「西内まりや×清水翔太」の初対談が実現!10月23日(日)の注目番組

秋のスペシャルウィークもいよいよ明日で終わり。TOKYO FM『西内まりや「for You...」』には、清水翔太さんがゲストで登場します。また、西内まりやさんによるピアノの弾き語り演奏も。その他にも、各局では豪華ゲストが登場しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スペシャルウィーク 10月23日(日)の注目番組!

■TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』13時~17時
http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20161023130000
スペシャル企画をお届け。ゲストは、福澤朗さん、みうらじゅんさん、カンニング竹山さん!

 

■文化放送『みのもんたのニッポンdiscover again』17時~17時25分
http://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20161023170000
東国原英夫さんとの対談をお届け。ビートたけしさんとの出会いや、混迷が続く豊洲新市場の移転問題についてお聴きします。

 

■ニッポン放送『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』22時~22時30分
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20161023220000
モノノフ ジャパン応援企画! ももクロ・イングリッシュ・カンバセーション!

 

■InterFM897『Daisy Holiday!』25時~25時30分
http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20161024010000
音楽家・細野晴臣さんが、古き良き音楽から、今まさに発信される新しい響きの音楽までを紹介。

 

■TOKYO FM『西内まりや「for You...」』11時30分~11時55分
http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20161023113000
ゲストは清水翔太さん。西内まりやさんと共通する「ある趣味」とは?

 

■J-WAVE『SEIBU SOGO CREADIO』21時~21時54分
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20161023210000
ドラマでデザイナーを演じる斎藤工さんが登場!「イチバン好きなデザイン」とは?

 

■ラジオ日本『アンジュルムステーション1422』24時~24時30分
http://radiko.jp/share/?sid=JORF&t=20161024000000
フレッシュで勢いがあるアイドルグループ「アンジュルム」がパーソナリティを務める30分番組!

 

■bayfm78『Rise and Shine』6時30分~7時59分
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20161023063000
日曜の朝を気持ちよく過ごすための音楽プログラム!

 

■FM NACK5『スギテツのGRAND NACK RAILROAD』6時~6時55分
http://radiko.jp/share/?sid=NACK5&t=20161023060000
スギテツの杉浦哲郎と岡田鉄平が、音楽と鉄道の「渡り線」となってお送りする55分。

 

■FMヨコハマ『M ARENA』20時~21時
http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20161023200000
ナオト・インティライミさんがゲストで登場。新作アルバムの楽曲もオンエア!

 

この他にも各局で豪華ゲストが登場します。紹介しきれなかった番組は、各局の特設ページでチェックしてみてくださいね!

▼各局のスペシャルウィーク特設ページまとめ
https://news.radiko.jp/article/edit/1188/intro/

▼radiko.jp
http://radiko.jp/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、今まで聴けなかったラジオ局の番組も聴くことができます。

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

※各局の放送エリアでは、今まで通り「radiko.jp」(無料)でお楽しみ頂けます。

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ