藤井フミヤが「これがなければチェッカーズはなかった」と語る映画は?

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』。この番組は、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語ります。7月はミュージシャンの藤井フミヤさんが登場。藤井さんは、7月10日(水)にニューアルバム『フジイロック』をリリースしました。

12日(金)のオンエアでは、子どもの頃に聴いていた音楽やチェッカーズ結成のきっかけとなったアーティストについて話しました。

この番組をラジコで聴く



■矢沢永吉に大興奮だった青春時代

藤井さんは小学5〜6年生の頃、カセットレコーダーでFMラジオのランキング番組で音楽を聴いたり録音したりしていました。

藤井:井上陽水さん、吉田拓郎さん、小田和正さんのオフコースとか、だんだん歌謡曲から、フォークやニューミュージックにいくんですよね、ちょっとませた感じで。風の『22才の別れ』を聴いて「22歳ってどんな大人なんだろう」と思いましたけど、自分が22歳のときはガキンチョもいいところでしたけどね(笑)。

その後、中学生になり、ステレオを手に入れてレコードを聴けるようになったと言う藤井さん。最初に買ったのは、矢沢永吉さんが所属していたバンド・キャロルの日比谷野外大音楽堂での解散コンサートのライブレコードでした。藤井さんがバンドを組んだきっかけも、テレビで観たキャロルの解散コンサートだったそうです。

藤井:初めて動く永ちゃんを観て、ものすごく興奮しました。革ジャン、リーゼント、バイク、喧嘩、ロックンロールみたいな、少年の心は鷲掴みですよ。それで「ギターを買わなきゃ」って思ってバンドを組みました。

はじまりはロックンロールでした。「初めて買った洋楽レコードも、矢沢さんが憧れたThe Beatlesがリーゼントをしていた時代、ロックンロールを歌ったアルバム『With the Beatles』だった」と振り返ります。

そうして大きな影響を受けたキャロルの楽曲を、藤井さんはのちに、まるごとカバーしたアルバムをリリースすることになります。

藤井:全曲キャロルのカバーアルバム『MY CAROL』を出しました。これは全部イギリスで録音されていまして、ギターは土屋昌巳さん、ドラムは屋敷豪太さんだったんですけど、「当時、こういう音を出したかったんじゃないか」という音を作りました。同じように日比谷野外大音楽堂で全曲キャロルのライブをやって、キャロルがラストライブでやったカバー曲『Good Old Rock'n'Roll』とかも全部やりました。

そのとき、こんな嬉しいことが。

藤井:矢沢さんのファンが観に来てくれて、うちのファンと一緒になって歌って、その後、矢沢さんのファンとうちのファンが仲良くなりました。最初に怖かったのは、俺のライブなのに始まる前に永ちゃんコールが起きたんですよ(笑)。「どうなっちゃうんだろう」と思ったけれど、非常にウエルカムな感じでライブはうまくいきました。


■チェッカーズに影響を与えた映画

藤井さんは、中学生のときに文化祭のために「ポパイ」というバンドを組み、その後、高校の軽音楽部の先輩とバンド「カルコーク」を結成。出身地である福岡・久留米の街でダンスパーティーが流行ったことから、ロックンロールで踊るパーティーで月に2回ほど演奏していたそうです。

藤井:男の子も女の子も50'sのコスプレをして踊りに行くのが流行りました。カルコークのあとにチェッカーズを組むんですけど、ドゥーワップバンドとして確立していくんです。

チェッカーズに大きな影響を与えたのは、監督をジョージ・ルーカス、製作をフランシス・フォード・コッポラが務めた映画『アメリカン・グラフィティ』に登場する音楽でした。

藤井:50年代のハイスクールの話で、映画に出てくる音楽が聴いたことのないような音楽ばかりでした。当時の50年代アメリカではヒットチャートにのぼった曲ですが、全然知らない曲ばっかり。サントラ盤なんですけど、いわゆるドゥーワップグループの曲がいっぱい入っていて、「なんだこれ?」って感じで1曲1曲のグループを掘り下げて、チェッカーズはドゥーワップのカバーを始めるんです。『アメリカン・グラフィティ』がなかったらチェッカーズはなかったのではないかと思います。

次回、7月19日(金)の『SEIKO SOUND STORAGE』では、藤井さんが趣味やアートについて語ります。お楽しみに!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:毎週金曜 24時−24時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/

タグ

笠井信輔 ほか多彩なゲストとココだけの話! ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』8月8日~11日も たっぷりインタビュー

ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』、8月8日(月)から11日(木)の「ゲストとハッピー」コーナーに大宮エリー、笠井信輔、クミコ、伊奈かっぺいがゲスト出演する。

『垣花正 あなたとハッピー!』月曜日~木曜日 8時~11時30分 生放送

毎朝9時40分ごろからは、パーソナリティ垣花正がココだけの話をたっぷりインタビュー。各界で活躍する経験豊かなゲストを迎え、多彩な話題を番組で紹介していく。8月8日(月)からのゲストは以下の通り。

8月8日(月)は作家、脚本家、画家、映画監督など様々な顔を持つクリエイターの大宮エリーが生登場。「オールナイトニッポン55周年イヤー」を彩るロゴデザインを担当、デザインに込めた思いや、画家としての近況を語る。

8月9日(火)はフリーアナウンサーの笠井信輔。映画や舞台など年間多数の作品を観劇するエンタメ通の目線でこの夏注目のオススメ映画を紹介する。

8月10日(水)は歌手のクミコ。伝説のシャンソン喫茶・銀巴里でのプロデビューから40周年を迎える今年の活動や訪問経験のあるウクライナへの思いを語る。

8月11日(木)は歌手の伊奈かっぺいが生出演。ラジオパーソナリティ、詩人、イラストレーター、役者、シンガーソングライター、エッセイストと多彩な顔を持つ伊奈が青森から有楽町のニッポン放送にやってくる。

 

<番組情報>

■番組タイトル:ニッポン放送 『垣花正 あなたとハッピー!』
■放送日時:毎週月曜~木曜 午前8時~11時30分
■パーソナリティ: 垣花正
■コメンテーター:森永卓郎 (月~水)中瀬ゆかり (木)
■アシスタント:那須恵理子(月・水)熊谷実帆(火・木)
■番組メールアドレス:happy@1242.com
■番組ハッシュタグ:#垣花正ハッピー

 

Facebook

ページトップへ