスピードワゴン・井戸田潤さんが出演し、特別企画として日村さん考案の「日村クイズ」を行いました。日村さんが自腹で購入したウォーキング用スパッツを賭けて、設楽さんと井戸田さんが対決。最新の日村さん情報が詰まったクイズとその解答、設楽さんからの補足情報をまとめました。

Q1:最近なにかと爆食と誤解されている日村さんが「これなら100個」食べられるものは?
A:鉄火巻

Q2:日村さんがメイクをする際にやっていることは?
A:眉毛を書き足す
補足:今年最初の放送(1月7日放送分)でゲスト出演した島田秀平さんに「眉毛を強調すると運気がアップする」と言われたから。メイクさんに頼んで眉毛を描き足してもらっているが、前髪で隠れているため周囲には見えていない。

Q3:日村家では「ただいま」と言わず、「ただい〇」と言う?
A:ただいマントヒヒ

Q4:日村家では「おやすみ」と言わず、「おやす〇」と言う?
A:おやすミンミンゼミ

Q5:日村さんがウォーキング中に起きたマンガみたいなドジとは?
A:お茶をしているキレイな女性に見とれて電柱にぶつかった

Q6:日村さんが今ハマりつつあるものは?
A:サウナ

Q7:日村さんが毎日欠かさず飲んでいるものは?
A:ヤクルト

Q8:日村さんが最近通い始めたレッスンは?
A:ゴルフ
補足:ゴルフのレッスンだと、一人でご飯を食べに出かけることができるから。

Q9:日村さんが一つだけ特殊能力が持てるとしたら?
A:指先から食べ物が出てくる能力
補足:親指から味噌汁、人差し指からごはん、中指から麻婆豆腐、薬指からうどん、小指からコーヒーが出てくる。

日村さんの赤裸々なプライベートが次々と明かされては、設楽さんやリスナーが呆れるという展開が続きながらも、「日村クイズ」は設楽さんの勝利に終わりました。日村さん復帰後、番組内でウォーキング用スパッツが贈呈されることでしょう。

コンビでもピンでも、さまざまな時間帯の多種多様な番組で活躍しているバナナマンは、番組ごとに異なる最適な回し、ひな壇での盛り上げができる芸人。でも、ラジオではとことんバカでアナーキー。そこにこだわる2人のまた違ったカッコ良さが感じられます。

この記事を書いた人

高田りぶれ

大学卒業後にラジオ局アルバイトを経て、構成作家のキャリアをスタート。約 15年にわたって都内近郊のFM、AMラジオ・テレビ番組、お笑いライブイベントの構成を多数手がける。その後、IT会社のウェブメディア編集部に在籍し、ウェブライティングや編集などに従事。現在はフリーランスのライターとして活動し、コラムやインタビュー記事を執筆している。好きなジャンルはラジオ、ドラマ、演劇、お笑い、プロレス、Jリーグ、料理。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

ヒアリングが苦手な営業マンに捧ぐ”QCDKTR”『長尾一洋 ラジオde経営塾』8月15日(月)放送

約9,000社の企業に携わってきた経営コンサルティングのエキスパート長尾一洋社長が,今週も悩めるビジネスマンのご相談に回答!
今回は若手営業マンの方から、ヒアリングに苦手意識があるとのお悩みが寄せられた。長尾社長はどう答えたのか…その一部をご紹介する。

 

■『商談時に無言の時間が…』3年目営業マンの切実なお悩み
ご相談者はラジオネーム『P太郎』さん。

3年目の営業マンです。直接の商談でもオンライン商談でも、提案する前段階のヒアリングが苦手だと感じています。
上司が言うには、私はお客様との会話のキャッチボールができていないらしいです。言われてみれば、お客様との商談時に会話が続かず、お互いが無言になってしまう時がよくあります。コンサルタントはヒアリング力だと聞いたこともあります。長尾さんの経験から、何か良い方法やアドバイスをお願いします。

 

■会話の『間』を恐れることはない!

最初に長尾社長がアドバイスしたのは、ご相談者さんが気にしている無言の時間について。

長尾社長:間が空くことはあまり恐れる必要は無いというか、あまり気にしない方がいい気がします。
間があって「ん?」ってなるのは、お客様側も当然同じ。そういう間があったら、お客さんが話し出すのを待つのも悪くはないというのがまず1点ですね。

■商談のストーリーを事前準備しよう

次に話題となったのは、ヒアリングや商談の事前準備の大切さ。歴戦のコンサルタントであり会社経営者でもある長尾社長ならではの視線からのアドバイスがあった。

 

長尾社長:一応コンサルタント的なことを言っておくと…。
事前準備というか、「仮説を立てる」とよく言うんですけども、お客さんが抱えている問題をあらかじめ想定しておく。「このお客さんにはこういうお悩みがあって、それに対してこんな手を打とうとしているけれど、うまく行ってないんじゃないかな?」みたいなのが仮説ですよね。

で、おうかがいして話を聞く時に、その仮説が合っているかどうか検証していくと。確認していくような質問をすることになりますね。

なので、この仮説、商談の事前準備ができて、商談のストーリーができていると、会話に困ることは少なくなるんじゃないかと思います。

ストーリーから外れた時には仮説が外れているので、次にどうするかも想定しておく。

「この話をしたらお客さんはこう答えそうだから、その時はこの資料を出す。気に入らなければ次はあの話をする…」というように、頭の中で事前にシミュレーションする感じですね。そういうことを訓練的にやっていくと、応用力というか、出たとこ勝負じゃなくて話もしやすくなるんだろうと思います。

 

■長尾社長の会社で行われる「ファースト前ミーティング」とは?

上記のような商談を事前にシミュレートする訓練は、実際に長尾社長の会社の営業担当の方々も行っていると言う。

長尾社長:特に初回訪問で経験の少ない若手がお客さんと会う時には、訪問前に上司とか先輩と商談のストーリーを擦り合わせます。「ファースト前ミーティング」って言っているんだけど。やっぱり若手の人は引き出しが少ないので、お客さんが言ったことに反応できないんでね。
あとはコンサルタントなんで、お客さんのビジネスモデルなどをちゃんと把握して行って欲しいんだけど、それをせずいきなり行っちゃうと話がとんちんかんになるので、それを事前にチェックしたりとか、そういうことしていますね。

 

■そもそも「営業に向かない」人はいるのか。

ここで松尾アナから「営業」にまつわる根源的な質問が飛び出した。

松尾アナ:そもそもなんですが、営業って向いている人、向いていない人がいるんじゃないかなと思っていたんですけど、その辺りはいかがですか?

 

長尾社長:まあ向き不向きで言えば、当然明るく元気でハキハキしたヤツが好まれるわけですよね(笑)。
だけど”営業の仕事”を考えていくと、ボソボソしゃべって何言ってるかよくわからないけど誠心誠意対応することで誠実さを評価されて成績を上げる…みたいな人もいるものなんで、人それぞれのやり方があっていいんじゃないかなと思いますね。

やっていて楽しくなるのが大事。営業を「お客さんに媚びへつらって売り込む…」みたいに考えちゃうとツラいですよ。だけど自分が良いと思うものをお勧めする、教えてあげると思えば、口コミで友達に「これイイよ~」と言うのと同じことなんでね。それでお客さんに「あんたに言われたの買ってみて良かったよ」って言われりゃ嬉しいものなので。

そういうふうに考えて行けるかどうかが大事なので、扱っている商材やお勤めの会社の価値をどう上げていくかがまず大切な気がしますけどね。

 

■ヒアリングを充実させる「QCDKTR」

とにかくヒアリングに苦手意識があるというご相談者のため、最後に長尾社長が紹介したのが『QCDKTR』。長い呪文のような響きに長尾社長も早口になる「キューシーディーケーティーアール」、その正体とは?

長尾社長:頭に入れておいていただきたいのがQCDKTR。

Q クオリティ

C コスト

D デリバリー(納期など)

K キーマン(意思決定は誰がするか)

T タイミング(時期。いつ買うか、いつ決定するか)

R リレーション(人間関係とか、そのお客さんと他のお客さんとの関係性など)

何かというと、お客さんが商品を買うか買わないかを決定する時の、購買の判断軸みたいなものを確認する。そのための項目が6つあって、これを意識して聞きなさいということです。

まずQ。「品質は高い方がいいに決まってるじゃないか」となるんだけど、品質という面において、どういうところを見て品質が高いと判断するのか。その判断軸は何かを聞く。

C。コストも「安い方がいいに決まってるじゃないか」となるんだけど、さっきのQとの関係で物が良ければ高くてもいいという人もいる。とにかく安くないと嫌という人もいる。定価から値引かないと気に入らないという人もいますね。これも考え方を聞く。

D。デリバリー、納期なんですが、これも短納期をとにかく要求するとか、多少コストがかかっても早く入れてほしいという場合もあるし、多少遅れてもなるべく安く買いたいという人もいますよね。あとは商材によってはデリバリーの体制とか。そこをどう判断するのか聞く。

K。キーマン、意思決定する時の決定権者ですね。社長さんか、◯◯部長さんかもしれないし、場合によっては現場の担当者の判断が非常に有効な場合もありますよね。この商品を買うか買わないかを決める決定権者は誰なのか、または決定機関が役員会なのか月初の会議で決めることなのかなど、そういうことを聞く。

T。タイミング、購入時期の問題。「いつ買おうと思っているか」という話ならわかりやすいんだけど、今のリース契約がいつ切れるかとか、法人だと決算がいつだとか、創立記念日がいつなんだとか。個人だと誕生日や入学や卒業などの節目とか。
そういうタイミングをどうはかるかという情報ですね。商品を買うにあたって、タイミングがどう影響するのかということを聞く。

R。リレーション、人間関係。まずは人間関係を重視する人なのかどうか。何回も顔出していると買ってくれそうな人もいれば、最後は結局モノを見て決めるぜという人もいる。
あとは法人の場合は親会社子会社、資本関係はどうなっているかとか。個人の場合には学閥とか親戚、知り合いとか、そういったことをなるべくヒアリングで聞く。

このQCDKTRによって、お客さんがどういう判断をするのかをヒアリングをして記録に残します。

 

■QCDKTRで脱「御用聞き営業」!

QCDKTRは一気に聞くのではなく、商談のプロセスの中で聞き出し埋めて行くものとのこと。それによってお客さまの判断軸を把握し、商談をリードすることができると長尾社長は言う。

 

長尾社長:全部一気には聞けません。これを立て続けに聞くと「お前、尋問する気かよ」ってなっちゃうから、商談の中で埋めて行くというかね。
逆に言うと、このQCDKTRの判断軸がわかっていないと、そもそも商談をリードすることができないということですね。結局お客さんに「どうします?もうちょっと安くしたら大丈夫ですか?」みたいなことをひたすら聞き続ける御用聞き営業しかできないんです。
だけど商談のプロセスの中でQCDKTRをちゃんと把握して行くと、「◯◯様ですから、きっとこういうご判断をされると思いますけどね」と、こちらがリードしながら商談を進めて行ける。
タイミングもわかっているので「◯月からお始めになられるんでしたら、▲月中にはご決定いただいたらいいですね」とか「お嬢様が3月ご卒業ということなんで、年内にはここまで決めておきたいですね」というようなことをちゃんと把握して、クロージングの時にピシッと迫れることになりますよね。

こういうことを意識すると、ヒアリングが苦手な人もだんだん充実していく。うまく言おうとする必要はないので、確実に聞いていくということです。

 

松尾アナ:これだけ項目があると、無言になっている暇がなくなるくらいですね(笑)

 

長尾社長:そうそう(笑)。

【営業力や経営戦略に悩む方におすすめの1冊!】
『コンタクトレス・アプローチ テレワーク時代の営業の強化書』長尾一洋 著/KADOKAWA

 

■長尾社長へのご相談を募集中!
『長尾一洋 ラジオde経営塾』では、パーソナリティ長尾一洋へのご相談やメッセージを募集しています。お仕事のお悩みや、経営戦略のご相談などに長尾一洋が番組内でじっくりご回答いたします。
【投稿フォームはこちら】
https://form.run/@joqr-keiei

【番組情報はTwitterアカウントからも発信しています】
@keiei916

皆様のフォローをお待ちしております!

 

※番組内のビジネス相談部分はPodcastでも配信中!今までの相談をまとめて聴きたい方にもおすすめです。

Facebook

ページトップへ