辛坊治郎がABCラジオに初登場!早くもレギュラー化を画策?

元読売テレビアナウンサーの辛坊治郎が、5月11日(土)夜9時5分から『辛坊治郎のズバリ&どうよ!』と題し、ABCラジオで初冠番組となる生放送のパーソナリティを務める。今、知りたい時事問題を取り上げ、彼の口癖でもある「それって、どうよ!」の精神で“真実”に迫り、シンプルに分かりやすく解説。さらに“物や道具へのこだわり”や、アジアを中心にバックパッカーを続ける“旅の話”など、彼ならではの視点で熱く語る番組になりそうだ。

この放送に先立ち、辛坊は5月8日(水)『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』(毎週月曜~木曜 午前9時~12時)にゲスト出演。初対面という三代澤アナを「ABCに初めて来ましたが、キレイな建物ですね。セキュリティーもしっかりしてるわぁ」と褒めちぎり、その後はマシンガントークが炸裂!かつて東京で1週間のニュースのまとめ的なラジオを約5年担当していたが「さすがにしんどくなってきて。そこから、有難いことに週末にニュースのまとめみたいなことをやって欲しい、というリクエストが結構来てるんです。で、関西でどこかやらせてくれないかなと思っていると、ABCさんが1回ぐらいならというので、それ乗った!と言うて」。しかし単発と言いつつ「放送事故もなかったら、7月くらいから週1ぐらいでやらしてくれると有難いな。」とぶっちゃけた。

ゲスト出演後、5月11日に生放送する『辛坊治郎のズバリ&どうよ!』について、「7月以降のレギュラーを目指したパイロット版だと思ってます。いけるかどうかは11日の放送にかかっている。でも1回で玉砕するのもカッコいいかなと。遠慮する気は全然ないです。ただ迷惑をかけないように、一歩手前ぐらいまではいいだろうと。でも、生放送は恐いですね。ABCはスゴイなと思います」と苦笑い。番組は、「中心部分として1週間のニュースみたいなもののしゃべり」があり、「自称・バックパッカーですので、高齢者のための個人旅行のノウハウとか」。さらに「将来的には同時進行で動画をユーチューブにあげたい」と、辛坊の頭の中で展開が広がっているもよう。5月11日の生放送に注目したい。

辛坊治郎のズバリ&どうよ!
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週土曜 21時05分~22時00分
出演者:辛坊治郎

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ほとんどのことは大丈夫」 元陸上・為末大が語る“子育て”論

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(4月5日放送)に、男子400メートルハードルの日本記録保持者・為末大が出演。自身の子育て論について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):為末さんは現在、子供達にハードルを教えていらっしゃるのですよね。心掛けていることはありますか?

為末:最初は、ハードルを1人ずつ跳んでもらっていたのですね。そうすると、誰かが転んだ途端にみんな恐怖で震え上がって、誰も跳ばなくなってしまったのです。これではいけないと、ハードルを5列にしました。同じように跳んでもらったけれど、また転んでビビってしまう。だから最後は5列のハードルで、前の子が転んでも関係なく、後ろの子がスタートするようにしたのです。そうすると転んだ子供も、後ろが来ているので仕方がないと進みます。
これで確信したのが、失敗したときにいちばん傷つくのは「膝」ではなくて、「人から見られていること」だと。転んだ瞬間、誰も見ていない状況をつくると、案外みんな跳んで行くのです。ハードルの高さも変えてあるので、高いところへ行ってもいいし、ダメなら低いところへ行ってもいいよと言うと、みんな自分に合ったところに行きます。気分が乗って来たら高いハードルへ行って、「跳べてラッキー!」というような。ハードルは足の速さと違って、高さを自分で選べるので便利です。

淵澤:ちょっとした工夫で、子供達の心は変わるのですね。

為末:いちばんやってはいけなかったのが、転んだ瞬間に「大丈夫?」とみんなが行くこと。いちばんいいのは無視することです。

淵澤:なるほど。――最後に、ラジオの前の子育て中のママやパパへ、メッセージをお願いします。

為末:ほとんどのことは「大丈夫」という感じがするのですよね。うまく行かなかったり、あきらめても大丈夫。僕は小学校6年間、通信簿に「授業中、黙っていられない」「先生の話を聞けない」と書かれていました。でも陸上教室に行ったら、黙っていられないということを「この子は好奇心が強い」と言われたのです。弱点と思っていることは、環境を変えると急に長所になることがある。いまの環境に合わせようとするよりも、迷惑をかけない程度に、ちょっと折り合う程度でいい。活きる場所へ行けば急に伸びることがあるので、なるようにしかならないから、ほとんどのことは大丈夫です。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ