プロ野球解説者・井端弘和がドラゴンズに入団して「守備がうまい!」と思った選手は?

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』(月~金17:15~19:00)に出演した井端弘和氏が、中日ドラゴンズに入団(1997年ドラフト)して「守備がうまい!」と思った選手について聞かれ答えた。井端氏は、久慈照嘉氏、酒井忠晴氏、そして、川相昌弘氏の名前を挙げた。

久慈氏は、井端氏の入団1年目のシーズンに阪神から移籍してきた。その後、酒井氏もロッテから戻ってきた。井端氏は、この二人の守備を「魅せる守備」と表現し、具体的には「華麗なグラブさばきのこと」と説明した。そして井端氏自身の守備については「決して魅せる守備ではなかった」と話した。

井端氏は「魅せる守備では、到底二人に追いつけないと思った。華麗なグラブさばきを自分がやろうとすると、軽いプレーに見られる恐れがあった」とし「堅実にやらなければというところで、ちょっと方向展開して」手本としたのが、2004年に巨人から移籍してきた川相昌弘氏だったという。

井端氏は、久慈氏や酒井氏の守備スタイルの練習をしながらも「(ここぞというときに)やろうと思えばできるというスタンス」でいたそうだ。そして、川相氏のスタイルを学ぶことによって、確固たる地位を築いて行ったという。そのヒントは川相氏の練習にあったのだ。

川相氏は、練習で(他の選手が)見ていて「おもしろくないだろうなあ」というノックをずっと受けていた。捕球が容易と思われる打球を、より丁寧に処理していた。その姿勢を見ていて井端氏は「やさしいゴロほど丁寧に。むずかしいゴロほど力を抜いて」といいう極意を学んだという。

「余裕があるときにはしっかり捕って、きわどいときには、思い切って勝負にいく。全部上手から投げるのではなく、下手からのほうがいい場合もある。これでレパートリーが増えた。」井端氏は、ステップアップのためのスキルアップを果たした。

3人の名内野手から多角的に習得した井端氏は、打球によって捕り方を変えることで、余裕と自信をもって投げられるようにもなったという。それがゴールデングラブ賞6年連続受賞(2004年~2009年)の実績につながっていったことは間違いないだろう。

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

元祖“バラドル”森口博子が『EXITのオールナイトニッポンX(クロス)』に登場決定!

人気お笑いコンビ・EXITがパーソナリティを担当している毎週金曜日24時からのニッポン放送『EXITオールナイトニッポンX(クロス)』。ニッポン放送のスペシャルウィークにあたる10月21日(金)の放送に歌手の森口博子がゲスト出演することが決定した。

『EXITのオールナイトニッポンX(クロス)』10月21日(金)24時00分~24時53分 生放送

「森口博子がわからない」というトーク番組での兼近の発言が発端となり、後日テレビ局で衝撃的な出会いを果たした2人。番組では、兼近との出会いの経緯やバラエティアイドル通称“バラドル”として長年活躍してきた森口の歴史から最新シングル曲まで掘り下げていき、現在番組内で実施中の「あたしあたし!」という森口にまつわるコーナーも一緒に行う予定。

『オールナイトニッポンX(クロス)』はスマホに特化した短尺のバーティカルシアターアプリ「smash.」と連動しており、スタジオの様子を映像で同時配信。番組終了後には「smash.」限定のアフタートークの配信も予定している。また、スマホやパソコンからは「radiko」でも聴くことができ、「radiko」のタイムフリー機能では放送1週間後まで聴取可能となっている。

<番組情報>
■番組タイトル:ニッポン放送『EXITのオールナイトニッポンX(クロス)』
■放送日時:2022年10月21日(金)24時00分~24時53分
※バーティカルシアターアプリ「smash.」との同時生配信
■パーソナリティ:EXIT(りんたろー。・兼近大樹)
■ゲスト:森口博子
■番組メールアドレス:exit@allnightnippon.com (すべてアルファベット小文字)
■番組twitter:@exit_annx
■番組ハッシュタグ:#EXITANNX(すべてアルファベット大文字)

◆radikoタイムフリーURL
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20221022000000
◆smash.ダウンロードはこちら
sharesmash.page.link/Aa6D

 

Facebook

ページトップへ