10月9日は「出雲駅伝」radikoで大学三大駅伝中継を聴こう!

「大学三大駅伝(学生三大駅伝)」の幕開けとなる「第35回出雲全日本大学選抜駅伝競走(以下:出雲駅伝)」が、10月9日(月・祝)に開催されます。radiko(ラジコ)で中継をお楽しみください。

「出雲駅伝」とは?

1989年に創設。正式名称は「出雲全日本大学選抜駅伝競走」で、日本学生陸上競技連合と出雲市主催の駅伝大会です。毎年スポーツの日(旧・体育の日)に開催され、大学駅伝シーズンの幕開けを飾る大会として位置付けられており、11月第1日曜に開催される「全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)」、1月2日・3日に開催される「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」とともに、「大学三大駅伝(または学生三大駅伝)」と称されています。

出雲大社正面鳥居前をスタート地点、出雲ドーム前をゴール地点とし、大学20チームが6区間・45.1kmにわたる出雲路を駆け抜けます。三大駅伝の中では全体の区間が他と比べて短く、順位変動も目まぐるしいスピード駅伝になる傾向が多い大会としても知られています。

「出雲駅伝」公式サイト

「出雲駅伝」注目の大学・選手

昨年度、史上5校目の学生駅伝3冠を達成した駒澤大学。ハーフマラソン日本人学生歴代1位(1時間0分11秒)の記録を持つ篠原倖太朗選手(3年)や、10000m日本人学生歴代3位(27分41秒68)の主将・鈴木芽吹選手(4年)ら学生トップクラスの選手が揃っています。箱根駅伝のメンバーから外れた花尾恭輔選手、唐沢拓海(ともに4年)も復調しており、今年度も学生駅伝を引っ張ります。

昨年度は出雲と全日本で2位、箱根で4位と好成績を残した国学院大学。今季も主力メンバーの多くが残り、主将の伊地知賢造選手(4年)、平林清澄選手(3年)、山本歩夢選手(3年)らがエントリー。選手層も厚みが増しており、2度目の出雲制覇へ向けて強力な布陣が整っています。

昨年度は2年ぶりの無冠に終わった青山学院大学。佐藤一世選手(4年)や若林宏樹選手(3年)のほか、これまで学生3大駅伝未出走の鶴川正也選手(3年)と野村昭夢選手(3年)がメンバー入り。上級生主体のチームで5年ぶりの優勝を目指します。

「出雲駅伝」出場チームはこちら

「出雲駅伝」中継番組

文化放送スポーツスペシャル 第35回 出雲全日本大学選抜駅伝競走 実況中継
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜 13時00分~15時30分
番組ホームページ
公式X

※放送情報は変更となる場合があります。

山の神・柏原竜二がナビゲーター 文化放送『箱根駅伝への道』

文化放送では、大学、学生ランナーを応援する番組『箱根駅伝への道』が10月3日(火)にスタート。東洋大学OBで二代目・山の神として活躍した柏原竜二さんが今シーズンもナビゲーターを務め、大学駅伝のクライマックス「箱根駅伝」出場を目指す選手や監督のインタビューをお届けしながら、学生長距離界の今を伝えていきます。

柏原さんは、10月3日(火)から始まるナイターオフ番組『文化放送スポーツスペシャル』(毎週火曜~金曜18時~)で、火曜日のパーソナリティを担当することになり、アマチュアスポーツにスポットライトを当てる番組『柏原竜二の学ラン!』がスタートします。

文化放送スポーツスペシャル 柏原竜二の学ラン!
放送局:文化放送
放送日時:毎週火曜 18時00分~18時45分
出演者:柏原竜二、斉藤一美
番組ホームページ
公式X

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ