夜泣きほぼゼロ!?ベッキー流子育ての秘密と睡眠へのこだわりとは『KIREI NOTE Lounge』

毎週、金曜23:30(ラジオ大阪)と月曜19:30(ニッポン放送)から放送中の『KIREI NOTE Lounge』

ナビゲーターの高橋愛とコンダクターの岡田ロビン翔子が、ビューティーサイト「キレイノートから一歩飛び出して、最新のコスメや美容情報をお届けしています。

8/21、8/28(ラジオ大阪)、8/24、8/31(ニッポン放送)では2週にわたって、ゲストに今年第一子を出産したタレントのベッキーさんをお迎えしました!

――フランス式の“ねんねトレーニング”で子育て

高橋愛:お子様のご誕生おめでとうございます!3月にご出産されたということで。もう生後5ヶ月くらいですよね。どうですか?

ベッキー:ありがとうございます!楽しいです。やっと楽しいって言えるようになった。最初の2ヶ月はてんやわんやで。もちろんみなさんそうだと思うんですけど、誰かに相談しても「うちの子とはちょっと違うタイプだから分からない」って言われたり。赤ちゃんの個性は十人十色だから本当に大変だったけど、今は心から楽しいなって思えるありがたい日々です。

高橋愛:夜泣きとか大変でしたか?

ベッキー:夜泣きしないようにフランス式の“ねんねトレーニング”をしていたから大丈夫!

高橋愛:それってどういうものなんですか?

ベッキー:ほったらかしっていう方法なんだけど(笑)

高橋愛:じゃあ、誰でもできる感じですか?

ベッキー:ネーミングがかっこいいだけで誰でもできる。毎日決まった時間にお風呂に入れて、授乳してベッドに置く。どんなに泣いても戻らない。何十分も泣くようだったら戻って背中をトントンくらいはしていいんだけど、自分で寝る力をつけるっていうトレーニングをやったから、夜泣きはほぼ0です。

高橋愛:えぇ〜すごいですね!

ベッキー:「それをやると全然違う道が待ってるよ」って先輩に聞いて、取り入れて本当にやって良かった。

高橋愛:これを聞いてくださっている方の中にも妊娠中の方がいらっしゃると思うので、ぜひ取り入れてみてください〜!

――良い睡眠を摂るために一日を過ごしている

高橋愛:ベッキーさん自身も睡眠にはこだわられていらっしゃるんですよね?

ベッキー:かなり睡眠マニアで、常に睡眠の質を上げることを考えてる。みんな一日の疲れを睡眠で補っていると思っているけど、私は良い睡眠を摂るために一日を過ごしているって感じ。

高橋愛:もうシフトが皆さんとは違いますね!

ベッキー:睡眠メインで考えている感じで。

高橋愛:なるほど。どうやって過ごしたら良いんですか?

ベッキー:起きた時からが勝負で、まずは朝日を浴びる。そうすると、朝になったんだって身体が眠りに向けてカウントダウンを始めるの。そうやっていかに眠りへ向かっていくかが大事。後は寝る時間に向けて、部屋の明るさをだんだん暗くしていくとか、子育て中は難しいけど寝る3時間前までにご飯は終わらせておく、寝る1時間前に半身浴をするっていうのをやっていくと、深くて良い睡眠が摂れます。

 

後半でも、良い睡眠を摂るための秘訣を伺いました。“健康は身体の内臓たちとのチームワーク”と語るベッキーさんの健康法とは?

続きはぜひタイムフリーでお聴きください。

次週も引き続きベッキーさんにお話を伺います!

『KIREI NOTE Lounge』は、ラジオ大阪とニッポン放送で放送中です。

・ラジオ大阪 毎週金曜日23時30分~24時00分
・ニッポン放送 毎週月曜日19時30分~20時00分

 

(苫とり子)

 

◆「キレイノート」サイトの「インタビュー」記事にベッキーさんが掲載されていますので、合わせてチェックしてください◆

「キレイノート」

KIREI NOTE Lounge
放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット
放送日時:毎週金曜 23時30分~24時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:高橋愛、岡田ロビン翔子、ゲスト:ベッキー
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ