ラパルフェ登場! 阿部寛の好感度のおかげで活動は安泰?

5月19日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)にお笑いコンビ・ラパルフェが登場。都留による阿部寛のモノマネでも知られるコンビで、この日もネタを披露する際のメイクと衣装でスタジオに登場した。

大竹まこと「賞レースに出るときはモノマネやりながら?」

都留拓也「はい。M-1グランプリのときは阿部寛さんの漫才をやって、けっこう反響もありました」

ヒコロヒー「昨年の準々決勝で大会自体の風刺的な漫才をして話題になったんですよ」

大竹「それでいま、頭角を現してきたと。世間からは何か言われる? その格好で歩いてはいない?」

都留「さすがに(阿部寛のモノマネ姿では)歩いていません。話しかけられはしないです。でもここに来る前も撮影していたんですけど、面倒なのでこの顔で移動してきました」

大竹「眉毛やヒゲ書いてスーツ着て。それで(指を)さされないって問題だね!」

都留「問題ですね(笑)。マスクしているからかもしれないですけど、眉毛メチャクチャ太くしているせいで、ヤバいヤツだと思わているんじゃないかって。きょうは途中で『富士そば』に寄ってきました」

大竹「何食ったの?」

都留「春菊天そば……」

大竹「いいやつ食ってんな! 尾身くんは?」

尾身「モノマネの仕事ってピンで来るじゃないですか。もう『ラパルフェ』っていうのが都留拓也の枕詞みたいになっていて。『コンビだったの?』と言われるんです」

大竹「そんなことじゃなくて『富士そば』で何食っているか聞いているんだよ」

尾身「きょうは行っていないんですよ(笑)。この前に仕事がなかったので家から来ました。家で食っています」

大竹「家から来たって格好だもんな」

尾身「一応、衣装なんですけど(笑)」

大竹「幼い子や奥さんがいて、実家じゃなくて。ついこの前までコールセンターでバイトしていた?」

尾身「いまも週5でしています」

都留「僕も場所は違いますけどコールセンターでバイトしていて、もう辞めました。阿部さんのドラマがヒットしてくれたので、おかげさまで食えています」

大竹「阿部さんも引っ張りだこだもんね」

ヒコロヒー「モノマネする側って、されている当事者の好感度によって仕事量も変わるというから、阿部さんが問題さえ起こさなければ安泰かなと。いや起こさないですけど(笑)」

大竹「その逆で、モノマネする芸人が売れることでタレントもさらに売れるっていうこともあるね」

都留「僕の場合もあるかもしれないです」

大竹「ねえよ!」

都留「でも阿部さんってずっと、バラエティに出られなかったじゃないですか。それがモノマネしているからということで僕と共演してから、番宣でガンガン出られるようになって」

大竹「阿部さんは仕事に困って出ているわけじゃないから(笑)」

ヒコロヒー「ドラマや制作陣のためにってね」

放送ではその阿部寛のモノマネを用いたネタも披露され、大竹の感想やヒコロヒーによる解説もあった。

タグ

産油国が減産 「ロシアが裏で糸を引いている」辛坊治郎が解説

キャスターの辛坊治郎が10月6日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。産油国が原油を減産する方向で調整に入ったことについて、「ウクライナ侵攻で大儲けをしたロシアが裏で糸を引いているといわれている」と解説した。

【OPECプラス大幅減産】OPECプラスの会合後、記者会見するサウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相(左から2人目)ら=2022年10月5日、ウィーン(ゲッティ=共同) ©共同通信社

ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国とロシアなどの非加盟産油国によるOPECプラスは11月の生産量を1日当たり200万バレル規模に減産する方向で調整に入った。生産量を減らして市場に出回る原油の価格を維持する。エネルギー高に苦しむ欧米の反発は必至だ。

辛坊)原油価格は一時、すごく上がっていましたが、今はロシアがウクライナに侵攻した2月24日のよりもずっと下がっています。今、「さまざまな物価が上がっているのは、ロシアのウクライナ侵攻が原因」と、よくいわれていますが、原油に限らずいろいろな物の国際価格はロシアによるウクライナ侵攻の前に戻っているんです。その典型である原油は1月頃の価格まで戻っているんですね。

日本のようなユーザー国にとっては、原油価格は安ければ安いほうがいいです。ところが、産油国は原油が主な収入源であるため、原油価格がこんなに下がってしまうと困るので、当然ながら高く売りたいんですね。そこで、ここまで原油価格が下がってきたら、少し調整しないといけなくなったというわけです。世の中は需要と供給のバランスで成り立っていますから、供給量を絞れば価格は当然、上がりますからね。

今回の減産の裏では、どうやらロシアが糸を引いているのではないかといわれています。ロシアはウクライナへ侵攻し、世界的な制裁の対象になっていますが、そのおかげで大儲けしています。戦況の行方によっては原油が逼迫するかもしれないという危機感から、原油価格はどんどん上がりました。ロシアは産油国です。自分で危機をつくり出して原油価格が上げたわけですから、世界的な制裁を受けても金銭的に痛くもかゆくもない状態でした。

ただし、ここにきて原油価格がだんだん下がってきて、ウクライナ侵攻以前の1月頃の水準に戻っています。ロシアをはじめとするOPECプラスの国にとっての財政均衡ラインは、1バレル当たり約80ドル(約1万1600円)といわれています。今、これを下回る状況になってきているんですね。日本のようなユーザー国からすれば、価格は下がってくれたほうが得であるし、ロシアもダメージを受けるから、もう少し下がればいいなと考えています。しかし、産油国は困るわけです。そのせめぎ合いが起きているというニュースです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ