【ラジオな人】J-WAVE 編成部長 渡邉岳史さんが語る番組制作のこだわり、J-WAVE のこれから【後編】

前編では、J-WAVEの魅力やどういったラジオ局なのかをお伺いしました。後編では、渡邉岳史さんがラジオを聴くようになったきっかけや、学生時代をどう過ごし現職に就かれたのかについてお届けします。

―― 渡邉さんがラジオを聴くようになったきっかけを教えて下さい。

10歳くらいの時にラジカセブームがあって、親に買ってもらったダブルラジカセでラジオを聴くようになりました。放送局は問わず、とにかくいろいろ聴きました。マスコミに興味を持ったのは、ラジオから流れてきた大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」を聴いたのがきっかけです。当時「カップヌードル」のCMに使われていて、オシャレな雰囲気で外国人しか出てこない上、そのシリーズは大沢誉志幸のほかに、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」、HOUND DOGの「ff (フォルティシモ)」の曲も使われていて衝撃を受けたんです。それで広告やマーケティングに興味を持つようになり、大学は商学部を受験しました。

―― サークルには入ってましたか?

人力車のサークルに入りました。

―― 人力車を引いてたんですか!?

ある日、キャンパスに人力車が置いてあったから「なんで、こんな所に人力車が置いてあるんだろう?」と興味を持ったのがきっかけです。それが「學生俥屋」っていうサークルで、今でもあるんですよ。人力車を引くのはとにかく大変で、「面白そう」と思って入ったのに、体育会系でした(笑)。ただ、そのサークルに入る人って変わった人が多くて、その後テレビ局や制作会社に入った人も多いです。

―― 確かに、人力車があるのを見てサークルに入ろうと思うところからして、渡邉さんも変わっている気がします。

人に影響されないタイプですね。昔は髪が長いまま営業に行ってたけど、影響されるタイプだったら、髪を切るか整えていたと思います(笑)。

―― 就職活動はいかがでしたか?

実はいろいろな会社に行くのが好きで、100社ぐらい受けて、最後に受けたのがJ-WAVEだったんです。

―― そうなんですか!渡邉さんが入社した頃のJ-WAVEはどんな雰囲気でしたか?

ナビゲーターでいえば、現在もナビゲーターを務めているクリス・ペプラーさんのほか、ロバート・ハリスさんルーシー・ケントさんキャロル久末さんなどたくさんの方がいらしゃっていて、僕が入社した頃に南美布さんがナビゲーターに加わりました。

―― J-WAVEのナビゲーターは、非常に個性的な方が多いですが、ナビゲーターの採用基準を教えてください。

例えば、秀島史香さんは彼女が大学生だった時にオーディションで選んだんですけど、基本的なスキルがあってバイリンガルという条件を満たしてました。人間味もあって、その部分が化けるんじゃないかと思いました。

あとは、喋りたいことがあるかどうかも大事。喋りたいことがない人は、言い換えるとテレビのように台本が比較的しっかりしていて、役回りがある程度決まっている仕事を好む人でなく、スキルは無くてもいいので、リスナーに喋りたいことがあることが大事です。知名度がある人でも、伝えたいことがないとラジオで喋るのは辛いと思います。仕事をこなそうとすると、ラジオでは見抜かれてしまいます。

―― 現在、ナビゲーターを募集していますよね。(※募集は2017年12月11日まで)

開局30周年に向けて「ナビゲーター オーディション」を行うことにしまして、選定しているところです。才能を見つけて採用していくのは、放送局の成長にとって大事だと思うんです。ただ、最近は真面目な人が多いから、僕としては、もっと変わった人が出てきてほしいという思いもありますね。

―― 期待大です。

それと、今度「METRO SONGS」という企画を行います。いつもの通勤通学など目的に向かって移動中の東京メトロの電車内で、前向きな気持ちになれる楽曲に出会って欲しい!という企画でして、中づりに言葉が書いてあります。目にした人は「良い言葉が書いてあるな」と思うんですけど、実はそれは宇多田ヒカルさん、Suchmos、sumika、西野カナさん、星野源さん、真心ブラザーズの歌詞の一部なんです。そこで、ラジオに興味を持ってもらって、ラジコで聴いてもらうように誘導します。

実は堂々と音楽を聴ける場所って意外と少なくて、通勤電車の車内はその中の一つなんですよね。ヘッドホンやイヤホンで聴いて、良い曲に出会えたら嫌な通勤も楽しくなると思うんです。「METRO SONGS」は、東京メトロ全線の車輛の中づり広告(1車輛あたり1枚)にタイアップします。これからも、みんなが「いいね」って言ってくれるような仕掛けを作っていきます。

―― 楽しみです!本日はありがとうございました。

ENRICH YOUR LIFE WITH METRO SONGS

いつもの通勤通学を音楽のチカラで「別の世界」へ―
往復約2時間、1年間で約480時間を豊かな時間に―

■開催日時:2017年12月11日(月)~2017年12月17日(日)
■開催場所:東京メトロ全線の車輛の中づり広告

▼キャンペーンサイトはこちら
http://www.j-wave.co.jp/special/metrosongs/

出演者プロフィール

渡邉岳史

J-WAVE編成局編成部長

1996年:J-WAVE入社
1997年:制作部へ異動
2006年:営業促進部へ異動 Sales Promotion(営業由来のイベント)担当
2010年:営業部へ異動
2016年:制作部へ異動 (部長職)
2017年:編成部へ異動 (部長職)

インタビュー


やきそばかおる

子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

有吉、「都道府県魅力度ランキング」故郷・広島県の順位に不満!?「ベスト5に入るくらいの県だから!」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。10月18日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の関太と松崎克俊を迎えてお送りしました。


(左から)松崎克俊、有吉弘行、関太



有吉は、10月14日(水)に発表された「都道府県魅力度ランキング2020」について切り出します。昨年まで7年連続の最下位に沈んでいた茨城県(42位)と打って変わって、今回最下位となったのは、栃木県。

「最下位は、(栃木県出身の)U字工事のほうだな。で、(茨城県出身の)カミナリが上にあがったということで、(ライバル関係が)面白いですけどね」と有吉。自身の出身地である広島県は、前年の15位から少しランクダウンし、18位という結果に「魅力度ランキングは“誰に(アンケートを)取ってんだ”って感じですよね。広島県は、ベスト5に入るくらい魅力のある県だから、(ランキングの結果に)いつも不満だなぁと思っているけど」とチクリ。

一方、1位に輝いたのは12年連続と、もはや不動の貫禄漂う北海道。有吉は、「北関東のあたりって、東京都、埼玉県、千葉県に比べると、一緒くたにされて田舎みたいなイメージがあるから、(ランキングが)なかなか上がってこないよな。その点、北海道や(3位の)沖縄県は、独自(=独自色がある)だもんな……広島県もけっこう独自だと思うんだけどね」と感想を口にしつつも、「余計なお世話だと思いますよ。47都道府県、どこも魅力がありますから!」とバッサリ。

さらには「どこが1番とか2番とか決めているようなランキングは信じないですよ。みんな(実際に)行ってみてないんでしょ? 行ってみないと! 行ってみたら(その土地土地で)絶対にいいところがあるから!」と熱弁。「でも、みんなが旅行に行くのは、(新型コロナが)落ち着いてからかな。新たな魅力を見つけてほしいなと思います」と話し、実際に足を運んで自分の目で確かめることを勧める有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国19局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ