音楽とサーフィンを愛するアーティストが集結! bayfmの公開録音フェス「Surf in MUSIC」レポート

Surf in MUSICプロジェクトライブを今年はbayfm公開録音として実施! ©Surf in MUSIC

音楽でサーフシーンを支える人にエールを

東京2020オリンピック・パラリンピックの正式種目になったサーフィン。大きな注目を集める今、サーフィンを音楽の力で盛り上げ、応援することを目的に立ち上がったのが、「Surf in MUSIC」プロジェクトです。

このプロジェクトのもと、音楽とサーフィンを愛して止まない大黒摩季、光永亮太、MOOMIN、GAKU-MC、東田トモヒロ、SPiCYSOL、セレイナ・アン、WATARU、DJ TSUYOSHIが「波音組」(はねぐみ)を結成。サーフィン日本代表「NAMINORI JAPAN」の選手はもちろん、サーフィンの普及に努める人、海辺の環境保護活動を行う人など、サーフシーンを支えるすべての人たちに、「音の波」でエールを送っています。

 そんな中、5月25日(土)に千葉県いすみ市の「太東ビーチパーク」で、入場無料の公開録音野外フェス「Surf in MUSIC bayfm 30th anniversary special」を開催。3回目となる今年は、雲ひとつなく晴れ渡り、波音組の想いに共感するたくさんのサーファーとオーディエンスが集まりました。

スペシャルコラボが続々実現!

オープニングアクトを務めたのは、bayfm「OCEAN TRIBE」でおなじみのDJ TSUYOSHI。ノンストップDJプレイで会場を大いに沸かせると、WATARUにバトンタッチ。デビュー曲の「Hawaii」と「Like A Bird」を披露しました。続いて登場したセレイナ・アンは、自身の看板ナンバー「Good Day」をアコースティックで披露し、SPiCYSOLのKennyとアコースティックギターで、Taylor Swiftの「Everything Has Changed」を演奏。会場はピースフルな雰囲気に包まれました。

 

 SPiCYSOLは2nd Album「Mellow Yellow」のリードシングル「Mellow Yellow」と「Coral」に加え、初公開となる新曲をサプライズで披露。波音組のリーダーにして、すっかりbayfmの朝の顔となった光永亮太は、バックバンドにSPiCYSOLのメンバーを引き連れたスペシャルバージョンの「Believe in Love」と、本人いわく“名刺代わりの一曲”の「Always」で、会場を大いに盛り上げました。

 ジャパニーズレゲエの第一人者・MOOMINは代表曲、キミノトナリなどを歌い終えると、ステージに大黒摩季と光永亮太を呼び込み、残念ながら荒天のため中止になってしまった、昨年の「Surf in MUSIC」でやるはずだった「Ride On」を披露。東田トモヒロは光永亮太を迎え入れ披露した「Indigo Blues」で会場をチルな雰囲気に包みこむと、盟友・GAKU-MCと「STAY GOLD」で共演しました。

 このように、「Surf in MUSIC」だからできる、スペシャルなコラボが続々実現。見どころしかないと形容されるフェスは、夕暮れが近づくにつれて会場のボルテージが徐々に高まっていきました。

このライブの模様を凝縮し、bayfmで明日5/30 19時からおよそ2時間にわたりオンエアします。乞うご期待です!

夕暮れのビーチがやさしい歌声に包まれる

会場に西日が差し込み、夕暮れの気配を感じさせる頃、GAKU-MCのスペシャルステージがスタート。EAST END×YURIのメガヒットナンバー「DA.YO.NE」「MAICCA~まいっか」など、自身の代表曲をパクった(?)メドレーナンバー「もしもラッパーじゃなかったら」など3曲を披露。「盛り上げるのは俺に任せろ」と言わんばかりの圧巻のステージングでグルーブ感を演出すると、最後は光永亮太とSPiCYSOLのPETEとのコラボで「昨日のNo, 明日のYes」を披露しました。

 ラストを飾ったのは大黒摩季。「熱くなれ」「夏が来る~いちばん近くにいてね メドレー」などの夏の名曲を披露すると、会場のボルテージは最高潮に。アンコールはオールキャストがステージに集結して、大黒摩季の「ら・ら・ら」を大合唱。ステージ前のオーディエンスはもちろん、ビーチで休憩中のサーファーや、海水浴に来た地元の子どもたちもその輪に加わり、夕日に照らされたビーチ一帯がやさしい歌声で包まれました。会場にはえも言われぬ一体感が生まれ、感極まって涙を流す人も現れる、印象的なステージになりました。

最後は、この日のために波音組がつくった新曲「君のままに~Shaka♬シャカ You’ll be all right~」で、サーフシーンをこれからも盛り上げていくことを誓い合って、ステージは幕を閉じました。「Surf in MUSIC」は来年の開催が早くも決定しており、これからも波音組の活動から目が離せません。

Surf in MUSIC bayfm 30th anniversary special
放送局:bayfm78
放送日時:2019年5月30日 木曜日 19時00分~21時00分
出演者:DJ TSUYOSHI、大黒摩季、光永亮太、MOOMIN、GAKU-MC、東田トモヒロ、SPiCYSOL、セレイナ・アン、WATARU
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

日本の古代漁法「鵜飼」を通して、持続可能な伝統社会について考える

東海ラジオでは、特別番組『語らい~鵜に学べば~』を、5月28日(土)19:00~20:00まで放送する。「鵜飼」は鵜を使い鮎を獲る日本の古代漁法。現在、全国11ヶ所で行われているが、どこも、観光客の減少、コロナ禍、後継者不足などの問題に直面している。

Facebook

ページトップへ