津田健次郎のラジオ番組『津田健次郎 SPEA/KING』

声優業を始め、ナレーション、俳優業など幅広いジャンルで活躍する津田健次郎さん。2024年4月からは、TOKYO FMでのレギュラー番組『津田健次郎 SPEA/KING』がスタートしました。

当記事では、津田健次郎さんがパーソナリティを務める『津田健次郎 SPEA/KING』をご紹介します。

声優、ナレーション、俳優…多方面で活躍 津田健次郎

津田健次郎さんは、1995年にテレビアニメ『H2』の野田敦役で声優デビュー。『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』の海馬瀬人役、『テニスの王子様』の乾貞治役でブレイクすると、声優業を中心に、舞台や映像の俳優業など幅広く活動しています。2021年には「第15回声優アワード」主演男優賞を受賞しました。

2019年に『ドキュメンターテイメント AD-LIVE』で映画監督デビュー、2021年にはWOWOW「アクターズ・ショート・フィルム」において、自ら監督・脚本を手掛けた「GET SET GO」を発表。2023年10月に発売した写真集「ささやき」(講談社)は、発売から1ヶ月ほどで重版が決定するなど、大きな反響を集めました。

NHK連続テレビ小説『エール』で語り役を務めて以降、俳優業でお茶の間に名を馳せる機会も多くなり、2024年7月期のドラマでは『西園寺さんは家事をしない』(TBS系)にレギュラー出演。既に声優、俳優として豊富なキャリアを築いている中、50代で異例のブレイクを果たし、活躍の場を増やしています。

津田健次郎出演 TOKYO FM『津田健次郎 SPEA/KING』

TOKYO FMをキーステーションに、2024年4月よりJFN全国38局ネットで放送している、津田健次郎さんのレギュラーラジオ番組。番組では、リスナーとのコミュニケーションを大切にする津田さんの語りを堪能できます。地上波での放送後には、音声コンテンツサービス「AuDee(オーディー)」で、メンバーシップ向けのスピンオフ番組『裏SPEA/KING』も配信しています。

地上波放送では、2つの投稿コーナーを展開しており、「お別れフレーズ」のコーナーでは、日曜の午後が楽しくなる「お別れのひとこと」を津田さんが番組の最後に紹介。「私のムダケン」のコーナーでは、リスナーが日常的にしてしまう「ムダだなぁ」と思うエピソードを紹介しています。

津田健次郎 SPEA/KING
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週日曜 12時00分~12時30分
出演者:津田健次郎
番組ホームページ
公式X

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#ツダスピ」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

6月9日(日)番組初イベント開催! 津田健次郎のバースデーをみんなで祝福!

6月9日(日)に、『津田健次郎 SPEA/KING』初となる番組イベント「津田健次郎 SPEA/KING presents 『53 Birthday Call』」の開催が決定しました。6月11日(火)に誕生日を迎える津田さんのバースデーイベントで、会場は映画『Shall we ダンス?』の舞台モデルにもなった「ダンスホール新世紀」(東京・鶯谷)。昨年も誕生日イベントを行った、津田さんにとって思い入れのある場所です。お祝いあり、番組特別企画ありのイベントは2部構成で行われます。

チケットは既に一般販売も受付を終了していますが、『津田健次郎 SPEA/KING』の番組メンバーシップ会員の方は、イベント第2部の配信を視聴できます。

【イベント概要】
開催日時
:2024年6月9日(日)
【第1部】13:00開場/13:30開演/15:00終了 (公演時間 90分)
【第2部】16:00開場/16:30開演/18:00終了 (公演時間 90分)
会場:ダンスホール新世紀 (東京都台東区根岸1丁目1−14)
出演:津田健次郎

津田健次郎コメント
今回は初の番組とのコラボバースデーイベント。是非、遊びにきて楽しい1日を過ごしてください!お祝いしてくださいな!ずっと喋っていると思います。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ