横澤夏子が取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)は?

2021年4月10日(土)夕方5時から放送、サタデースペシャル「横澤夏子のやってる!?SDGs」(TBSラジオ)。

パーソナリティは、お笑い芸人の横澤夏子さん。アシスタントにTBSアナウンサーの山形純菜さん。そして、国連広報センター所長の根本かおるさんの3人でお送りしました。
皆さん、以前から面識があったので収録はとても盛り上がりました!

■横澤さんが取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)は?

横澤「小さい頃にミッキーマウスのお人形がないと眠れないってくらい大切に持っていたのがあって、最近それを1歳の娘にあげたんですけど、これもサステナブルなんだよと言われました。」

根本「それはゴール12の『つくる責任つかう責任』にドンピシャですね!」

横澤「あとは、お笑いを見にくるお母さんやお父さんがお子さんを預けてリフレッシュをしてもらいたいという思いから、吉本の劇場に託児所を作らせてもらったりもしました。(現在はコロナの影響で閉鎖中)」

根本「まさにゴール5の『ジェンダー平等を実現しよう』だったり、ゴール8の『働きがいも経済成長も』にあたいしますよね。」

横澤「すごい!占い師のようにどんどん数字が出てきますね!」

山形「私は、普段料理をするので食品ロスが気になっていて、人参の皮をどこまで使えるのかと考えながら調理したり、みかんの皮も捨てずに削って香りだしにしたりしていますが、これもSDGsですか?」

根本「ゴール12『つくる責任つかう責任』や、ゴール2『飢餓をゼロに』(持続可能な農業に)繋がるんじゃないでしょうか。」

横澤「人参の皮を残さないことが、『飢餓をゼロに』とどう繋がっていくんですか?」

根本「世界の1割の方が飢餓に苦しんでいると言われていますが、食料が不足しているかと言うとそうではないんです。日本だけでみると、毎日1人がおにぎり1個分の量を捨てているんですね。それは1億個のおにぎりが毎日捨てられている計算になります。これがバランスよく世界に配分されないといけない。もっと“作りすぎない買いすぎない”ことをしていかないといけないですよね。」

■育児にまつわる取り組み

横澤さんは、現在1歳の娘さんを育てているママ。そこで、今回は子供服のオンライン買取・販売コミュニティを運営されている「株式会社  キャリーオン」の代表・吉澤健二さんをお招きしました。

子供はどんどん成長していくため、次々と子ども服のサイズが合わなくなってしまう。
着られなくなった子供服を、“同じように大切に着てくれる次の方”に届ける仕事。
そんな「子供服シェアリングサービス」を運営しているキャリーオン。
着られなくなった服をまとめて送ると、日々育児に忙しいパパママたちに替わり、キャリーオンスタッフが1点1点丁寧にチェックし、ラッピングし、販売。

子供服や靴、鞄などを送りたい場合、申し込むと発送キットが届きます。
横澤「え、段ボールが届くと思っていたら、こんな薄い封筒で届くんですか?しかも、着払いでいいんですか?すごい。」


そして、新品に近い洋服などもお手頃価格で購入できます。

横澤「ラルフローレンがタグ付きで売られてますよ!」

吉澤「こういった未使用のものもございます。」

横澤「これがお安く手に入るなんて!子供服に流行りってないですもんね!」

吉澤「いかに、ユーズドへの抵抗感をなくすか、新品じゃなくてもオシャレはできるよ、こういったほうが今の時代にあってるよね、といったことをキャリーオンでは取り組んでおります。」

吉澤「最近では、子供服を購入するときから、いつか誰かに手放すことを考えて綺麗に使おうとしている、パパママが増えてきたように感じますね。」

横澤「なんでも大切に使おうという考えが大事ですね。」

根本「アパレル産業は、環境負荷がとても大きいと言われています。ジーパン1本作るのに、1人あたりの飲み水7年から8年分の水を使うと言われていたり、日本は海外で作られているものが売られていることも多く、1人あたりの衣服消費に伴う二酸化炭素の排出量が世界一なんです。そして、捨てられている衣類の量も日本は年間100万トン、これは20億着から30億着と言われています。その他、海外の労働搾取も問題視されています。」

吉澤「現在、アパレル業界では段ボールやハンガーの再利用、市場に投入する服の量を減らしたり、受注生産で販売したりと、いろいろと取り組みが始まっています。」

横澤「早速、私も娘の着られなくなった服を送らせていただきたいと思います。この発送キットもらっていいですか?」

吉澤「もちろんです!お待ちしております。」

吉澤さん、ありがとうございました!

■横澤夏子にぴったりなSDGs商品をプレゼン!

最後は、横澤さんが絶対欲しくなるSDGsに関する商品をプレゼンするために、お笑い芸人のインディアンスさんが来て下さいました。


急に場の空気が変わり、賑やかに!

横澤「きむさんは3月31日にお子さんが産まれたんですよね!」

きむ「そうなんです。里帰り出産だったので、まだ一緒には住んでないんですけど帰ってきたら何をしてあげたらいいのかな?」

横澤「きむさんの睡眠時間をすべて奥さんにあげてください。」

田渕「飲みに行くこともできなくなるね。」

横澤「ふざけないで!飲みにいくなんて1年はダメです!」

山形「子育てをちゃんとすることもSDGsですからね。」

ということで、インディアンスさんが実際に使ってみて決めた商品をそれぞれ1分間プレゼンしてもらいます。勝者した商品は、リスナープレゼントになります。

田渕さんがオススメするのは【スタッシャー】
100%ピュアプラチナシリコン製で環境への負担が少ない素材で作られているスタッシャー。
電子レンジ・オーブン・湯せん調理が可能で、約3,000回繰り返し使うことができます。
田渕さんは、これに鶏のささみを入れて湯せんし、バンバンジーを作ったんだとか。そのほか、小物入れとしてポーチにも使えます!(公式オンラインショップから購入可能)

 

 

きむさんがオススメするのは【ベビーマグちゃん】人と環境にやさしい洗濯用品。洗剤の代わりに、手のひらサイズのマグちゃんを洗濯機に入れるだけでOK。さらに、洗うたびに洗濯槽や洗濯ホースの汚れまで落ちて綺麗になっていく。きむさんは、ご自宅で洗濯したあと部屋干しをしたそうなのですが、あの嫌なニオイがなかったんだとか!消臭力は、洗剤の約5倍。毎日の使用で約1年間使用できます!(公式オンラインショップから購入可能)

 

 

横澤さんも山形さんも「どっちもすごく欲しい!」と興味津々。
しかし、どちらかを選ばないといけないため出した答えは、田渕さんがプレゼンした『スタッシャー』が勝利しました。
理由は、スタッシャーのほうが薄いので郵送しやすそうだから!

インディアンスさん、ありがとうございました!


あっという間の、1時間。

横澤「こんなにSDGsの話をしたのは初めてでした。」

山形「何からすればいいんだろうって思っていたので、今回たくさん学べました。」

根本「習うより、慣れよ!です(笑)」

横澤「そうですね!この番組をきっかけに私も、ラジオをお聞きの皆さまもSDGsについて少しでも考える時間が増えると嬉しいです!」

タグ

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ