「脚本家・画家になったのは偶然?」大宮エリーが半生を爆笑トーク!

日曜の宵の口、辛坊治郎が素敵な仲間やゲストとともにお届けする情報サプリメント番組『辛坊治郎 Sunday Kiss』。

新年最初の放送となる2021年1月3日(日)の放送はスペシャル企画が盛り沢山!18時台はキスナー(リスナー)から寄せられた様々な質問に、辛坊治郎がぶっちゃけ本音で語ります。「なぜヨット太平洋横断に再挑戦するのか?」「太平洋横断のその後は?」

19時台は、画家・作家・脚本家であり、CMディレクター・プランナーから映画監督まで幅広い分野で活躍される大宮エリーさんがゲストで登場!「大阪・阿倍野区で育った子供時代」「なぜ東京大学を目指したのか」「大学生時代にブラジルへ?」「会社員からフリーのクリエイターになった訳」「脚本家・画家になったのは偶然?」。エリーさんご自身が半生を語る爆笑トークをお楽しみに!

辛坊治郎 Sunday Kiss
放送局:Kiss FM KOBE
放送日時:毎週日曜 18時00分~19時55分
出演者:辛坊治郎、薄田ジュリア、加納永美子、大宮エリー
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ほぼトラ」はそもそもあり得ない? アメリカ大統領選挙の現状に迫る

4月17日「長野智子アップデート」(文化放送)、午後4時台「ニュースアップデート」に、上智大学総合グローバル学部教授の前嶋和弘さんが登場。アメリカ現代政治が専門の前嶋さんに、今年11月に迫っているアメリカ大統領選挙について話を伺った。

前嶋和弘「アメリカって投票率がOECD加盟国、先進国の中でいちばん伸びているんですね。1996年の選挙で50%いくかどうかだったのが、2020年の選挙では65%までいきました。理由は何かというと期日前投票、これもしっかりやって、みんなを行きやすくさせた。いろんな努力をしています。あと近年、大混戦です。僅差の中で『自分の1票は大切だ』と思うところも増えた、ということもありますね」

鈴木敏夫(文化放送解説委員)「二極分化している中で、なんとしてでもバイデンに当選させてなるものか、なんとしてでもトランプはイヤだ、という人が『行かなきゃ!』となるんですか?」

前嶋「そうですね。あと選挙戦術もそうなんですよ。長野さんは何度もアメリカ大統領選挙を取材なさっていますけど、90年代ぐらいは真ん中に人がいた。いまは右と左に分かれて、バイデン応援団とトランプ応援団。よくバイデンさんの支持率が悪い、悪いと言います。バイデンさんの支持率、全体の40%ぐらいですけど、民主党支持者の支持率は85%ぐらいなんです。共和党支持者の支持率は5%ぐらい。やっぱり分かれていて、バイデン再選、絶対だ、と思っているほうと、いやいやトランプだ、と思うほうがかなり分かれてしまっている。それだけの熱意がある中で、引っ張られて選挙に行く、という人も多いわけですが、行かない人もいる。そこが問題ではあります」

長野智子「本当に二極化していて日本では『ほぼトラ』(ほぼトランプで決定)みたいな言葉をメディアでも、永田町でもよく聞くんですけど、どうですか?」

前嶋「そもそもアメリカっていま、2つの大きなことが起こっています。史上最悪の分断、もうひとつは史上最も厳しい僅差。この2つが一緒にあって、最も厳しい僅差なので、『ほぼトラ』ってそもそもあり得ない」

長野「はい」

前嶋「それと今年の選挙って予備選は基本的に共和党の戦いで、民主党側は、やっていたけど注目が集まらないので、トランプさんが勝っているシーンばかり見られている。また勝ったぞ、やっぱりトランプだ、みたいな話になるけど、それはおかしい。最近あまりニュースが日本で流れなくなって『いま、何?』みたいな状態ですけど、バイデン、トランプ、どっちが勝っているかというと、この2週間ぐらいでワッとバイデンが上がっていて、ほぼ並んでいる。このままずっといくんだと思います」

長野「へえ~!」

前嶋「なぜかというと、メディアにトランプが裁判の話で出てくる。選挙の話ではあまり出なくなったので、並んでくるんですね」

長野「露出が影響あるんですね」

前嶋「そして近年の選挙って最後の最後まで決まらない。2000年選挙から、どちらが勝ってもおかしくない、というのが続きました。今年もそうだと思います。秋ぐらいまで決まりません」

Facebook

ページトップへ