コシノジュンコさんが語る、国内外で開催したショーの思い出

TBSラジオ「コシノジュンコ MASACA」毎週日曜夕方5時から放送中!

10月22日(土) 放送後記

今週も、世界的デザイナー:コシノジュンコさんをゲストにお迎えして行われた 番組初となる公開収録の模様をお届けしました!

公開収録の会場となったのは、ヨーロッパのエッセンスを取り入れた オールデイダイニング『THE GARDEN BRASSERIE & BAR』です。

ショーのテーマ探しに中国へ...。 運命の出会いはタクシーの中で!?

コシノジュンコさんは、1978年 にパリコレに初めて参加されました。

ただ、当時、すでに高田賢三さんがパリでブティックを成功されていたこともあり”日本で成功してからパリヘ挑戦しよう” と思っていたとか。

そんなパリコレ初参加の前年には、ショーにテーマ探しのために、日本のルーツを意識した、中国へ渡られたそう。

コシノ「中国って近くて遠い世界で、近所の中国料理屋さんしか知らないくらい。それでとにかく中国に行ったんですけど、、、文化大革命後だったから、暗くて。私の思っていた中国じゃなかったんです。」

テーマ探しは難航する中、万里の長城に足を運んだコシノさん。
その帰りのタクシーで、”運命的な出会い”がありました。

コシノ「そのタクシーで聞いた音楽が良かったんです!」

要「中国の音楽ですか?」

コシノ「初めて聞いた音楽で、不思議な綺麗な音楽で...少数民族・ヤオ族の舞曲の、『幸福年』という曲でした。中国語できないから、運転手さんに紙にタイトルを書いてもらって街でこの曲が欲しいと聞いて歩きました。レコード屋さんがなかったけどついに本屋さんで探し当てて。その音楽が、パリコレのフィナーレの曲になりました。見たものに影響されてパリコレに出すと、コピーみたいに感じるけど、音楽なら、目に見えないでしょ?」

近藤「出会いって、どこにあるかわからないですね。」

コシノ「出会いは、思っても見ない、突然やってきます。計画では無いです。」

そして1978年 にパリコレに初めて参加されて以降、22年にわたり参加されました。

国内外のレジェンドたちとの交流。

そんなコシノさんが影響を受けた人物を伺うと、若い頃、毎日のように一緒にいたという『作詞家:安井かずみさん』や生前に交流があったフランスの現代美術家『アーティスト:セザール』の二人をあげてくださいました。

セザールが来日した際には、アートの本質を感じる出来事があったとか。

コシノ「明日帰るって時に、私が運転してホテルまで送っていったんです。エレベーターの前まで送って行って、さよなら~ってドアが閉まったのにまた開くの。そしたら、セザールが、壁にペターってくっついてるの。閉まったと思ったらまた開いて、今度は床にペターって。次は、斜めにパーー!考えたら、忙しいですよね(笑)」

要「それは忙しいですね(笑)」

コシノ「コンテンプラリーアートって形がないから、”それ” もアート。アーティストって、本人も作品ですね。忘れられない。エレベーターも、次から次によく考えるな~って。」

要「エレベーターでの行動も、アートの表現されてたんですね!」

他にも、資生堂の世界展開でも活躍していた、セルジュ・ルタンス も素敵なセンスを感じてた、とお話くださいました。

”世界で初めて” へのこだわり

パリコレ意外にも、世界各国、さまざまな場所でショーをしてきたコシノさん。
中でも忘れられないのは、キューバのショーだそう。

コシノ「私いつも、世界で2番目なんです。カルダンが先にやってるから。いつも、東洋初、女性初。悔しかったの。それで9月にキューバでショーやるってきいたから、12月のショーやめて8月末にキューバだわって(笑) そしたら、カリブの強烈な台風の真っ最中だった。世の終わりって感じで...8月の末にいくもんじゃないですね(笑)」

そんな中でも、ショー当日だけ天候は回復!
演出を担当したプロデューサーが言った 『今は夢、明日は歴史』という言葉も忘れられないショーだった、とのこと。

また、ショーの最中に停電になった、ミャンマーのショーも苦労の連続で忘れられないそうで....

コシノ「ミャンマーの人は、停電に慣れていたから照明や音楽が無くなっても、じーっと見てるんです。暗くても、だんだん『あ、見えてくる~』って(笑)出演しているモデルも動揺しない。良い経験でしたね」

要「なんで、そういった不便なところでショーを開催されるんですか?」

コシノ「そういう場所が好きです。パリ、ニューヨークをやったら、それしかない。似たようなところ行ってもね。やっぱり、カルダンの影響もあるかな。2番目、2番目って言われたから。」

要「苦労しても、挑戦するんですね」

コシノ「初めてって良いですよ!なんでも残るから。2番目は残らない。」

優雅で美しいショーの裏側は...戦場!?

今年6月に東京で行われた、ヨウジヤマモト2023年春夏メンズコレクションには要潤がランウェイモデルとして登場し、話題になりました。

要「すべて終わった後の一体感が、すごく華やかでしたけどデザイナーさんは、シビアで隅々まで見られているから大変だなと...」

コシノ「喧嘩になる時もありますよ(笑)順番を間違えたら、全部変わっちゃうから、怒鳴ってたり。私はそこまで喧嘩はしないけど...平和でいるのは難しいですね。あと、見張っていないと、何か盗られたりしちゃうから」

要「...何をですか?」

コシノ「靴がないとか、誰かが持っていっちゃうの。その見張りもしなくちゃだし。」

要「すごい人の数ですもんね」

コシノ「あと、パリだとストライキがあるの。泣いちゃう(笑)公共交通機関も止まっちゃうし。」

パリでのコレクションの最中に行われた、相撲の”パリ場所”。
その際には、化粧回しなどを保管していた倉庫が開催の2日前に火災になってしまうなど、大変な被害があったことも...。

来週は、公開収録に参加されたリスナーの皆さんからの質問にコシノジュンコさんにお答えいただきます!

OA楽曲

M1 Lost In Paris/Tom Misch Feat. Goldlink
M2 Killing Me Softly With His Song/Blossom Dearie

要 潤のMagic Hour
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週土曜 17時00分~17時30分
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

土岐麻子の洗練されたシティポップナンバーを厳選してお届け!『こだわりセットリスト・特別編』

"こだわり"の選曲をノンストップでお届けする『こだわりセットリスト・特別編』。6/20(木)19:00~は「土岐麻子特集」をお送りいたします。

土岐麻子は1997年シティポップ系バンド「Cymbals」のボーカルとしてデビュー。2004年1月の「Cymbals」解散後、彼女の父でサックス奏者の土岐英史プロデュースによるアルバム「STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~」でソロデビューを果たしました。

"ジャズシンガー" としてスタートした彼女ですが、2005年にリリースした初のオリジナルアルバム「Debut」では「Cymbals」時代のテイストを色濃く残した都会的で洗練されたシティポップを披露。実力派J-POPシンガーとしての地位を確立しました。その後もジャズアルバムのリリースを挟みながら、常に新しい音楽的アプローチを試みたオリジナルアルバムを発表。日本の音楽シーンに新しい風を吹き込んでいます。

今回は、洗練されたシティポップテイストの作品を中心に、彼女の才能と魅力を存分に堪能できる6曲をチョイス。ファンの方にも、初めての方にもボーダレスに楽しんでいただけるセットリストとなっています。どうぞご期待ください!

※セットリストの詳細については番組HPでご確認ください。

Facebook

ページトップへ