小島秀夫が「とびぬけた作品で嫉妬した」と話す映画は、マジックのような撮影が見どころ

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』(12月10日公開)の特別試写会が29日に都内で行われ、タレントの長濱ねるとゲームクリエイターの小島秀夫監督、さらにオンラインで本作の監督であるエドガー・ライトが参加した。

現代でファッションデザイナーを夢見る女性エロイーズ(トーマシン・マッケンジー)がロンドンのソーホー地区で眠りにつくと60年代にタイムリープ。そこで歌手を夢見る魅惑的な女性サンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)に出会い、身も心もシンクロしていく。



映画の内容にちなんで「夢」について聞かれた長濱は「私は読書好きなので、壁一面に本棚のある家に住みたいです。それが憧れ」と照れ笑い。

小島は「宇宙飛行士になりたい! JAXAの募集が12月にあるけれど、そうなると仕事を捨てなければならず。悩んでいます」と笑わせた。一方、エドガー監督は「僕たちはいつか必ず死ぬので、今まで作られた映画すべてを観ることは不可能。不老不死になってこの世の映画をすべて観るのが夢だね」と映画好きならではの妄想をしていた。

【関連記事】長濱ねる、“小さな大天才”に憧れて…読書家になったきっかけやオススメの本を語る

kojima2111298.jpg


kojima2111292.jpg


エドガー監督の長編デビュー作『ショーン・オブ・ザ・デッド』からのファンという小島監督。エドガー監督とはTwitterをフォローし合う仲で、2年前にはソーホーのホテルで『ラストナイト・イン・ソーホー』のラッシュ映像を鑑賞済み。ゆえに小島監督は「観てくれ、観てくれて、と言われていたのでようやく観られた!」と喜色満面。エドガー監督のファンという長濱も「音楽がとても印象的でした!」と大興奮していた。

kojima2111295.jpg


【関連記事】長濱ねるが「スターでも弱い部分がある“人”なんだ」と学んだ映画は

イギリスからオンラインで参加したエドガー監督は「おはよう!」とモーニングコーヒーを飲みながらの時差ギャグをかます上機嫌。改めて小島は「今までとは違うとびぬけた作品で嫉妬した。ホラーテイストだが、女性の夢を応援する素敵な映画。照明の使い方も巧みで、鏡を使って二人の主人公の表裏を上手に描いている。本心から傑作だと思う」と絶賛した。

【関連記事】小島秀夫が語る、未来のゲームとは?

劇中で鏡が重要なアイテムになっているのは、エドガー監督が見る夢が影響しているという。「僕はほかの人になる夢をよく見ることがあって、自分がまるで幽体離脱しているような感覚になる。それに僕らは自分たちの夢をスクリーンという鏡に投影したいと思うものだから」と説明。その鏡が映るシーンの撮影方法については「実はシンプルなやり方で撮影していて、グリーンバックはほとんど使用しなかった。セット自体を動かしたり、双子の俳優を起用したり、物理的に撮影している。マジックのような形だね」とアナログな舞台裏を明かした。

kojima2111296.jpg


小島から「写ってはいけないものを鏡から消したりはしたの?」などと聞かれると、エドガー監督は「それもあるし、鏡を触った際にできる指紋をデジタルで加えたりして、見ている人を混乱させるようなトリックを作った。観客が『どうやって撮ったの?』と思ってくれたら大成功だ!」とディテールへのこだわりを伺わせた。

(取材=石井隼人)
タグ

2022年8月の運勢|四柱推命・月間占い「8月生まれ」(誕生日:8月7日~9月6日)のあなたの運気は?

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする占い記事「2022年8月の運勢」(8月7日(日)~9月7日(水))。「四柱推命」で占う2022年8月の運勢は……? 四柱推命・算命学・九星気学などの東洋占術を得意とする、東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・日ノ森祐貴(ひのもり・ゆうき)さんが、「8月生まれ」(誕生日:8月7日~9月6日)あなたの全体運・恋愛運などを占います。


◆8月生まれの月運(誕生日:8月7日~9月6日)

好調で明るく朗らかな運気がベースとなる今月。幸運と感じることは少ないかもしれませんが、いざというときに助けられたり、将来が楽しみな物事に携われるようになったり、通常では考えられないような僥倖に出会う可能性があります。自分自身の気力や体力が高まる運気なので、多少の無茶も厭わないで、仕事にも家庭にも全力でぶつかっていくと良いでしょう。ただし、フォーマルな場でも素の自分が出やすく、欠点も表れやすいので注意。

恋愛面では、自己主張が強まる時期。フリーの方は、初対面の相手には少し控えめに接するのが◎ 会話のキャッチボールを心がけましょう。交際中の方も 自己主張を少し控えて、いつも以上に相手の話に耳を傾けることをオススメします。

■監修者プロフィール:日ノ森祐貴(ひのもりゆうき)
東京・池袋占い館セレーネ所属。四柱推命・算命学・九星気学などの東洋占術を得意とする。きちんとした根拠に基づいて論理的に占っていくことを日々心がけている。
Webサイト:https://selene-uranai.com/

Facebook

ページトップへ