声優の浅沼晋太郎が登場!浅沼はSnow Manの中で誰推し?「僕本当にファンクラブ入ったんですよ」

11月26日放送の『Snow Man佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』(文化放送)に、声優の浅沼晋太郎がゲストに登場し、佐久間やSnow Manを推すようになったきっかけを語った。

浅沼「さくさくさくまって呼んだほうがいいですか?」-

佐久間とはプライベートでの付き合いもあると語った浅沼。彼らの親交のきっかけや、Snow Manのライブを観覧した浅沼が誰推しになったのか語ってくれた。

佐久間「僕たちプライベートでも仲良くさせていただいてます」

浅沼「いやいやもうこちらこそですよ。ありがとうございます。結構聞かれるんですよ。何故さっくんと仲が良いんだと」

佐久間「最初のきっかけはKis-My-Ft2の宮田くんですよね?」

浅沼「そうです。キスマイのみやっちと対談させていただいたきっかけで、お話しするようになって、そしたら「浅沼さんのキャラクターをめちゃめちゃ好きな後輩がいるんですけど」って、それがきっかけです。それで写真とか見たら、MAD TRIGGER CREWのTシャツ着たりしてるから、そういうのを見てあ、本物だとなって。ご飯も行かせていただいて。めっちゃ楽しくて。で、1番最初にライブを見に来ませんか?って言ってくださって、ライブを見たんですよ。むちゃくちゃすごくて!感動して!僕、正直ジャニーズライブみたいなのは初体験だったんですよ。それが、Snow Manだった。そして、場所は横浜ということで…」

佐久間「同じ横浜ですね!テンション上がっちゃいますもん。いつも」

浅沼「ライブ見させていただいて、僕本当にファンクラブ入ったんですよ。ご覧くださいこれ」

佐久間「アハハ!(笑)ファンクラブの会員カード持ってる!」

浅沼「ちゃんとファンクラブ会員だぞ!っていうことをちゃんと証明しようと思って、この間更新しました。ファンクラブとかほとんど入ったことがないので、僕あのファンクラブ入ってるのは、Snow ManとEXITですから。感動しちゃって、それでファンクラブ入ろうってなって。そしたら、なんかイベントでお渡し会みたいなので、ファンの方とおしゃべりする機会とかあるじゃないですか?そこで、大体聞かれるんですよ。誰推しですか?って」

佐久間「浅沼さんに会いに来てくれてるファンの方ですよね?その、短い時間の中で話すことを俺の話に絶対しちゃいかん!(笑)もったいないよ時間が!浅沼さんに聞きたいこと聞きなって!」

浅沼「私もSnow Man大好きなんです。誰推しですか!って言われて、ニコイチです。つって」

佐久間「ニコイチというのは、私佐久間大介と岩本照がニコイチと呼ばれてまして」

浅沼「そこから、だいたい番組で見かけるとハッ!つって、いろいろ勉強させていただいた。さくさくさくまって呼んだほうがいいですか?」

佐久間「それは大丈夫なんですよ。何も浸透してないので(笑)」

その他、浅沼が演じているアニメのキャラクターの話や、脚本家であり演出家でもある浅沼の舞台についての話など、様々な話が飛び交った。是非、タイムフリーでチェックして欲しい。

タグ

R-指定、切望「やっぱり歌わせたい!」 これからのライブで“やりたいこと”語る

1月30日(月)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)が放送。新型コロナウイルス対策として続いてきた、イベントやコンサート会場での“声出し制限”が撤廃されたことについて語った。

Creepy Nuts

DJ松永:“声出し”が解禁されたから、お客さんに歌ってもらったりできるから、Rさんもちょっと楽になるんじゃない?

R-指定:と、思うやん? 実は、お客さんに歌わせようとすると、その数小節前のフレーズから、俺は声のボリュームを上げないといけないのよ。“歌えよ”っていうサインで。

DJ松永:ああ~!

R-指定:だから、それを何発もやると、喉が飛ぶ可能性がある。

DJ松永:難しいね。

R-指定:でもね、やっぱり歌わせたい! “お客さんが韻を全部言う”っていうのをやってみたい! ラップのライムのところを、全部お客さんに言わせたい。

DJ松永:それ、全員サイドMCじゃん(笑)……でもそれ、やりたいよね。

R-指定:やりたい。

DJ松永:うわあっ……やりたい!

R-指定:アメリカのケンドリック・ラマーが『HUMBLE.』を歌いだしたら、お客さんが歌いすぎて。『HUMBLE.』って超難しい曲なのに、それを客が全員で合唱するからケンドリックがうれしくなって、DJの音を止めて、ずっとそれを眺める……みたいなことがあって。もう、逆ライブ!

DJ松永:やばっ!

R-指定:その、お客さんの大合唱をある程度聞いて、もう一回、曲を頭からケンドリックが歌って、ドカーンって盛り上がって。めっちゃかっこ良かった!

DJ松永:海外のラッパーのライブを見ると、お客さん、まじでラップができるよね。すごいよね!

R-指定:そう、細かいバースも全員歌えたりね。日本もそうしていこう。そうしていく!(笑)

ライブで観客にも歌わせたい、また、客が一曲丸々歌ってそれを眺める、ということもしたいと、しみじみ語ったR-指定。

コロナ禍でライブや音楽活動が制限されていたタイミングで、急激に売れたCreepy Nuts。声出しOKのライブについて、「あれやりたい、これやりたいが、めっちゃ思いつくよね」「フェスとかライブとか楽しみだな」と、2人でうれしそうに想像を膨らませていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ