映画監督から見た「学校」のおもしろさとは? 松居大悟に聞く

映画『不死身ラヴァーズ』が公開中の松居大悟監督が、同作の構想や制作の裏側を語った。

松居が出演したのは、J-WAVEで5月9日(木)に放送された新番組『PEOPLE'S ROASTERY』(ナビゲーター:長井優希乃)のワンコーナー「MY FIELD NOTE」。木曜日のこのコーナーはさまざまな分野から表現する人、クリエイトする人をゲストに迎えてトークを展開する。

初めて自分がやりたいと思った原作だった

劇団ゴジゲン主宰で映画監督、またJ-WAVEで水曜深夜に放送の番組『RICOH JUMP OVER』のナビゲーターを務める松居の新作映画『不死身ラヴァーズ』が5月10日に公開となった。
『不死身ラヴァーズ』あらすじ
長谷部りの(見上 愛)は、幼い頃に“運命の相手”甲野じゅん(佐藤寛太)に出逢い、忘れられないでいた。中学生になったりのは、遂にじゅんと再会する。後輩で陸上選手の彼に「好き」と想いをぶつけ続け、やっと両思いになった。でも、その瞬間、彼は消えてしまった。まるでこの世の中に存在しなかったように、誰もじゅんのことを覚えていないという。だけど、高校の軽音学部の先輩として、車椅子に乗った男性として、バイト先の店主として、甲野じゅんは別人になって何度も彼女の前に現れた。その度に、りのは恋に落ち、全力で想いを伝えていく。どこまでもまっすぐなりの「好き」が起こす奇跡の結末とは――。
公式サイトより)

長井:私もこの映画を拝見して、長谷部りのの“好きオーラ”に私が圧倒されながら、だんだん引き込まれて、今、私もこんな風に「好き」って言いたいって(笑)。

松居:気持ちってだんだんごまかしたり言わなくなったり、匂わせたりとかになっていくけど、結局中学生くらいのときくらいの、おいしいとか楽しいっていう感じが、キラキラしてまぶしいですよね。

長井:恥ずかしさとかがない「好き」というのって、尊いなって感じました。

『不死身ラヴァーズ』は高木ユーナの漫画が原作。松居はこの作品と出会ってから10年以上に渡ってこの映画の構想を温めていたという。

長井:原作と出会って、どんな衝撃を受けましたか。

松居:人間のパワーというかエネルギーみたいなものとか、すごくプリミティブな、好きだから走るみたいなものに憧れてしまうというか。人ってこうあったらいいのになって思うまぶしさみたいな。この漫画の独特なちょっとコメディっぽいところもそうだし、でも両思いになったら消えるっていうホラー性と、ジャンルにくくれない面白さ、得体の知れない面白さがありましたね。

長井:映画化したいって思い続けた期間は、どんな気持ちだったんですか。

松居:時々、(映画化はできないかもと)心が折れたりはあったんですけど、この作品は、自分が12年くらい前に映画監督でデビューして初めて自分がやりたいと思った原作なんです。年を重ねていろんな作品をするようになっていたけど、最初の気持ち、自分にとっての初期衝動だったから、そこに対してこだわりたいというか。大人になるにつれてどんどん初期衝動が遠くなっていっちゃうし、規模が大きい映画とかどうすればヒットするかとか、そっちの脳みそになっていくけど、「昔はやりたいからやってたんだよな」っていうときの気持ちに立ち返った感じですかね。

くるくる表情が変わる見上 愛の芝居を見て…

映画『不死身ラヴァーズ』では、原作から主役の2人が男女逆転した設定になっている。

松居:10年以上前、最初に考えていたのは原作通り男の子が「好きだ、好きだ」と言って、女の子が振り向いたら女の子が消えるっていうもので、台本もその方向で作っていたんです。今回あらためて作り直そうと思ったときに、じゅんを演じられる役者さんが思いつかないというか、どういう人がいいだろうなって思ったんです。まず消えるほうの、りのをオーディションして探そうとしたときに、見上 愛さんに来ていただきました。見上さんのお芝居はくるくる表情が変わるし、1秒先を読めないお芝居をしていて。それが僕は原作にも重なって、次が読めない作品ではあるから、見上さんが追いかける側の人になったら、じゅんの方向性も見えてくるし、とてもいいかもって思って原作者にも確認しました。

原作者の高木ユーナはそれを聞いて「魂が一緒であれば大丈夫」と了承してくれたので、男女逆転の脚本を作っていったという。

松居:そうしたら佐藤寛太さんがいいなってことで、男女を入れ替えました。

長井:見上さんからインスパイアを受けたんですね。

松居:そうですね。見上さんが『不死身ラヴァーズ』の映画を形作ってくれた感じはあります。見上さんの演奏シーンがあるんですけど、あれももともとはなくて、(原作には)高校の軽音部のシーンだけしかなかったんです。でも見上さんがもともと学生時代にバンドをやっていて、しかもお父さんの影響でGO!GO!7188の『C7』という曲をカバーしていたというので、その曲の歌詞が『不死身ラヴァーズ』に重なりすぎて、これはすごいなってことでその演奏シーンも増やして行ったのもあるので、すごく見上さんの存在が大きいですね。

【関連記事】松居大悟監督×見上愛の対談。GO!GO!7188との“奇跡的偶然”とは?

言葉以上に映画が共通言語になったら

長井は「映画で印象的だったのが学校のシーンが多いこと」と言い、監督目線では学校はどういうところが興味深いかと質問した。

松居:ちぐはぐに見えるというか。みんなまだ人格がしっかり形成されていないから感情がまだまだ複雑な状態。うれしくて楽しくて悲しいとか全部混ざった状態だけど、1回みんなこっちの方向を向いて「何時からは授業をしよう」とか、整ったり整わなかったりが混ざり合っている感じがする。僕は青春って何だろうと思ったときに、いろいろ片付いてないというか言語化されていない状態なのかなと。まだ原色なままの感じがするから面白いなって思いますね。

長井:整っていないっていうのはわかりますね。自分が中学生の頃とか思い出すと、全然整ってなくて(笑)。常にモヤモヤしたりしているし、ピュアな感情の表現の仕方もわからないのに表現しようとして失敗したりとか。

松居:「じゃあ、何時から授業です」と言われたときに、早めに気づける子もいればちょっと遅れる子もいて、1回地図があるからそこをどう外れているかも見えてきたり、それが個性に見えたりする感じもありますね。

『不死身ラヴァーズ』は4月に第14回北京国際映画祭で上映された。現地ではどんな反応だったのだろうか。

松居:僕はこの映画祭は4年連続で出品させていただいているので、自分のこれまでの作品を観ている方も多かったです。田中という役を演じた青木 柚くんと行ったんですけど、中国の方の熱量がすごくて。上映後に質問に答える時間があるんですけど、日本だと2、3人が手を挙げてが続いていくけど、このときは3分の1以上の人が手を挙げて。なんなら当ててほしいから両手を挙げたりとか、立ち上がってジャンプしたりとか、すごく主張が強くて。それで当てたらすごく喜んでくれて。

長井:松居さんもうれしくなりますよね。

松居:物語の質問もそうだし、「前の作品だとこう表現していたけど、なぜ今回はこういう映画をしようと思ったのか」というところまで質問してくれるので、映画への愛情もあるし、譲らない感じ(がした)。国民性かもしれないですけど、ぐいぐい行く感じも面白いですね。

長井:自分の作品が世界に広がっていくことについては、どんな思いですか。

松居:それはすごく大事だなというか。映画という総合芸術をやっているからこそ、字幕を付ければ海を越えて、僕らはこういう価値観で何かを感じている。街をこういう風に歩き、こういう気持ちでご飯を食べて、友だちとか恋人はこういう距離感であるみたいなことを海の向こうの人に伝えたりとか、逆にこう感じたんだって会話ができたりするから、青木くんとは「言葉以上に映画が共通言語になったらいいよね」って話はしていましたね。だから今後もそういう風にして、今の日本で感じられることなどを作っていけたらと思います。

公開を記念して、鑑賞者には原作者・高木ユーナの直筆オリジナルポストカードのプレゼントキャンペーンもおこなっている。詳しくは、映画『不死身ラヴァーズ』の、公式サイトまで。

好奇心を刺激するゲストコーナー「MY FIELD NOTE」の放送は、J-WAVEで毎週月曜から木曜の14時ごろから。
タグ

#135 パセリーズがマジメで義理堅いアゴが割れた男の話をした日曜地獄

オープンニングトーク

「サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー(ニッポン放送)」
にてサンドウィッチマン伊達さんが岡田師匠と一緒にゴルフに行ったエピソードを話してくれたということで大量のメールがおかしば宛てに着ておりました、ありがとうございます。
「LFパワー」恐るべし、初めて聞きます!という内容が複数書かれており、全員浮かれていて、終始掛かり気味でした、ヒヒーーーン🐴
甲斐ちゃんはいつもより跳ねる様に台本を読んでいるということで、しばんちゃんポリスによそいきモードだと捕まっておりました。

そんな状態で迎えたオープニングトーク、もちろん岡田師匠による「ゴルフに行った話」
メンバーはサンドウィッチマン伊達さん(伊達ちゃん)、次長課長河本さん(タンメン男)、そしてアンタッチャブル山崎さん(アゴ割れ男)です。
※()内は師匠の呼び方です。
とにかくいつものザキヤマさんのノリで大変な目に遭ったという話でトークは展開していきます、その辺りはサンドウィッチマンさんのラジオでもお聴きになれます。
岡田師匠の第一声も「おのれの相方のクレームや!」から入っており、しばんちゃんも「えっ、何かあるんすか?」とすでにザキヤマさんから話を聞いていたそうで、用意していたすっとぼけを披露。
3人に4000円のウナギをご馳走、更にキャディーさんへのお茶セットも知らない間に師匠のロッカーナンバー払いになっている始末。師匠のロッカーナンバー「280」がグリーン上で飛び交っていたようです。お会計の際には笑えない額を請求され、師匠の涙でコースに池が1個増えたとか。
ただ御社「おかしば」ではまさかまさかのザキヤマさんの良い話をしております。
岡田「散々アゴ割れ男のヒドい話をしましたが、ただ、ただ、営業妨害になるかもしれないが、実は2人目の子どもをどうしようか悩んでいる時があったのよ」
柴田「はい」
岡田「奥さんは欲しいって言ったけど、俺は年齢的な部分でどうしようかな~って思ったんよ」
柴田「はい」
岡田「かなり昔の話ね。子ども2人目どうしようかな~ってゴルフ帰りに車であの男にしたのよ。そしたらパッと表情変えて言ってくれたのよ」
柴田「はい」
岡田「そんなの岡田さん、最終的に決めるのは奥さんですよ。やっぱり大変のは女性なんだから女性が決めるもんですよ、ってポッと一言言いよんねん。それ言ってまたカァ~~っていびきかいて寝たんやけど」
柴田「あはははぁ~」
岡田「その言葉がずっと頭の片隅に実はあって、そこで決断したところが実はあんねん」
柴田「そうだったんですね」
岡田「あの無責任なテキトーな男ですが、実はすごい考えてるんですよ。逆に営業妨害してやりますよ。実は凄い子煩悩で義理堅く、メチャクチャいい奴なんです。あざ~~すとかやってますけど、アレは真っ赤なウソですから!」
思わぬ着地のエピソードトークでしたが、良い話が聞けて良かったです!
おかしばスタートです!

ゲスト「東ちづる」さん

実は師匠と多くの共通点があるという事が判明。
まずは出身大学が一緒です。
そして実は元松竹芸能所属、最近話題の「脱竹」の最初の第1号だったようです。
師匠曰く東ちづるの黒歴史だったそうで(ちづる姐さんは黒歴史ではないと言ってます)、ネタを作ってスタンダップコメディーなどをされていたそうです。
俳優さんのイメージがありますが、実はそこに辿り着くまでに番組リポーターや料理番組のアシスタントなど、以前からマルチな部分を発揮していたことが判明しました。
またクイズ番組に頻繁に出演していた時は、何をしていてもクイズのことを考えてしまっていた様で大変だったそうです。
ただ師匠がやっている「クイズ!脳ベルSHOW」はクイズではなく「とんち」だから気が楽みたいです。
鍛え上げられた二の腕も披露してくれています。

メッセージテーマ

今週のメッセージテーマは「子育て事件簿」です。
先週岡田師匠がお子さん誕生を発表したという事でこちらのテーマになりました。
沢山のメールが着ておりました、ただ・・・まず全員が浮足立っており中々メール読みに行かず、所さんの物まねで「ひどいですね~」を連呼、「一旦CMです」という懐かしいタモリさんの物まねを思いつきで発射、とにかくお馴染みのメールに中々行かない流れが発生してしまった事をこの場を借りてお詫びします。
さらにそこからしばんちゃん(審査員男)による「THE・SECONDの話」
全員を応援する気持ちで見てしまいM-1とは違った見方をしているとのこと。頑張れ!という気持ちが強すぎて一緒に見ていた奥様に「笑ってないじゃん」と言われてしまったそうです。
「THE・SECOND」トークは本番前から繰り広げられており、師匠もみんな上手いよなぁ~と感嘆の声を上げておりました。
※本番中に出た岡田師匠がマシンガンズさんが優勝したと本気で思っていた部分は記憶から根こそぎカットでお願い致します。またしばんちゃんが「マシンガンズ」を「ザ・マシンガンズ」と急にザが付いていますが、そんな事もあります。
気を取り直して、送って頂いたメールではテーマに沿った真っ直ぐなメールに戸惑うシーンがあったり、「家で料理をやっていないことが息子の家族ごっこ」で近所の人たちにバレてしまったメールを紹介しました。
するとしばんちゃんも家では台所に立たせてもらえないエピソードと共に奥様への変わった愛情表現を発表。
柴田「奥さんに、それまな板使わないでいいじゃんとか言われてる」
柴田「愛されたい」
柴田「奥さんに触りたい」
柴田「奥さんの匂いをかいで触りたい」
岡田「そういうむき出しの言葉いらんねん」

爆笑!おかしば大喜利

今週のお題は「助っ人外国人が3日で帰国、その理由とは?」
たくさんのメールありがとうございます。初めて見るリスナーさんの名前もあり、嬉しい限りです。チュンピニョーンになるとおかしばオリジナルTシャツを贈呈します。読まれないと嘆いている人、諦めないで!送らないと読まれません!とんちです!
そんな中でご紹介したいのが<ワンワンニャンニャン菊地夫妻>の回答です。
<ワンワンニャンニャン菊地奥様>
☆ドラマの予約をし忘れた
☆ペットに会いたくなってたまらなくなった
☆日本人を助けたくなくなった
☆日本の挨拶は「んちゃ!」だよ、と嘘を教えられた
☆ユニフォームのボタンが取れてしまったので、ママに縫い付けてもらうために一時帰国
<ワンワンニャンニャン菊地さん>
◎日本のガムが全然膨らまず、ガム風船が作れなかった
◎ヤクルトスワローズのオファーだと思ったら、ヤクルトレディーのオファーだった。
◎寮の部屋に3日連続、座敷童子が出た
◎ホームラン要員かと思ったら、バント要員で呼ばれてた
◎大袈裟にバッドフリップをやったら、監督の股間に当たり即解雇

来週のお題です。
『日本一セクシーなタクシードライバー、その特徴とは?』
回答例)シートベルトを締めないと、縄で縛られる。
回答例)車内でウトウトしていたら膝を貸してくれる

エンディング&きょうの業務連絡

エンディングトークでは「サンドウィッチマンのラジオショーリスナー」が送ってくれたメールを紹介しました。
文化放送も聞きます!というメールや岡田師匠がM-1王者だったことを初めて知ったという話もあり、そこからリスナーさんのラジオネームを羅列させてもらっています。知ってもらえるって嬉しいですね。
ただエンディングまで聞いてくれている人は1人もいないという哀しい話が飛び交い、来週からはサンドウィッチマンさんのリスナーさんの名前を1人呼ぶという謎の約束が交わされました、良かったらまた聴いてください!
来週メッセージテーマは「フリーーー」
久し振りのドフリーメールです。2人への質問や2人に教えたいこと、最近ハマっていること、どうでもいい話、「とりあえずメール!」の精神で過ごして下さい。

本番前は「THE・SECONDの話」と最近開設した「YouTubeの話」でした。
2人の局入りを撮ろうとカメラを回していて、2人が席について打ち合わせが終わったタイミングでカメラを止めたんです。
するとしばんちゃんの方からとにかく撮りまくれ!画角はこう!と的確な指示が。
こんなに協力的な演者さんっているのでしょうか。
有難い限りです、ただ2人ともYouTubeの見方は分からないそうです・・・。
SeeYou!

X:https://twitter.com/okashi_joqr
Podcast:https://podcastqr.joqr.co.jp/

Facebook

ページトップへ