山下達郎『SPACY』の魅力は? Yogee New Waves・角舘健悟が語る、アナログで聴くと気持ちがいいポイント

Yogee New Wavesの角舘健悟(Gt/Vo)が、お気に入りの山下達郎のレコードを紹介した。

角舘が登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOYOKASEI ANALOG TOK」。レコードをこよなく愛する方々をセレクターに迎え、自身のコレクションから“アナログで聴きたい名盤”をセレクト。実際にレコードに針を落とし、楽曲をお届けする。

6月のセレクターは角舘が担当。6月1日(土)の放送では、山下達郎のアルバム『SPACY』をセレクトした。

初めて買ったレコードを振り返る

1991年生まれの角舘健悟。アナログレコードとの出会いは大学時代に遡る。

角舘:僕のアナログライフのはじまりは大学1年生のときです。1万円ぐらいのプレイヤーに、今は都内に減っちゃいましたけども、「レコファン」という、500円で10枚ぐらいレコードが買えるレコ屋があって、そこでなるべく知っているレコードを買って流していました。初めて買ったのはたしかThe Selecterというスカのバンドとエルヴィス・プレスリーのLPだったと思います。

レコードから流れる音を聴いた角舘は、アナログならではの音像に大きく驚いたという。

角舘:LPはヘッドフォンで聴くのもいいですけど、コンポにつないで大きな音でスピーカーで流すのがいいわけです。全然違ったなあ。振り返ると、14年間ぐらいアナログと接していますね。そういうご縁もあってか、自分のバンドでアナログ盤をリリースするのが恒例になっています。

アナログ盤『SPACY』の魅力とは?

今回、角舘がセレクトした1枚は、山下達郎の『SPACY』だ。

角舘:山下達郎さんの音源は、サブスクにまずない。CD、カセットテープ、またはLPを買うしか聴く方法がないんですね。そんな中、達郎さんは最近LPを再リリースしまくりまして、ファンたちを喜ばせております。特に僕は『SPACY』というアルバムが大好きなんですよね。

『SPACY』は山下達郎が1977年に発売した、通算2作目のスタジオアルバムだ。

角舘:何がいいかと言いますと、まずビートがすごく強調されているところです。アナログとして聴くときに、とても気持ちがいいですね。1曲目の『LOVE SPACE』のドラムは村上 “ポンタ” 秀一さんなんですけども、ドラミングの音がマジでたまらないです。ベースが細野晴臣さん、 ピアノは佐藤 博さんと、僕の大好きなプレイヤーたちが集まっていて、それが楽曲の中でコラボレーションしているのがたまらないです。

続けて、角舘はレコードジャケットのデザインについて語る。

角舘:ジャケットもなんだか不思議ですよね。いわゆるパソコンの画面で見るのと実物では、全然見え方が違います。当時はLPが出るのが当たり前だったので、このサイズでリリースされることが前提とされているジャケットのデザインだから、このサイズで見ないと理解できないものがたくさんありますね。70年代のアルバムはまさにそうですね。

渡辺:角舘さんのお話でもありましたけども、アナログに向いている音楽性として感じられるのは、音楽の中の時間の豊かさですね。1曲を聴いている時間の中に、すごく豊かさがあるわけです。それがアナログに針を落として聴く時間の豊かさにつながるんですね。音楽性とも関係がある気がします。

6月のセレクターを担当する角舘。現在は6月8日のオンエアが、radikoタイムフリーで楽しめる。

2024年6月15日(土)28時ごろまで

Yogee New Wavesの最新情報は、公式サイトまで。

『RADIO DONUTS』のワンコーナー「TOYOKASEI ANALOG TOK」のオンエアは毎週土曜日の8時30分頃から。
タグ

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ