他人の幸せ・利益が許せない…嫉妬に取りつかれた「ルサンチマン症候群」が急増中

J-WAVEで放送中の『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。11月6日(水)オンエアでは、「他人の幸せが許せない」「他人の利益を不快に感じる」など、嫉妬に取りつかれた「ルサンチマン症候群」が急増しているという話題を紹介した。

台風19号による豪雨で冠水被害に見舞われた武蔵小杉のタワーマンション。台風の後、一部のネット掲示板やSNSでは、高級マンション暮らしへの嫉妬からなのか、被災者を中傷するような書き込みが多く見られた。これも、ルサンチマン症候群の一例なのだそう。この問題について、心理カウンセラーで「株式会社インサイト・カウンセリング」代表の大嶋信頼さんに話を訊いた。


■「ルサンチマン症候群」は自ら気付くことによって防げる

大嶋さんは、脳による「嫉妬の発作」が「ルサンチマン症候群」だと説明する。「自分よりも下」だと思いこんだ相手に対して、嫉妬心を引き金に破壊的な言動をしてしまうという。

サッシャ:自分がなりやすいか、なりにくいかということを自覚しないといけないのでしょうか?
大嶋:自覚があれば、発作は起きづらくなります。
サッシャ:「ルサンチマン症候群」に陥りやすい人の特徴とは?
大嶋:自分が「平均より上」だと思ってしまう人ですね。周りと比べて「自分は優れている」と思う人は、ルサンチマン症候群になりやすいと思います。
増井:勝手に相手を値踏みする人が1番なりやすい?
大嶋:そうですね。脳の特徴で、そういった思考をしない人もいますが、稀です。
サッシャ:発作を避けるには、日ごろからどのようなことをすれば?
大嶋:発作というのは、1回起きてしまうと癖になります。1回「ずるい」と思って攻撃的な書き込みをしてしまうと、癖になって発作がますますひどくなる。
サッシャ:ある意味、快感になってしまう?
大嶋:近いでしょうね。脳が過剰に活動して、「相手が間違っている、自分が正しい」と思いこんでしまうんです。破壊的な行動をとりたくなったら「これは発作なんだ」と気づいてあげることが、発作をおさえるのには有効です。

大嶋さんも、後輩に対して厳しく注意をしたくなるときもあるという。ただし、「これは発作なんだ」と思うことで感情を抑え、客観的に物事を見ることができていると明かした。


■発作を起こせば「本当の弱者になってしまう」と警鐘

増井:「嫉妬心が全くない人は、なかなか活力が生まれない」ということはありませんか?
大嶋:嫉妬心で頑張れるのはいいことです。しかし、嫉妬心で発作を起こしてしまうと、破壊的になってしまう。自らの人間関係を破壊したり、チャンスを壊して、本当に弱者になってしまう。そういったのが発作なんです。
増井:嫉妬があっても、それが発作になってしまってはいけないということですね。
大嶋:そういうことです。

『STEP ONE』のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」では、気になるニュースの裏側から光を当てる。放送は月曜~木曜の10時10分頃から。お聴き逃しなく!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

タグ

残業が多く、仕事に見合った給料がもらえない…フリーに転身したエンジニア「もっと早くフリーになっておけばよかった」

AKB48の向井地美音がパーソナリティをつとめ、公認会計士の澤昭人から身近にある経済の仕組みをわかりやすく学んでいくTOKYO FMの番組「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」。8月27日(木)、9月3日(木)放送の「美音のまるっとエコノミー supported by PE-BANK」のコーナーでは、株式会社PE-BANK所属のITエンジニア・伊藤研(いとう・けん)さんを迎え、これまでの経歴や現在の仕事ぶりについて伺いました。

向井地美音、伊藤研さん(タブレット端末・画面内)


◆ゲーム好きが高じて訪れた転機
向井地:現在、どんなお仕事をされているのですか?

伊藤:流通金融業界の電子マネー分野で、インフラ構築をしています。コンビニやスーパーに行ったときに(電子決済で)携帯電話をかざしますよね? その売上データを集約するようなサーバを作り上げるような仕事です。

向井地:すごい! たぶん1番お世話になっています(笑)。伊藤さんがエンジニアを始めたきっかけは、ゲームだそうですね。

伊藤:中高生くらいのときにインベーダーゲームが流行り、それにハマりました。ゲームセンターでやると1回100円するので、相当かかってしまうなと。それで“自分でゲームを作れないかな?”と、当時マイコン(マイクロコンピュータ:小型のホビーパソコン)で自作したのが、高校2年の夏休みの頃でした。

向井地:どんなゲームを作ったのですか?

伊藤:「海底宝探し」というゲームを作りました。シンプルですが、ハマるゲームでしたよ。

向井地:ゲームの自作がきっかけでエンジニアになられたんですね。

伊藤:そうですね。高2の夏までは、やりたいことがなかったのですが、“これだ!”と確信して、そこからITの道へ進みました。

向井地:エンジニア歴33年、フリーランス歴は12年ということですが、フリーになったきっかけは?

伊藤:サラリーマンからスタートしたのですが、とにかく転勤が多い会社でした。あちこち行っては戻っての繰り返しで……会社に振り回されていたということと、やりたい仕事をなかなかやらせてもらえませんでした。インフラ構築が得意なんですけど、ちょっと分野が違った。

あとは残業が多かったのですが、それに見合った給料がもらえないということもあって、いろいろと不満が溜まってPE-BANKのドアを叩いたのが12年前でした。今となっては、もっと早くフリーになっておけばよかったなと(笑)。

◆趣味が高じて通販サイトの運営も
向井地:伊藤さんは多趣味で、フリーランスで空いた時間を趣味にあてているそうですね。無類のコーヒー好きとか。

伊藤:親の影響なんですけどね。中学生くらいの頃から、自分で豆を挽いて淹れて飲み続けています。大人になってからは、いろいろなコーヒー豆を買ってきては飲み比べをして、それがどんどんエスカレートして“自分で焙煎したほうがおいしいんじゃないか?”という域に到達しました。

向井地:すごい!

伊藤:生豆を買ってきて、透明なガラス蓋のフライパンに入れて20分間、一生懸命振り続けて(自分で焙煎を)していました。最初は、自分で飲むためにつくっていたのですが、友達にわけていたら「売ってくれ」と言われるようになって、“じゃあ商売をしてみようかな”ということで、2014年からコーヒー豆の販売をしています。

向井地:お店を出されているんですね!

伊藤:名前が“研”で、“ケニー”と呼ばれているので「Kenny's Cafe」という名前で、コーヒー豆のネット通販をしています。イベント出店をして、コーヒーやスイーツを提供することもあります。

向井地:こだわりは?

伊藤:生豆の在庫(or ストック)があるので、注文を受けてから焙煎してお渡しすると、香りがものすごくいいんです。少量生産でやっているからできることなんですけどね。あとは、お客さんの好みを聞いて、オリジナルブレンドをつくったりもしています。例えば……「オリジナル美音ブレンド」とか。

向井地:できるんですか!?

伊藤:ラベルも作って。1回お渡しした(ブレンドの)レシピはずっと保存しているので、1年後に注文を受けても同じものを出せます。

向井地:すごい! そういう仕組みのお店ってめずらしいですよね?

伊藤:なかなかないと思います。

向井地:あと伊藤さんは、地元・仙台のコミュニティFMの番組スポンサーにもなっているそうですね。

伊藤:毎週金曜の18時からの生放送番組「ともかずのハッピーアワー」です。たまたまご縁があって、1回番組に遊びに行ったことがきっかけで、“なにか応援できることはないかな?”ということで、かれこれ4年くらいになります。ちなみに、スポンサーはいつでも番組に出られるという話になっていまして(笑)。

向井地:プライベートも充実しているみたいですね! あらためて、お仕事の話になりますが、エンジニアになってよかったことは?

伊藤:自分の興味のある仕事なので、スキルをフルに発揮できることです。自分としては、まさに天職だなと思います。

向井地:フリーランスのいいところは?

伊藤:自分のライフスタイルに合わせて仕事をコントロールできるところが大きいなと思います。今は、仙台に住みながら東京の仕事をしているのですが、サラリーマンでは、なかなかできないことだと思います。フリーならではの働き方ですね。

向井地:仙台から東京まで通っているのですか?

伊藤:週4日、月曜に(東京に)行って、木曜に(仙台)帰ってくる。金土日は、仙台で過ごす生活を続けています。

<番組概要>
番組名:ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~
放送日時:毎週木曜 21:30~21:55
パーソナリティ:澤昭人、向井地美音(AKB48)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/46993

Facebook

ページトップへ