歌手「工藤あやの」「ノーパン・ノーブラ」ばなしは”花吹雪”のようにパッと明るく

「どうもみなさん、こんにちは。山形県山形市出身、山形のひだまり娘、工藤あやのです」と、元気いっぱいで挨拶した工藤あやの。番組パーソナリティの山浦ひさしから「若手女芸人のしゃべり口調!」と指摘されたが、東海ラジオ『山浦!深谷!イチヂカラ!』のゲストコーナー(11月5日14時10分頃~)に出演し、新曲『大阪花吹雪』の曲調のような明るさで「ノーパン・ノーブラ」ネタを披露した。

工藤は、ソロでの活動と並行して、同じく若手で東北出身の津吹みゆ(福島県出身)、羽山みずき(山形県出身)と「みちのく娘」というユニットを組んでいる。去年11月発売のデビューシングル「春っこわらし」(カップリング「北国の春」)も好評で、今年の9月(10日)に東京、11月(1日)には大阪でファーストコンサートを開催した。その「みちのく娘」の見せどころは、動きの激しい振付。稽古もかなりハードで「ノーパン・ノーブラ」エピソードは、そこから生まれたものだった。

稽古は、朝8時半から夜10時まで、ほぼ、ぶっ通しで続くこともあるそうだ。そんなある日「あまりに汗をかきすぎて、着替えがなくなってしまったので、ポロシャツと長ズボンだけで帰ることになった」らしい。(ポロシャツと長ズボンの)下には何もつけず、つまり「ノーパン・ノーブラ」状態で。そのまま、まっすぐ車(タクシー)で帰ればよかったのだが、工藤は途中で空腹を感じ、どうしても寄り道したくなった。「ビール飲みたい」気分をどうすることもできず、ついふらっと、居酒屋に立ち寄ってしまったとのこと。

工藤は「今、生放送で初めて言いました。ごめんなさい」と、マネージャーにも話していなかったことを明かし、誤った。幸い、周りにバレることはなかったということだが、山浦から「(はいてない、つけてないことで)ドキドキ感、背徳感はあったか」と聞かれた工藤は「ドキドキ感というより、スースー感、開放感があった」と実感を口にした。さらに山浦から「今日は?」と突っ込まれると、すかざず「今日は、はいてます」と答えていた。

ホテルや自宅でも、裸に近い姿で過ごすことが多いという工藤、開放感あふれるトークで、新曲のPR時間を十分に確保することに成功した。11月6日に6枚目のシングル『大阪花吹雪』を発売した工藤は、東海ラジオ『井田・工藤の歌謡曲主義』(月いち土曜日午後2時~4時)のパーソナリティを務める。次回の放送は11月16日。新曲発売キャンペーンは、11月17日(日)12時から名古屋・金山のジョイサウンド、同日15時から大府市のサニーレコードなどで予定されている。

山浦!深谷!イチヂカラ!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

渡辺美里 デビュー35周年を迎えて見えたのは「今を大事にすること」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。11月11日(月)の放送は、歌手の渡辺美里さんが登場。デビュー35周年を振り返って感じる思いについて語ってくれました。


渡辺美里さんと坂本美雨


坂本:美里さんとこんなふうに、普通におしゃべりしているのがまだ信じられない。

渡辺:初期のころにレコーディングやツアーをずっと一緒にやっていたギタリストが、美雨さんが小さいころに住んでいたニューヨークのお家にお邪魔したときに、私のアルバムが(坂本の家に)並んでいるのを見たそうで、「ニューヨークで美里ちゃんのアルバムが見られるなんて!」って思ったって、いつも話してくれるんですよ。

坂本:自分も大人になって歌い続けて20年ほど経ってきたんですけれども、そのさらにずっと先を行く美里さんに、歌い続けることへの意識や“(昔とは)変わってきたな”と感じることを伺いたいです。

渡辺:スタートした時期には自分自身の“歌いたい”っていう、火の玉ガールみたいな意識があって。“上手に表現できない思いも、音楽に乗せたら伝わる”っていうのを、なんとなく子どものころから薄々気づいていて。“私が生かされる場所って、ここなんだ!”って思いでプロになりたくて、無我夢中で走ってきたんですよね。

それから10年くらいは、そういう“私!”って思いがあったんですけれど、少しずつ「渡辺美里の歌が聴きたい」「渡辺美里のコンサートが観たい」って言ってくださる方が増えてきて、それと同時に、一緒に音楽を作る人たちの意識っていうものが見えてきました。

「僕はアメリカが好き」「僕はブリティッシュが好き」って人たちとも活動して、いろいろ混ざってきたなかで「一番自分らしいものはこっちなんだけどな……」と思いながらも、遠心力でフワーっと回っているようなところもあって(笑)。

最初のころは自分の時間って、いくらでもあるように思えていたんです。でも、「人生長いよ」とは言われるけれど、人の人生って長いようであっという間なんだなって思ったら、“今”っていうのをものすごく大事に意識しながらツアーをやっていかなければいけないっていう気持ちになりました。

そう感じるようになったのは、ここ何年かのことですね。それが、デビュー当時と今とで大きく変わったところだと思います。

渡辺美里さんは現在全国ツアー「渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020」の真っ最中。2020年1月1日には、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのライブも予定しています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月19日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ