文化放送開局記念ウィーク特別番組 『知っていますか?ロービジョン~0と1の間Vol.2』3/29(水)午後7時00分~放送決定

2023年3月31日(金)で開局71年目を迎えるにあたり、文化放送は3月27日(月)より一週間を「文化放送開局記念ウィーク」として、様々な特別番組を放送する。

今回決定した特別番組は文化放送開局記念ウィーク特別番組『知っていますか?ロービジョン~0と1の間Vol.2』。3月29日(水)午後7時00分より放送するという。

当番組は、『知っていますか?ロービジョン~0と1の間』(2022年9月19日放送)の第二弾で、自らロービジョン者である文化放送社員が企画・制作を担当し、“健常者と盲目の間”であるロービジョン者の見え方や気持ちを広く理解してもらう番組をお届けします。今回もパーソナリティには、この番組の趣旨を深く理解しているサヘル・ローズを迎える。

番組では第一弾放送後、多くの視覚障碍関係者からの反響があった。そこで第二弾では、番組宛に届いたメッセージをもとに取材を重ね、ロービジョンの患者を支える様々なテクノロジーのその後の進化、患者支援の様々な動きなどを中心に取り上げていく。

<取材一覧>
①愛知淑徳大学健康医療科学部視覚科学専攻学科
今年1月に行った当番組のプロデューサーによる特別講義の内容や学生との質疑応答を紹介。将来視覚障碍者の医療を支える仕事にへの就職を希望する参加学生に、眼科の医療に携わりたい理由などについてインタビューし、若い学生たちの熱い思いを伝える。

②日本科学未来館が開発した視覚障碍者のためのナビゲーションシステム「AIスーツケース」初の路上実験
第一弾で紹介した、視覚障碍を持った研究者である日本科学未来館・館長の浅川智恵子氏が指揮をとり開発したナビゲーションシステム「AIスーツケース」。行き先のインプットにより視覚障碍者を目的地まで案内してくれる画期的なシステムで、現在では屋外でも稼働させることが可能になりました。今回は、道路上で行われた実証実験の模様を紹介するとともに、実験に携わった視覚障碍者の感想、今後に残された課題を紹介する。

③視覚障碍者のためのナビゲーションツール「アシラセ」開発者・千野歩氏
昨年10月に開催されたテクノロジーの進歩を競う「VISI ONE」で、最優秀賞に選ばれた株式会社ASHIRASEが開発した「アシラセ」。「アシラセ」は視覚障碍者が履く靴に振動する装置を取り付け、その振動によって視覚障碍者に歩く方向を指示するナビゲーションシステムで、番組では千野歩社長に商品化するまでの苦労や今後更に改善すべき課題などを聞く。

④眼科医療はどうあるべきなのか~井上眼科病院、若倉雅登名誉院長に聞く
「目の相談室」というシステムを作り上げ、眼科医・看護師・視能訓練士・ソーシャルワーカーなどがひとつのチームを組んで、患者一人一人の医療に取り組んでいる井上眼科病院・若倉雅登名誉院長に話を聞く。

現在、番組に対するメッセージを募集している。
メールアドレスは、lv@joqr.net

タグ

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ