アメリカ発祥「X/Y/Z世代」って? あなたの世代の特徴は?

J-WAVEで放送中の番組『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。2月8日(金)のオンエアでは、“世代区分”について、早稲田大学助教&ライターのトミヤマユキコさんにお話を訊きました。


■アメリカ発祥「X/Y/Z世代」それぞれの特徴は?

日本では、「団塊の世代」「氷河期世代」「ゆとり世代」などの“世代区分”がありますが、海外では別の区分があります。トミヤマさんが紹介するのは、アメリカ発祥の「X/Y/Z世代」というもの。

トミヤマ:X世代は1960〜1970年代生まれの人といわれています。アメリカでは、ベトナム戦争、キューバ危機、ヒッピー運動など、盛り上がりと衰退みたいなものを10代で経験している人です。大人になると冷戦末期やソ連崩壊なども目にしています。
渡部:激動ですね。
トミヤマ:当時はテレビが爆発的に普及したので、直接経験していなくてもイメージとして頭に刷り込まれています。政治などと強く結びついていますが、失望も味わっている世代という感じですかね。

諸説ありますが、日本では「しらけ世代」「新人類」が相当すると言われています。高度経済成長や学生運動が盛り上がり、終焉を迎えるという、大きなうねりや失墜していく様を目の当たりにした、という点で共通しています。また、大きなうねりへの失望を知っているので、小さなものに関心が向きやすいとも言われているとトミヤマさん。また、オタクカルチャーが生まれたのもこのころと言われています。

トミヤマ:Y世代は、1980年代〜1995年頃生まれの人と言われています。デジタル環境がめまぐるしく変化しています。私はこの世代なんですけど、女子高生時代はポケベル、大学時代はPHSですね。初期の携帯を経て、卒業する頃にはスマホが入ってきました。アナログ感が残る機械の手触りも知っていますが、新しいテクノロジーにもどんどん触れている世代です。アップデートに忙しい時代だったかなと思います。

経済ではバブルとその崩壊を知っており、時代の波をうまく乗りこなす必要があったと振り返ります。安室奈美恵さんに憧れる「アムラー」が増えたのちに、タイプが違う「エビちゃん(蛯原友里さん)」や「もえちゃん(押切もえさん)」が流行したのも、この時代です。

トミヤマ:Z世代は1995年頃〜2000年代生まれの人を指します。
渡部:「新世代」ですね。
トミヤマ:生まれたときからある程度、デジタル環境が整っています。「デジタルネイティブ」と言われる世代です。SNSも余裕で使いこなしますし、基本的に常時接続という状況で生活しています。

特に日本では「不景気がデフォルトなので消費行動は堅実」とトミヤマさん。最大の特徴は、コミュニケーションが複雑なことだと言います。SNSで複数のアカウントを持っているのも珍しくなく、「いくつかの人格を使い分けて出入りするコミュニティを分けている」とも。これは、自分をアップデートさせていく必要があったY世代との大きな違いです。


■“世代分け”から見えるもの

大学でZ世代の学生たちと触れ合うことが多いトミヤマさんに、その印象を訊くと、「SNSなどを使うのは上手なんですけど、機械に強いかというとそうでもない」と答えます。スマホなどのガジェットに慣れており、パソコンで書類を作るといった作業は苦手だとか。

渡部:改めてこの世代分けから、どういうことが見えてきますか?
トミヤマ:いずれの世代も文明や科学の進歩と、自己のあり方の間に相関関係があると思います。自己とかアイデンティティと言うと、生まれたときからの固有のものという感じがしますが、こうやって世代で分けてみると、実はその時代のテクノロジーに、自己のあり方が左右されている部分が、けっこうあるんじゃないかなと思います。

最後に、X/Y世代がZ世代とうまく付き合うコツをトミヤマさんに訊くと、「上下で考えるのではなく、好きなものを間に挟んで対等になれる時間を少しずつ作っていくことが、相互理解のためには重要」と話してくれました。世代ごとに違いはあるものの、相手を理解しようとする姿勢を大切にしたいですね。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

タグ

ガンダムのモビルスーツ生みの親・大河原邦男「仕事の醍醐味は、子どもの脳に種をまくこと」

J-WAVEで放送中の番組『INNOVATION WORLD』(ナビゲーター:川田十夢)のワンコーナー「DNP GLOBAL OPEN INNOVATION」。4月19日(金)のオンエアでは、『機動戦士ガンダム』シリーズのモビルスーツなどをデザインしたメカニックデザイナーの大河原邦男さんが登場。その多様なデザインの裏側に迫りました。


■ガンプラには興味がない?

今年40周年を迎えた『機動戦士ガンダム』シリーズ。『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル「ガンプラ」は、累計出荷数5億個を超えるとも言われています。しかし、大河原さんは「あまりよくわからない」と、それほど関心がない様子です。

大河原:私は企画の立ち上げからメカコンセプトを作る段階がいちばん楽しいので、それが終わったらあまり興味はない。ガンプラが出て、まさか40年も続くと思わないから、MSV(モビルスーツバリエーション)で随分と勝手に遊んでしまったんです。みなさんがプラモデルを作るようになったのは、それ以降ですよね。
川田:ガンダム以前にプラモデルってあったんですか?
大河原:ありました。ただ、スケール感で展開したガンプラは、少し今までと違ったものだったかもしれません。
川田:数字が出ていましたよね。「1/144スケール」とか。あの数字がリアルでしたよね。
大河原:そう思わせるだけなんですけどね(笑)。


■メカニックデザインの醍醐味とは

大河原さんは『機動戦士ガンダム』シリーズをはじめ、あらゆるロボットアニメのメカニックデザインに携わり、その道の第一人者と言われています。

大河原:『科学忍者隊ガッチャマン』ではじめてメカニックデザインを担当しましたが、それが終わったら背景をやっていました。メカニックデザインはひとつの仕事だったんです。でも、その仕事を職業にしたいという思いで頑張りました。
川田:その後に出てくるいろんなロボットは、ガンダムの影響を受けていますからね。
大河原:私の仕事の醍醐味は、子どものやわらかい脳に「大人になったらこれを研究しよう」という種をまくことです。
川田:見事にその種をまかれました。

川田は、『機動戦士ガンダム』シリーズの大河原さんが手掛けたモビルスーツについて、「機能性がかたちに表れている」と言います。

川田:機能性とデザインの両翼を備えていましたよね。
大河原:『機動戦士ガンダム』シリーズのスポンサーが玩具メーカーだったので、そう自由にはならなかったんですけど、登場する敵に関しては当時商品にならなかったので、監督の思うとおりのものが作れたんじゃないかなと思います。


■一生懸命にいろんなことをやってみる

川田は、「大河原さんのデザインするロボットは似ているようで似ていなくて、フォルムも角張ったものから丸みを帯びたものまである」とその多様性を絶賛。続けて「なぜそんなに変幻自在にデザインできるのか」と、問いかけました。

大河原:私は、タツノコプロで色々なアニメに携わりました。『ゴワッパー5 ゴーダム』を担当していた頃、ギャグ要素のあるタイムボカンシリーズ第2作『ヤッターマン』をやってみないかと言われました。それまではギャグものはやったことがなかったけど、私は何でもやってみたいタイプなんです。それで「ギャグものはこうデザインするんだ」と学べたからラッキーでした。
川田:でも、毎回ネタは違うじゃないですか?
大河原:それがまた楽しいんですよ。ニヤニヤしながら描くっていうのがね(笑)。

さらに川田は、どういう視点があれば大河原さんのようなアイデアが生まれてくるのかも訊きました。

大河原:何でも一生懸命にいろんなことをやってみることですね。そうすれば間口や奥行きが出てくるので。好きなものだけやっていたとしても、3作品くらい同じものが続いたらやりたくなくなるでしょ。

また、川田は「大河原さんの描く色彩を見ると、ファッション的な要素があるように感じる」と言います。

大河原:私はタツノコプロの前にアパレル会社にいて、そこでは紳士服の企画でシルエットをよく描かされていました。その影響がザクのシルエットに反映されているということですね。
川田:最近のファッションでは、そんなに色を使わず質素にまとめる「ノームコア」が流行っていますが、「それってザクじゃん」と思いました(笑)。ファッション的な流れもそれぞれのモビルスーツにあるから、そういった視点で解釈するデザイナーもいると思います。ファッションにもつながる感覚だなと思います。
大河原:それはあるかもしれないですね。
川田:流行にある雑多なものを大河原さんは自由に引き出し、カタチにしているような印象です。

デザインの参考にするため、新聞の折り込みチラシにまで目を通していたというエピソードが飛び出すなど、貴重なお話をたくさん伺うことができました。ぜひradikoでチェックしてみてください!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 


【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD』
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ