青葉市子が飼っていた、「飲まず食わずで死んでいく蛾」とは

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。3月10日(日)のオンエアでは、アーティストの青葉市子さんがゲストとして登場。幼少期の話やアルバム制作について伺いました。


■思いっきり空振りする子ども時代

吉岡が青葉さんを知ったきっかけは、昨年ある撮影現場で青葉さんの曲が流れていたこと。緊張でキリキリした吉岡の心をリラックスさせてくれたそうです。

吉岡と同じ京都出身の青葉さん。子どもの頃はどんな子だったのでしょうか。

青葉:慎重な子どもだったので、数センチの座布団から降りるときも後ろ足から地面を確認するように降りるみたいな。家族は笑って見ているという(笑)。集まるたびに今も言われます。
吉岡:かわいい(笑)。
青葉:あと、思いっきり間違える子でした。休みの度に東京に行ってて、帰りは新幹線のホームまでいとこの家族が見送りに来てくれて。なるべく長くバイバイをしたくて、新幹線が進むのと逆の方向に歩いてバイバイしないといけないのに、進行方向に進んんじゃって一瞬で姿が消えるという(笑)。
吉岡:全力で空振りをする感じですね(笑)。


■歌手になるきっかけ

そんな青葉さんが音楽を作るようになったきっかけとは?

青葉:アルバム『qp』で2曲カバーをしている山田庵巳さんの歌があり、その方が私の師匠で、山田さんに会ったことがきっかけです。15歳のときに出会っていて、弾き語りされていることに気がついたのが17歳くらいのときでした。15歳で出会ったときは、山田さんはバンドをしていたんですが、内緒でしていた弾き語りの方に興味を持って、山田さんの音楽をコピーするようになりました。山田さんの曲はある程度断片的に弾けるようになり、聴いてもらううちに、「自分の曲も書いたらどう?」とアドバイスを受けて始めました。

この日はアルバム『qp』から『テリフリアメ』を生披露。

吉岡:生で聴くと違いますね。瑞々しいというか、詩人だと思います。言葉が直接的じゃないので、聴く人によって違う曲に変わる歌ばかりです。最近の言葉でいうと「エモい」感じです。
青葉:エモい……久しぶりに聞きました(笑)。


■美しい蛾、オオミズアオ

青葉さんはアルバム『qp』を制作しているときに、蛾を育てていたのだとか。一体、どんな蛾を飼っていたのでしょう。

青葉:オオミズアオという薄い翡翠色をした蛾を飼っていて、儚い命なんです。幼虫のときはたくさん葉っぱを食べるんですけど、成虫になったら口が退化して無くなるので、飲まず食わずでその姿になって、交配して終わるんです。すごく美しくて、その生き物からインスピレーションを受けてアルバムを作りました。
吉岡:それでアルバムのパッケージも薄い翡翠色なんですね。(オオミズアオの写真を見ながら)羽が透けて景色が見えます。綺麗です。
青葉:新潟に住んでいる蛾の博士に会いに行き、説明してもらいました。オオミズアオは月に影響される蛾で、満月や新月に現れやすいと博士が言っていました。
吉岡:不思議です。
青葉:不思議で美しい。苦手な人もいるかもしれないけど、こんな美しい蛾がいることも知ってもらえたら嬉しいです。


■12歳の女の子が描いた掛け軸

青葉さんのお部屋について伺ったところ、「大家さんが変な人」と答えます。

青葉:楽器不可なんですよ、おそらく。内見のときに楽器を持っていて、「すいません。楽器弾いています」と初めに伝えたら「じゃあ、何か弾いてみて」と言われたので、何もない部屋で新曲を披露したら「いいじゃん。住みなよ」と言ってくれました(笑)。

青葉さんが持ってきてくれた部屋の写真には、大きな絨毯、日本っぽいテイストの棚に鏡台に掛け軸などが見られます。

吉岡:龍の掛け軸……? もしかして龍お好きですか?
青葉:好きです。
吉岡:『qp』で、龍の歌詞が出てきますもんね。
青葉:『海辺の葬列』ですね。
吉岡:ちなみに、龍の絵はどなたが描いたのですか?
青葉:大事なお友達のくるみさんという、12歳の作品です。
吉岡:12歳!? どう出会ったんですか?
青葉: 演出家の飴屋法水さんのお子さんです。くるみちゃんが4歳のときから知ってるのかな……。ある日、七尾旅人さんのライブを観に行って、終電に乗ろうとみんなで歩いていたら、旅人さんが「まだ帰りたくない」と言い出して。そのとき原田郁子さんもいて、落ち着ける場所にいくことになったんです。近くに飴屋さんの家があり、5人くらいでお邪魔しました。そこで初めてくるみちゃんに会いました。まだ4歳で『ゲゲゲの鬼太郎』を観て「ゲゲゲのゲ」って言っていたんですけど、今は12歳になって掛け軸を描いてくれました。
吉岡:すごい! くるみさん素敵です。

青葉さんは、4月27日(土)は京都・スチールの森の『ボタとサーカス 2019』に、5月19日(土)には福岡・海の中道海浜公園の野外劇場で開催される『CIRCLE '19』に出演されます。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時: 毎週日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

タグ

「聴くだけでワクワクしちゃいます」村上春樹が考える「イントロ」ベスト3とは?

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。1月29日(日)の放送は「村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~」をオンエア。

今回の「村上RADIO」は番組史上初めて、リスナーのみなさまからのオールリクエストをオンエア。マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー、スティーヴィー・ワンダー、ポリス、小泉今日子など、誰もが思わず口ずさんでしまうような、80年代を彩ったヒット曲のオンパレードでお送りしました。
この記事では、カイリー・ミノーグ、ジョー・ジャクソン、トーキング・ヘッズの楽曲をオンエアしたパートの内容をお届けします。


◆Kylie Minogue「I Should Be So Lucky」
というところで、僕からの個人的なリクエストです。カイリー・ミノーグの「ラッキー・ラブ」、我ながらベタですよねえ。
僕はロンドンで、しばらく一人暮らしをしながら小説を書いていた時期がありまして――書いていたのは『ダンス・ダンス・ダンス』っていう小説なんだけど――そのときいちばん流行っていたのがこの曲でした。街のどこに行ってもこれがかかっていました。だからこの曲を聴くと、当時のロンドンの風景がさっと頭に浮かんできます。聴いてください。

<収録中のつぶやき>
2000年に僕が取材でシドニーオリンピックに行ったとき、開会式でカイリー・ミノーグが歌っていました。彼女はオーストラリア人なんです。残念ながら曲は「ラッキー・ラブ」じゃなかったけど(笑)。

◆Joe Jackson「Steppin' Out」

静岡県の女性 真雪さんから
<Joe Jackson「Steppin' Out」をリクエストします。この曲が流行った頃、私は東京の短大生でしたが、今になってもずっと変わらず一番好きな曲です。この曲の「テレビもラジオも放って置いて、今夜出発しよう。光の方へ進んでいこう」という歌詞を聴いていると、ただただ明るく、まっすぐで強い気持ちになれます。>

埼玉県の女性「えひめみかん」さんから
<80年代洋楽ヒット曲において、私が考える「三大イントロ」の1曲を、今回リクエストさせてください。それは、Joe Jackson「Steppin' Out」です。「三大イントロ」のほかの2曲は、Yes の「Owner Of A Lonely Heart」とa-haの「Take On Me」です。お時間がございましたら、村上さんが考える「三大イントロ」を教えていただけますでしょうか。>

えーと、80年代に限らなければ、僕がいちばん印象的だと思うイントロは、まずロネッツの「Be My Baby」ですね。フィル・スペクター節全開っていうか、イントロを聴くだけでわくわくしちゃいます。それからドアーズの「Light My Fire」、レイ・マンザレクが弾くオルガンのイントロです。その2つは簡単にすっと出てくるんだけど、3つ目がむずかしい。いっぱいありすぎて、決められません。でも「Steppin’Out」のイントロ、確かにしゃれていて、いいですよね。

◆Talking Heads「Road To Nowhere」
東京都の女性「かわらの猫」さん
<Talking Headsの「This Must Be The Place」または、「Road To Nowhere」はどうでしょうか。80年代の曲はあまり熱心に聴いていないのですが、トーキング・ヘッズは大好きなバンドです。村上さんの小説やラジオのなかでトーキング・ヘッズが流れたことはないような気がするので、もしかしたら村上さんはお嫌いかもしれませんが、よかったらかけてください。>

東京都「グレ&ブル」さんからも「Road To Nowhere」へのリクエストをいただいています。

この曲、僕も好きです。
昔、Talking Heads(+トム・トム・クラブ)が来日したとき、新宿のホールに行こうと思ったら既にチケット完売でして、千葉の会場ならまだ残っているということだったので、わざわざ千葉までいったんですが、千葉のチケットはかなり売れ残っていて、駅前で女子高校生に無料で配っていたみたいです。席がガラガラだとまずいので。好みって、場所によってけっこう違うものなんですね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2023年2月6日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~
放送日時:1月29日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

Facebook

ページトップへ