東海オンエア・ゆめまるの母ステージで息子へ一言「みんなに迷惑をかけないように」

今週の『東海オンエアラジオ』(東海ラジオ 毎週日曜日 22:00~22:30放送)は、先週に続き名古屋栄のオアシス21で行われた東海ラジオ大感謝祭2019の会場から公開録音録の模様をお送りしました。

番組2年目突入1発目は、大戦犯傑作選。

この10月から2年目に突入した『東海オンエアラジオ』。2年目初回、この1年を振り返るのにふさわしい企画ということで、番組の名物コーナーでリスナーの失敗エピソードをランク付けする「大戦犯を査定しちゃおう!」の傑作選を披露した。「ホテルでパンツ姿のままオートロックに締め出されたママ」「部活で怖い先生が怒っているときに先生にとまったセミ」などのエピソードが披露され、東海オンエアが改めて判定した。衝撃的なエピソードの数々に会場の悲鳴混じりの笑いが、ラジオを通してもしっかりと聞こえてきた。

てつやとのデート妄想をステージでリスナーと実践

「彼氏とのデートのシチュエーションをてつやに演じてほしい」というお便りを紹介。お便りを寄せたリスナー本人が会場にいなかったため、ゆめまるが選んだリスナーをステージに上げて、てつやとのデートシチュエーションを実践した。てつやがおもむろに代表のリスナー「みなみん」さんの手を引くと会場からも黄色い歓声が上がった。てつや本人も「妄想とはいえ、2年3ヶ月ぶりに彼女ができた。」と楽しそうだった。

頭皮を気にする虫眼鏡

30代男性からの「最近、ハゲてきた。」との相談に、虫眼鏡も最近気にしている様子。当日メイクさんに「頭皮マッサージして柔らかくしてれば大丈夫ですよ」と言われ実際に頭皮を触ってもらったら「めっちゃ硬い!」と驚かれてしまったものの、「薄くなることは覚悟はしている」と語った。その上で虫眼鏡が「男性ホルモンが多いと薄くなりそうなイメージ。でも、としみつはかっこいいキャラだからちゃんとしないと。」と話題をとしみつに向けると、りょうが「胸毛を(頭皮に)植毛しよう?」と一言。これには当人のとしみつも「短いわ!短いし”くるん”ってなってる!」とツッコミを入れた。

ゆめまるの母、サプライズでステージへ

お便りを紹介中、突如「このお便り・・・。」と切り出したゆめまる。手元にあったお便りはゆめまるの母(通称:モコモコ)がこっそりと送っていたお便り。スタッフも本人も気づかぬまま採用となっていた。さらに会場の優先観覧エリアを自力で当てていた母をステージの呼ぶと、恥ずかしそうにステージへ登場。虫眼鏡に「息子へ一言」と聞かれると「皆さんに迷惑をかけないように。体に気をつけて頑張って。」と暖かい一言をかけた。ゆめまるは終始恥ずかしそうだった。

2年目の意気込みは?

2週連続で公開録音の模様を放送した『東海オンエアラジオ』。エンディングでは2年目の意気込みをそれぞれ語った。中でもとしみつは「あえて意気込みにはしない。ラジオはフラっときて、フラっと録るその感じがいいと思う。」ゆめまるは「局長に嫌われないようにね。」さらに虫眼鏡は「2年目のどこかでゆめまる1人回をやってほしい」と話した。次回からはこれまで通り虫眼鏡、ゆめまるとメンバー1人を迎えて3人での放送に戻る。2年目も変わらない『東海オンエアラジオ』に期待してほしい。

東海オンエアラジオ
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分
出演者:東海オンエア
番組ホームページ
公式Twitter

人気YouTuber東海オンエアのレギュラー番組。動画では見られない彼らの一面が聞けるのはこの番組。

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ