山寺宏一の忘れられない現場、オーディションでようやく勝ち取った役とは?

TBSラジオ「山形純菜 プレシャスサンデー」(日曜日・午前6時~生放送)
日曜日の朝聞いて得するワイド番組です。映画、芝居、イベントなど情報満載。山形純菜アナウンサーが、日曜日の朝パーソナリティをつとめます。

6月23日(日)ゲスト:山寺宏一さん

声優界のトップランナーとして大活躍している山寺宏一さん。
現在、大ヒット公開中の映画「アラジン」プレミアム吹替版にジーニー役(ウィル・スミス)で出演されています。

山寺さんのレインボーボイスによる、愉快でエネルギッシュ、何でも願いを叶えてくれる青いランプの魔人に、子どもは勿論、幅広い世代の人々が虜になっています。

そして、山形純菜アナウンサーもその一人。憧れの山寺宏一さんに、主に「外国映画の吹替のお仕事」について、伺いました。

Q:アニメと吹き替えの現場の違いってなんでしょうか?
山寺:大きく違うのは、オリジナルの声があるか?ないか?ですよね。
日本のアニメは、そこで初めて声を入れるわけですから。
吹替の場合、オリジナルの完成された作品があるわけですので、それをお手本に出来ます。
僕は「その方が日本語ペラペラだったら、こんな感じ」
…そういう風に思って頂く様に演じています。
声優の存在を見ている方に忘れて頂くのが一番いいので。
そうなったら、声優の勝ちかなって思いますね。

Q:今でもオーディションを受けることってあるんですか?
山寺:「とりあえず声を聞きたい」っていうのは、ありますし、日本のアニメでもありますよ。
すごい大作で、重要な役で…、何度か落ちたりもしましたね。
オーディションと言っても、審査員がズラリと並んで「さあやってみろ」ではないですよ。
アフレコ現場のちょこっとやるバージョンのような感じなのでそれほど緊張はないです。
でも、どうしてもやりたい役だったら、もの凄い緊張しますね…。
これでとれなかったらどうしよう…って思います。

Q:忘れられないオーディションはありますか?
山寺:ドナルド・ダッグですね。
一応決まるまで、6回ほど、受けました。
まず、ドナルドの発声、あの喋り方が、ちゃんと出来なくて…。
最初は、たくさん、オーディションを受ける人がいたんでしょうけど、最終的には、僕、一人のオーディションになってました。
僕が出来るかどうか、皆が見ると言う。
受かってからもプレッシャーが大変でしたけどね。

Q:では、忘れられない現場は?
山寺:もちろん、全部の現場を覚えてますよ(笑)!
でもやはり、吹替をやっている者にとって、オリジナルの俳優さんに会えるのは特別な事なんですよ。
僕は、一度だけ「マスク」のジム・キャリーに会えて。
それと「少林サッカー」のチャウ・シンチーに舞台挨拶でご一緒させてもらって。
あと「アベンジャーズ」にも参戦した「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラットはじめ、監督、キャストの皆さん。
そして今回の「アラジン」のウィル・スミス&アラン・メンケン!
これは、一生、忘れられないですね!
お二人とも素敵な方でした!

Q:今回のジーニー役、演じられていかがでしたか?
山寺:今回、吹替の依頼が来なかったら「声優辞めてやる」って言ってました!
まぁ実際は住宅ローンもありますし、辞める気はなかったですけどね。(笑)
ウィル・スミス本人にもお会いして、吹替を披露させて頂いたんですが、大笑いしてましたよ!
「不思議だ」と言ってましたね。
チャーミングな方で。惚れちゃいそうでした。(笑)
ウィル・スミスもジーニー役は「自分の集大成」と仰ってましたが、僕にとってもそうなんです!
僕の声優生命をかけて、見るべき作品だと言わせて頂きます!
歌も「フレンド・ライク・ミー」はじめ、歌わせて頂きました!
音楽にもぜひ、ご注目下さい!

山寺さん、貴重なお話の数々、ありがとうございました!

タグ

“クイズ好き”乃木坂46山崎怜奈も頭を悩ます難問続出!? みんなの“とっておきのナゾナゾ”一挙紹介!

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。9月21日(火)の放送では、みんなの“とっておきのナゾナゾ”をシェアしました。


パーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは、東京ディズニーシーのダッフィー&フレンズに加わった新キャラクター、謎解き好きのキツネの女の子「リーナ・ベル」にちなんで“誰かに話したいナゾナゾ!”。

まずは、れなちからの出題で「逆立ちすると体重が軽くなる動物は?」。実はこの問題、YouTubeチャンネル「QuizKnock」で紹介され、クイズ王で知られる伊沢拓司さんも答えられなかったそう。正解は「イルカ」で、逆さまから読むと「軽い」でした。

リスナーからは続々とナゾナゾが到着。まずは「テレビやラジオに憑りついている幽霊は?」で、正解は「音量(怨霊)」。続いては「花束を2束と3束を合わせると何束になるでしょう?」。「う~ん、どういうことだろう……!?」とれなちも悩むなか、正解は「1束」。どれだけあってもまとめれば1束になるとのことで、「うまい!」と納得。

「つよしくんのお父さんには、5人の息子がいます。一郎、二郎、三郎、四郎、あと1人の名前は?」。正解は“五郎”ではなく、質問の冒頭にもある「つよし」。そして「必ず降りてから乗る乗り物は?」の正解は「地下鉄」(地下に降りてから電車に乗るから)。

また、「推しのアイドルがいる家電は?」。正解は「扇風機(ファンだから)」で、これには「なるほど!」と膝を打つれなち。「歩いていると、右に行く道と左に行く道に分かれています。目的地に辿り着くにはどちらに進めばいいでしょう?」というナゾナゾには「え~、人によらない(笑)?」と笑うれなちでしたが、正解は「右」。右は英語で「ライト(Right)」=Light(正しい)からだそう。

さらには「ある日、たろうくんが桜の木の下で花子さんに告白したら断られてしまいました。次の日、スギの木の下で告白したらOKをもらいました。それはなぜでしょう?」。ちょっと難しいこのナゾナゾ。れなちも「全然わからない」と頭を抱えていると、「変わったのは木」とのヒントが。正解は「木(気)が変わった」でした。これには「なんだ~、もうケヤキでもヒノキでもなんでもいいじゃん(笑)」と拗ねるれなち。

リスナーから「人生で出会ったナゾナゾで1番唸った問題」と寄せられたのは、「野球やサッカーなどで使われるボール。普段は丸いものですが、世の中には四角いボールもあります。それはな~んだ?」。正解は「ダンボール」でした。

その他にも小学3年生のナゾナゾ好きの女の子から届いた、自分で考えたという問題「くるみに1番合う飲み物は?」。正解は「ミルク」。これにれなちは「かわいい~、素晴らしいですね!」とベタ褒めしていました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月29日(水) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

Facebook

ページトップへ