元ドラゴンズ山﨑武司氏「3月は寒さとの戦い」

TOKAI RADIO『Live Dragons!』(月18:00~19:00 火~金17:15~19:00 DJ平松伴康)水・木の『HOMERUN GARAGE』(ホームラン ガレージ)のコーナーでは、プロ野球通算403本のホームランを記録し、ドラゴンズなどで活躍したプロ野球解説者・山﨑武司氏が、野球人生での思い出ばなしなどを語っている。時には、趣味(クルマなど)の話も交えて、自身の大きな「GARAGE」に詰まった話を披露している。

沖縄と名古屋、気温差が大きいが

ドラゴンズは、沖縄キャンプを終えて、3月はオープン戦。この時期は、沖縄と名古屋とでは気温差が大きい。

山﨑氏は「(気温差が大きいのは)大変というよりも、ヤダね。バッターは、まず、手が痛い。でも、試合になってしまえば、そんなことは言ってられないんで、バンバン振っていくが、手は痛いし、どれだけアップしても、体が少し冷えてくると、縮こまってくる」

「そうなると、怪我というものがついてくる。まだまだ外の球場は寒いので、慣れなきゃいけないと思ってやっているが、ときには、気温が一桁の前半なんてときもあった。でも中止にはならないからね。『寒う~!』って感じでやってたけど、イヤだったね」

今はドームでの試合も多いが

「僕らのときは、地元のオープン戦は、地方に行っていた。刈谷とか小牧とか。今年は岡崎があるそうだが、この時期、外の球場は寒いので、そういうときは、ベテランや主力は、ちょっと行きたがらない。気を遣ってくれるコーチだといいが『やあやあ、行くぜ行くぜ』というコーチだと、行かなきゃいけない。そういう部分では、ベテランは、ドームでやりたいなあという気持ちはあると思う」

若い選手たちはどうか

「若い選手は、寒いなんて言ってられない。ガンガン行くしかないと思うね。ここでサバイバル。ダメなら落とされる。3月中に落ちてしまうと、開幕ベンチは、ほぼ消えてしまうので、そういうところでは、踏ん張りどころの3月となる。よりシビアな競争が始まる。イヤな時期と言えば、イヤな時期だよね、3月は」

「オープン戦といえど、若手は結果。ボーダーライン上の選手は結果がすべて。同じポジションで同じ年代で、結果を出したときには、そこから、内容を見たり、将来性を見たり、そこで変わってくるが、まずは結果だよね、若い選手はね。シーズン以上のアドレナリンを出して、オープン戦を戦っていかなきゃいけない」

山﨑氏が若手の頃の3月は

「若手のときのオープン戦は、メチャクチャ打っていた。当時の僕のあだ名は『春男(はるおとこ)』。春にメッチャ打って、4月に開幕したら、主力ピッチャーにカンカラカンにやられて、茶化された時期もあった。競争に勝って、1軍に残って、ポジションを獲っていく。それは誰もが通る道。若い選手にとって、きつい時期だが、頑張らなくてはいけない。今年のドラゴンズは、外野、ニ遊間かな。このあたりが、かなり競争。劇アツゾーンかな」

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

乃木坂46賀喜遥香「『えへ、えへへへ』って笑っちゃって(笑)」山下美月の卒業コンサートで披露した「I see...」の“あおり”を反省!?

乃木坂46の賀喜遥香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 乃木坂LOCKS!」(毎週木曜23:08頃~)。5月16日(木)の放送は、リスナーから寄せられたメッセージを紹介するとともに、5月11日(土)に東京ドームで開催された「乃木坂46山下美月 卒業コンサート」DAY1を振り返りました。


乃木坂46の賀喜遥香



――リスナーが話したいこと
「遥香先生、美月さんの卒業コンサートおつかれさまでした! 私が特に印象に残ったのは、1日目に披露した『I see...』です。美月さんと2人でセンターに立つ遥香先生は、いつにも増して笑顔が本当にかわいかったですし、見ているこっちもずっと楽しくて“この時間が永遠に続けばいいのに”と思っていました。美月さんも遥香先生のいいところを見つけてくれたけれど、私たちも負けないくらい遥香先生のいいところをもっと見つけて、これからもずっと乃木坂46を応援していきます!」(24歳)

――「アドリブ対応中にまさかのハプニング!?」

賀喜:ありがとうございます! DAY1では「I see...」を(美月さんと)一緒にセンターで披露させていただきました! 「I see...」は先輩の卒業コンサートで披露することが多くて、そのたびに私が曲の間奏であおることが定番になってしまっています(笑)。

いつもは間違えちゃったらイヤだから文言をちゃんと決めるんですけど、今回は「美月さんと2人で(あおりを)やってください」って言われて。だけど、美月さんは1日目も2日目も、曲だったり、MCだったり、覚えることがいっぱいすぎて“そこまで覚えられないだろうな”って思っていたんです。

それで、美月さんと「『I see...』のあおりはどうしましょうか?」とお話をしたときに、美月さんから「賀喜に任せるし、2人であおるところは流れに任せてノリでやっちゃおう!」と言われたので、初めて文言を決めないでやってみたんですね、「東京ドーム声出せ~!」って。

そうしたら、美月さんが「かっきーも盛り上がっているか~!?」と言って、「おー! いけるぞー! 美月さんも一緒に盛り上がりましょう~!」って言った後に、私がめっちゃマイクに乗せて「えへ、えへへへ」って笑っちゃって(笑)。いつもだったら間奏でカッコよく「この後も盛り上がっていくぞ!」みたいに言いたいのに、「美月さんも一緒に盛り上がっていきましょう! えへ、えへへ、えへへへ……I see」って曲に入っちゃったことをすごく反省しました(笑)。

終わった後、マネージャーさんに「私の変な笑い声が入っちゃいましたよね」って聞いたら、「でも、それが卒コンっぽいし“賀喜は本当に美月さんのことが好きなんだな”っていうのが、あの一瞬で伝わってきたから、いいと思うよ!」と励ましてくれたので、結果的に良かったかなって(笑)。若干の後悔はあるんですけど、楽しかったですね! もし見返す機会があったら、私の気持ち悪い笑い声も聴いてみてください(笑)!

----------------------------------------------------
5月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月24日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ