ALIのLEO、出身地「渋谷」への思い入れを語る。プレイリストも作成

ALIのボーカル LEO(今村怜央)が、「秋の渋谷クルージング」をイメージしたプレイリストを作成した。

LEOが登場したのは、J-WAVEの新番組『GRAND MARQUEE』(ナビゲーター:タカノシンヤ、藤原麻里菜)のワンコーナー「RADIO ENSEMBLE」。

番組タイトル『GRAND MARQUEE』の“MARQUEE”は大テントの意味で、この番組はでは、世界有数のカルチャー都市「東京」で日々巻き起こる「ポップカルチャーコンテンツ」が、東京上空を覆う巨大なテントの下に集い、この番組が新たなムーブメントの発信源となることを目指している。ここでは10月4日(火)のオンエアをテキストで紹介する。

たどり着いたのが渋谷の円山町だった

東京のある街、ある商店街、ある路線を、セレクターたちが東京のある場面をイメージした選曲をお届けするコーナー「RADIO ENSEMBLE」。今回はLEOが、渋谷について語りつつ、プレイリストを作成。

LEO:9月にJ-WAVEが主催の『J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~Best Music & Market』でライブを東京・代々木第一体育館させてもらったんですけど、僕自身が渋谷出身というのもあって、音楽を通して渋谷の景色を届けられたらなって思って。秋ってすごく映える時期なので、一生懸命いろんなジャンルの素敵な音楽を選びました。

【関連記事】ALI ライブ写真レポート 「INSPIRE TOKYO」2日目

まずLEO はJoe Thomasの『Coco』をセレクトした。



LEO:この曲はBUDDHA BRANDっていうヒップホップグループの『ブッダの休日』って曲の元ネタなんですけど。僕が23、24歳のときにいろんなことがあって、いろんな街を追い出されて、たどり着いたのが渋谷の円山町でした。そこではずっと夕方からお店が開いて、朝方のクラブが終わって酔っぱらっている人たちを受け入れてくれるような、ワンコインバーだったんですけど、そこにはいろんな奇跡とも言えるような、そんななかから一生懸命ダイヤモンドをかき分けて人生の経験にしていくっていうような日々でした。そんなハードコアなものを優しく抱きしめてくれる目をみたのは渋谷のクラブ街にはたくさんあって、それをこの曲から感じてもらえたらいいなと思います。

3分の曲で十分人は幸せになれる力がある

LEOは「渋谷っていうもはや現象自体が僕自身の全てを表しているような気がする」と表現する。

LEO:渋谷で生まれたってのもあるんですけど、渋谷のいいところだけじゃなくて、光の当たらない場所とか、下町っぽいところもいっぱいあるんですよ。人情に溢れてる。そういうところが僕の愛する音楽と結びついていて。本当にいろんな街の開発によって、クラブも閉まっちゃったりして、若者も最近は飲み屋じゃなくて道玄坂のファミリーマートの前でたまってたり、いろんな街の変化とともに若者も変わってきてるけど、そのエネルギーっていうのはずっと僕が行く限りは感じているので、どうかそのエネルギーがこの選曲で伝わったらと思います。

ここで、LEOは円山町から表参道をイメージしながらMaster Forceの『Don't Fight the Feeling』を選曲。続けて、表参道を駆け上って代々木公園までをイメージしてNujabesの『Luv(sic.) pt3 (feat. Shing02)』を選曲、オンエアした。





LEO:Nujabesの『Luv(sic.) pt3 (feat. Shing02)』はランニングしてるときとか、俺のオススメとしては自分を高めたいときにぜひ聴いて追い込むと、世界は自分のものなんじゃないかって思うのでオススメです。代々木公園の近くに住んでいたときに、SHIBUYA-AXっていうライブハウスがあって。本当に素敵なライブハウスだったんだけど、そこに出るのがひとつの夢で。その前を走ってたんですよね。

LEOは、なかなかうまくいかなかった10代の話を続ける。

LEO:俺が中学生のときから育ったところが、ブルーノートってクラブがある前で、その前に青山通りがあって。そこも10代のときに、全くお金がないから、音楽のレッスンをした帰りに朝までやってる本屋さんに寄って本を買って、朝3時頃に一人で青山通りから帰っていました。インディーズでもデビューできなくて、なかなかうまくいかなくて。今ほどインターネットもなくて、本と街の景色、そのときはCDプレーヤーでずっと音楽を聴いて、「こんなはずじゃない」って思いながら、こどもの城にある岡本太郎のデザインしたオブジェを見て、岡本太郎は怒りとか感情に素直になれって言ったりしてるから、街はいろいろ変わっていくものもあるけど、街に勇気づけられながら育ちました。たくさんのものが増えても、心はひとつだから、3分の曲で十分人は幸せになれる力があると思ってるので、僕たちは音楽最高っていうメッセージを伝えたいと思っています。

スマホから顔を上げて歩いてほしい

LEO は4曲目に坂本 九の『上を向いて歩こう』をセレクトした。



LEO:日本を代表するブルース、たまにはインターネットや携帯だけじゃなく上を向いて歩いてほしいってことでこの曲を選びました。カバーバージョンとか有名ですけど、あらためて原曲を聴いてもらうとすごく素敵な音楽が後ろで流れてるし、坂本 九のビート、リズム感を届けられたらと。

今回の選曲を振り返りながら、LEOは「僕自体が好きな音楽をALIを通していろんな人に還元して届けて、そして好きなレコード、好きな音楽を買ってまたALIに生かしてみんなに届けることを続けたいだけ」と話す。

LEO:街はいろいろ変わっていくけど渋谷の谷はすごいエネルギー自体はすごい谷があって、すごくエネルギーがあるらしいので、どうかその渋谷という街でこの先もずっとみなさんと会えることを望んでますし、どんなに有名になってもこの街に還元できるように。渋谷という街で会い続けましょう。

LEOは最後に、Carlton And His Shoesの『Give Me Little More』をセレクト、オンエアした。



ALI・LEOのプレイリスト

1.Coco / Joe Thomas
2.Don't Fight the Feeling / Master Force
3.Luv(sic.) pt3 (feat. Shing02) / Nujabes
4.上を向いて歩こう / 坂本九
5.Give Me Little More / Carlton And His Shoes

ALIの最新情報は、公式サイトまたは、オフィシャルTwitterまで。

東京カルチャーの「イマ」をギュッと凝縮した『GRAND MARQUEE』は放送は毎週月曜から木曜の16時30分から。
タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ