成功の秘訣は幼少の頃から培われた「分析力」。百獣の王・武井壮さんが登場!

武井壮さんのスポーツのルーツは、大学時代に陸上部へ入部した事。10種競技の選手となり、いきなり優勝!その後、さまざまなスポーツにチャレンジされ、タレントへ転身。徹底した分析とマーケティングを考え抜き、スポーツバラエティ番組への出演や、コメンティターとしてもブレイク!最近では、ゴルフのティーチングプロテストの実技審査に合格されるなど、大変幅広く活躍されています。

武井さんが本格的に陸上を始めたのは大学時代から。実は高校時代は地理歴史研究部に所属されていたそうです。その理由は勉強に集中する為、特待生として大学への進学を目指していた武井さんにとって、高校時代はスポーツをする時間が無かったとか。そして目標通り大学へ進学した後、ふとした事から陸上部へ入部。するとデビュー戦でいきなり100メートルを10秒9という記録を出し、メディアなどで一躍話題に! その後順調に記録を伸ばすと思いきや、ライバルが出現!1歳上の同世代に(しかも同じ関西圏の大学)に、あのオリンピックメダリスト朝原宣治さんが居たのです。ここで武井さんは冷静に考え、これまでの陸上経験年数や朝原さんの走り方のフォームなどから、自分は到底敵わないと判断。そこで10種競技に転向したそうです。「10種競技は大変では?」の質問に対して、「10種競技は、走る種目が7つなので、走りさえ早くすればそれなりに記録は伸びるのですよ」つまり、10種全てを練習するより走ることに力を入れて練習すれば勝てる!と。その言葉通り、武井さんは10種競技に転向後3シーズン目で日本一になられました。

独学でスポーツ理論を学んだ武井さん。走る事に対しての1歩1歩を全て研究し、練習をされたそう。この理論を学び始めたのは小学3年生の頃からだったということです。「自分の身体を頭で思ったとおりに動かせるようにならないと、全てのスポーツの成功は偶然になる。」目で見たことを自分の身体で再現できるようになる!これは難しい事ですね。

そんな武井さんがタレントへと転身するきっかけとなったのは、お兄様が亡くなった事でした。俳優を目指しようやく注目されつつあった頃に、病の為23歳の若さで逝去。この頃10種競技で活躍していた武井さんは21歳。お兄様の事を思い「30歳からは兄の思いを継いで芸能の道を目指す」と決めたそうです。

芸能の道を目指すにあたり、ここでもテレビ番組を細かく分析。今のテレビ番組の出演者を書き出し内容なども整理しながら「タレントとして、長く使われる為には何をすれば良いのか」を約8年間かけて分析されていたそうです。ちょうどこの頃、「家を持たない生活」をされていたのですね。夜は西麻布のバーへ行き「ミルクのロックを飲み、犬用のガムを噛みながら顎を鍛える」という行動に出た事は有名なお話。その結果、多くのタレントさんとの交流を図る事ができ、トーク力を磨く分析を行ったそうです。

今では1日3時間、勉強やトレーニングを毎日欠かさず行っているという武井さん。それはタレント・コメンテーターとして日々自分自身をアップデイトする為、更には世界進出を目指すための知識や技術の蓄えだそうです。まさに「なりたい自分になる為に時間を使う!」。幼少の頃から常に物事を分析し、確実に結果を出し続けている武井壮さん。これは芸能のお仕事以外でも共通するお話。「武井流成功論」は必聴です。ぜひradikoのタイムフリー&番組の本編を配信しているFMヨコハマのPodcastでもお聴きください。

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ