Chageの新曲は、ファンミーティングから生まれた「エロい」バリカタ・ロック!

東海ラジオ『OH! MY CHANNEL!』(月~金13:00~16:00 DJ大前りょうすけ)8月9日(水)の放送に、Chageがゲスト出演した。トークの話題は、Chageが上げているYouTube動画から。

Chageはライブで全国を回りながら、その街のいいところを、自身のYouTubeで配信している。例えば、東海地方では、愛知県豊根村(長野県、静岡県との県境に位置する)。豊根村で去年から米作りを行っている。「自分のお米が収穫できたときの喜びが忘れられなかったので、今年もやらせてもらっている」とのこと。

そして「全部が手作業。草むしりも、田植えも、稲刈りも。そのあとに収穫祭としてライブをやらせてもらう。楽しい。今回は、ファンクラブの子も連れていって、ワチャワチャ言いながらやっている。土に触る、植物に触るのはものすごくいい」と続けた。

YouTube動画については、大前が「ライブで、その手があったか」と感心した「コール&レスポンス」や、Chageが大好きな岡山の「児島ジーンズ」の話題で盛り上がった。

YouTube動画については、大前が「ライブで、その手があったか」と感心した「コール&レスポンス」や、Chageが大好きな岡山の「児島ジーンズ」の話題で盛り上がった。

YouTube動画については、大前が「ライブで、その手があったか」と感心した「コール&レスポンス」や、Chageが大好きな岡山の「児島ジーンズ」の話題で盛り上がった。

「月に2回、ファンの方たちと、オンラインでミーティングをやっている。あるとき、ひとりの主婦の方が『ちょっと、今回、刺激的なヤツ、作ってくれない?』って言ったんですよ。それも頭に残っていて。ミーティングは25人でやっているんですが、そのとき、ほかの24人も大きく頷いたんです」

「月に2回、ファンの方たちと、オンラインでミーティングをやっている。あるとき、ひとりの主婦の方が『ちょっと、今回、刺激的なヤツ、作ってくれない?』って言ったんですよ。それも頭に残っていて。ミーティングは25人でやっているんですが、そのとき、ほかの24人も大きく頷いたんです」

「月に2回、ファンの方たちと、オンラインでミーティングをやっている。あるとき、ひとりの主婦の方が『ちょっと、今回、刺激的なヤツ、作ってくれない?』って言ったんですよ。それも頭に残っていて。ミーティングは25人でやっているんですが、そのとき、ほかの24人も大きく頷いたんです」

Chageのライブツアーは9月3日の名古屋(Zepp Nagoya)からスタート。Chageは「初日なので、愛知・名古屋のみなさんに『背中を押して。頼むよ』って感じ。Zeppの初日は、いつも何かが起こる。歌詞がぶっ飛んで、1曲目を全部インストウルメンタルにしてしまったり。名古屋では季節外れの雪が降ったり。思い出深い」また「演出で紙飛行機が飛び交う曲がある。今年からできそうなので、たぶん、3年分の思いを込めて、今、一生懸命、紙飛行機を折っている人がいると思う」と、ライブに期待を寄せた。

OH! MY CHANNEL!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~15時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

フランス料理は自由! 鈴木おさむが「なんだその大喜利!?」と驚いた斬新なフレンチ

「おとなりさん」(文化放送)のゲストコーナー「10時のおとなりさん」の2月28日のゲストに、「白金オルタナティヴ」のオーナーシェフ・斉藤貴之さんが登場! フランス料理人が考案した自由すぎる新メニューとは?

斉藤貴之さんがオーナーシェフを務める「白金オルタナティヴ」は、町工場跡地をリノベーションしたオシャレな店内でフレンチをベースにした世界の料理が楽しめる。

鈴木おさむ「『白金オルタナティヴ』のコンセプトは“大人のファミレス”ですが、ベースはフレンチなんですよね? フレンチをベースにするとどんな料理になるんですか?」

斉藤「フランス料理の技術を使って中華・エスニック・和食を入れた料理を作っています。逆に普通のフレンチと違い、バターや生クリームをそんなに使わないので、食後感もすごく軽いです」

鈴木「今日はお聞きしたいことがあって。僕はそんなにグルメじゃないんですけど、食べることは好きです。イタリアンや中華は、イメージで料理がパッと浮かぶんですけど、フレンチって未だに実態が分からないというか、イメージが浮かびにくいんです。フレンチってどう思ってたら良いんですか?」

斉藤「そもそもフランス料理自体は幅広いんです。カジュアルなビストロから高級店のレストランまであるので、初めは町のビストロに行ってステーキとフライドポテトとワイン一杯で楽しんでいただけたら」

鈴木「えー。でも中華やイタリアンに比べて、フレンチは敷居が高いと言われませんか?」

斉藤「それはイメージです。30年くらい前にフランスから帰ってきたシェフたちが、三ツ星レストランみたいな高級店をやろうとしたんです。そのイメージが未だに残ってますが、フランスではフレンチは日常食なので。もっとカジュアルに楽しんでいただけたらと思います」

鈴木「何をしたら“うちはフレンチだ!”って言えるんだろう?」

斉藤「フレンチの伝統的な料理はあるんですけど、フランス料理の定義は本当に自由なんですよね。それをベースに料理人が自由に作ってます」

鈴木「創作料理はどういうときに思いつくんですか?」

斉藤「やっぱり食材を見て思いついたり、お酒を飲んで酩酊状態のときにパッと思い浮かんだりします。瞬間的に思い浮かぶので、私はそんなに考えないですね」

鈴木「料理って著作権が無いじゃないですか? 料理界では、他の人が作るのはタブーなんですか? それとも良いんですか?」

斉藤「本当は嫌です。うちもけっこうパクられます」

坂口愛美アナ「それは同業者が食べに来て?」

斉藤「食べに来たり、今はSNSで見たりして真似されますけど、されたら名誉なことなのかな? と思ってますね」

鈴木「誰かが作ったから流行るわけですからね」

そんな斉藤さん、最近も新作で変わった料理を考案したそう。

斉藤「ジビエでライチョウって鳥があるんです。スコットランドの鳥で苦みがあるんですけど、それをアイスクリームにしてエスプレッソをかけて。イタリアンのアフォガートにしたんですよ」

鈴木「え!? 鳥を? それはスイーツですか? 鳥料理ですか?」

斉藤「鳥料理です」

鈴木「へー、それは鳥を先に食べてアイスクリームを後から食べるんですか?」

斉藤「いや、これはアイスクリームが鳥なので……」

鈴木「あ、アイスクリームが鳥なんだ!! なんでそんなの思いつくんですか?」

斉藤「イタリアンでアフォガードを食べたときに“これはライチョウでいける!”って」

鈴木「なんだその大喜利!?(笑)」

斉藤「これはおもろい料理になりそうだ!と思って、すぐに仕込んだらいけましたね」

鈴木「お客さんのリアクションは?」

斉藤「“これはすごいなー!”と言ってもらうことが多くて。ただ、『ジビエコース』で、ジビエを食べにくるお客様向けに出しました」

鈴木「そっか。ジビエが好きな時点で、攻めてるお客さんだったんだ!」

斉藤「“その方々なら大丈夫なはず!”と思って。一般の方には出さないです」

鈴木「へー! 面白いなー!」

Facebook

ページトップへ