ライター・トロピカル松村が聴くbayfm GMJ: DAY3 『湾岸シティポップドライブ』

©bayfm

Day3.シティポップ猛者たちが “妄想ドライブ”に連れて行ってくれた!

昨日までの二日間は、すさまじく内容の濃いbayfmのGW特番『GOLDEN MUSIC JOURNEY』に頼って、思いっきり音楽の旅を楽しませてもらった。

「9の音粋」のレギュラーDJ陣らがポップスをさすがの視点で切り取ったDay1も、松尾潔さんらがあらゆる角度から大人のR&Bを楽しませてくれたDay2も、甲乙つけがたい内容だったけど、今日は待ちに待ったDay3!13時から19時までの6時間、たっぷりシティポップサウンドが楽しめる「湾岸シティポップドライブ」の日だ。

こんな機会はまたとない、当然チャンネルを78.0MHzに!せっかくのGW最終日なのに外はやたらと風が強く、どんよりとした天気でキブンが乗らない感じ。ガックリした人も多いと思うけど、実はそんなときこそシティポップの真骨頂!

番組タイトルから察するにシティポップがドライブに連れて行ってくれるらしいから場所なんて問わない。ドライバーはシティポップブームの立役者のひとりとして名高い、流線形のクニモンド瀧口さんと、「9の音粋」火曜DJのトムセン陽子さん。スペシャルゲストにイラストレーターの永井博さんや、アーティストの一十三十一(ひとみとい)さん、韓国人プロデューサーでDJのNight Tempoも登場。

知ってるつもりで、実はわかっていなかった、幅広いシティポップをここぞとばかりに勉強させてもらった!

 

年代も様々!シティポップってやっぱり奥が深い!

聞くとやっぱりサブスクでは出会えない音楽や、インターネットでは知れない情報がいっぱい。

70年代中期のトロピカル&エキゾチックブーム期(13:28)から、クニモンド瀧口さんが思う90年代のシティポップ(13:42)までを味わえてジャンルの概念が広がる! 14時台になってNight Tempoが韓国からリモート出演して、なんとこの番組でしか聴けないノンストップ・ミックスを披露してくれたし(14:19)、メディア初だという新曲もかけてくれて(14:36)、本当に聞いていて良かった!

父親が日本から買ってきた中山美穂の「catch me」で日本の音楽に興味を持ったという話にもびっくり。そして一十三十一(ひとみとい)さん。北海道で生まれた頃に両親がビッグサンという“トロピカルアーバンリゾートレストラン”を営んでいたらしく、永井博さんの画のようなレストランでシティポップを流していたらしい(15:34)。ルーツもずるいし、声も歌も美しすぎた(15:34)。

他にもイタリア人シンガーが日本語で歌った曲や(15:46)日本人が英語で歌う曲など(16:03)シティポップの奥深さを改めて感じる。ここでこれまで上手に進行していたトムセン陽子さんがミレニアム世代、つまり現代のサウンドをチョイス。メロコアバンドが奏でるシティポップ(16:25)や、台湾のシティポップ(16:35)を紹介! 2021年にこんなにたくさん70~80年代的なサウンドがあるんだなと、また学習。

いよいよ、シティポップを代弁するようなグラフィックを多数世に輩出してきたイラストレーター永井博さんが登場。永井博さんが画の書き方や、大滝詠一さんとの出会いなどを話してくれて感激(17:05)。これはなかなか聞けるもんじゃない!マドンナの「Papa Don’t Preach」のPVに永井さんの画が飾られているとか(17:29)、20代の若いDJと一緒にクラブで曲をかけているとか、興味深い話がいっぱい。レジェンドなのに等身大なのがさらにレジェンダリー!

遂に18時台。アーバンブギ―な曲(18:03)から、ジャジーな曲までトワイライトタイムも堪能。トムゼン陽子さんが“気持ちいい”という言葉を連発していたけど、ホントにドライブに行ったかのように気持ちいい6時間を過ごすことができた。ありがとうシティポップ!Thank you!『GOLDEN MUSIC JOURNEY』!

※記事中下線部分で該当箇所がお聴きいただけます。

当日の模様など写真はこちら

〈トロピカル松村プロフィール〉
1988年兵庫県芦屋市生まれ。編集者。活動媒体はPOPEYE WEB、BRUTUS、昭和40年男など。趣味はタイムトラベル。著書『トロピカルレコード』と『80年代サーフ&ディスコ伝説』(ともに銀河出版)を近日発売予定。

©bayfm

GOLDEN MUSIC JOURNEY3日間を振り返る

5月3日(月・祝)「究極の音粋」

月-木の夜9時からオンエア中、真剣邦楽選曲番組「9の音粋」月曜DJのスージー鈴木とミラッキ大村、水曜DJの藤田太郎の3人がタッグ、この日ならではの“9”ならぬ、“9極(究極)”の音楽調理を展開!スペシャルDJに、渡辺美里、スペシャルゲストにドリームズ・カム・トゥルーの中村正人が生登場します。

5月4日(火・祝)「松尾潔のメロウな休日」

久保田利伸、平井堅、CHEMISTRY、EXILE、JUJUなど数々のヒットを生み出す音楽プロデューサー、作家、DJとマルチに活躍する”KC”こと、松尾潔さんが登場。R&Bをはじめ国内外のレジェンドアーティストのとっておきの1曲や、初の長篇小説『永遠の仮眠』(新潮社)をもっと楽しむための音楽、ゲストの音楽評論家、林剛と描き出す妄想R&Bフェスまで、小島麻子とともにあなたのメロウな休日をプロデュースします。

5月5日(水・祝)「湾岸シティーポップ・ドライブ」

日本のミュージックシーンで今熱いムーブメントとなっている「シティ・ポップ」の必須シチュエーション、“ベイエリア”“シーサイド” “シティ・リゾート”への空想ドライブへいざなう6時間。DJは、シティ・ポップリバイバルの立役者的プロジェクト「流線形」の主宰、プロデューサーのクニモンド瀧口。アシスタントDJはトムセン陽子。スペシャルゲストに、大滝詠一作品「A LONG VACATION」のジャケットでもお馴染み、イラストレーターの永井博さん。“媚薬系”とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルが魅力のアーティスト、一十三十一さん。海外のシティーポップブームの立役者、韓国人プロデューサー、DJのNight Tempoが登場します。

bayfm GOLDEN MUSIC JOURNEY~湾岸シティポップドライブ~
放送局:bayfm78
放送日時:2021年5月5日 水曜日 13時00分~4日 火曜日 24時00分
出演者:クニモンド瀧口、トムセン陽子、永井博、一十三十一、Night Tempo
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

日本の古代漁法「鵜飼」を通して、持続可能な伝統社会について考える

東海ラジオでは、特別番組『語らい~鵜に学べば~』を、5月28日(土)19:00~20:00まで放送する。「鵜飼」は鵜を使い鮎を獲る日本の古代漁法。現在、全国11ヶ所で行われているが、どこも、観光客の減少、コロナ禍、後継者不足などの問題に直面している。

Facebook

ページトップへ