HANZOの名曲「人生の晩歌」、誕生のきっかけは、急に頭に浮かんだ映像

シンガーソングライターのHANZOが、東海ラジオ『井田・三丘の歌謡曲主義』にゲスト出演し、カラオケファンを中心に人気の自身の曲「人生の晩歌」について話した(2月8日14:35頃~)。HANZOは、曲づくりにおいて、ひらめきを大切にしており「人生の晩歌」も、まさにそんな一曲だということだ。

「ピンと来たときがすべて」というHANZOは、歌詞とメロディがほぼ同時に浮かんでくるという。口から出てきた音・言葉を逃すことなく、そのままスマホなどで録音し、あとで聴き直す。そして、再現できるものを採用する。そうして曲を作っていく「ひらめき主義」。

「人生の晩歌」は、一昨年の発売で、人気に後押しされ、去年、追撃版が発売された。この曲が生まれた経緯についてHANZOは「レコード会社から、晩歌というタイトルで曲を書かないかという話があった。しかし、その話はそこまでになっていた」そうだ。一旦保留にしておいて、ほかの仕事を手掛けていた。

それから1年ほど経ったある日、HANZOの頭に急に映像が浮かんできた。その映像とは「カラオケ大会・カラオケ喫茶でHANZOの歌を歌っている人たち、その絶唱している姿」だったという。その瞬間に「絶唱したくなればあの歌」という歌詞の冒頭のフレーズが生まれた。そこから一気に書き上げた。

HANZOは「カラオケが好きな人の中には高齢者もいる。(歌うのは)今日が最後かもしれないという気持ちで来ている人がいるかもしれない。そういう人は、曲に対する集中力が、我々、歌手よりもはるかに深いものがあり、重いものがあると思う。人生そのものを歌っている映像が浮かんできたので『これはいけるぞ』と確信した」ということだ。そして「これは僕の歌と言っても、(この歌を歌う)みなさんのものだ」と付け加えた。

HANZOは、新しい才能を発掘しようと「HANZO SONG CONTEST」を企画している。中部地区の予選会は、3月1日、名古屋・金山のJOY SOUND金山で行われる。5月の決勝大会で、HANZOプロデュース候補者が選ばれる可能性がある。また、ファン待望のKANAとのLIVE TOUR 名古屋は、2月29日、港区のJBホールで開催される。

井田・三丘の歌謡曲主義
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週土曜 14時00分~16時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ