【ラジオな人】『SCHOOL OF LOCK!』は未来の鍵を探す場所。とーやま校長あしざわ教頭にインタビュー!【前編】

新入生のみなさん、ようこそ! ラジオの中の学校『SCHOOL OF LOCK!』では、「起立・礼・叫べー!!」が合言葉。何気ない学校生活についてはもちろん、甘酸っぱい恋の悩み、そして人間関係のことなど、10代の生徒たちからのいろんなメッセージが届きます。

どんなときも生徒と真剣に向き合うとーやま校長とあしざわ教頭に、番組のこと、生徒たちのこと、就任し続けている今の気持ちなどを伺ってきました!

▼『SCHOOL OF LOCK!』(スクールオブロック)についてはこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/2630/intro/

『SCHOOL OF LOCK!』は自分の帰る場所でもある

 

「新しく『SOL』に入学した生徒へのメッセージ」byとーやま校長

 

――とーやま校長は、『SCHOOL OF LOCK!』の校長に就任して8年目になりますね。

とーやま:8年って結構ですよね。自分でも最近ちょっと引き気味なんですけど(笑)。歴代の校長・教頭あわせて、一番長くなってしまったって感じですね。

――長くなって「しまった」というのは?

とーやま:申し訳ないな…とも思っているんですよ。毎日しゃべる人が8年もい続けていいのかなっていうのは、最近ちょっと本気で思っているんですけど。

――この春、大学生になった生徒(リスナー)が中学1年から聴き始めたとしても、とーやま校長の声がずっと流れていたわけじゃないですか。そうすると、「自分の帰る場所がある」と安心できるのかなと感じたのですが。

とーやま:そう言っていただけるとありがたいです。

――あしざわ教頭は4年目に入りましたが、いかがですか?

あしざわ:もう、あっという間ですね。しゃべっている本人としては毎日が違うことの連続なので、『SCHOOL OF LOCK!』を担当する前よりもすごいスピードで1年が過ぎていくんですが、一刻はものすごく濃くて。時間の感覚が本当に違うんですよ。不思議な感覚です。

50年前も800年前も10代の悩みは変わらない!?

――radiko.jp(ラジコ)やラジコプレミアム、タイムフリー聴取機能も始まり、ラジオの聴き方が変わりましたが、生徒の求めることは変わったと感じますか?

とーやま:僕が『SCHOOL OF LOCK!』に就任したのが2010年4月、今年の4月で丸8年が経ちますが、変わった感じはないですね。結局みんな、思っていることは一緒だと思います。もちろん、1人ひとり違う人間なんで、すべて一致しているわけではありません。でも、大もとにある気持ちや行きたい場所は、ざっくりいうとみんな一緒かなと思っています。学生生活を送ることは、今も2010年も一緒です。たぶん1950年も一緒でしょうし、1200年代だと……。何時代ですか?

――鎌倉時代ですね。

とーやま:鎌倉時代の10代はそんなこと思っていないか…。

あしざわ:何で出したんだ、例えに。

とーやま:考えても「いつ元服しようかな」とか、そんなことですよね。

あしざわ:どんだけ続けるんですか、その話題。

とーやま:「元服の気持ちってどんな気持ちなのかな」とか、「俺が元服していいのかな」とか。

あしざわ:元服ギャグってやったことないでしょ?

とーやま:でも、そうなると「元服していいのかな」って考えるんですよ。僕も高校卒業して大学生になって大丈夫なのかなとか、大人になって……。

あしざわ:つながってくるんかい(笑)。

とーやま:でも、実際そうですよね。だから哲学者がいて、倫理の授業もあって。

あしざわ:すげー深い話になってるよ。

とーやま:違う違う。これはマジな話で、未来の話でも一緒だと思うんです。テクノロジーが進化して、これからどういう世界になっていくかわからないですけど。みんな今、番組の掲示板はスマートフォンで登録してくれていますよね。

――番組のアプリもありますね。

とーやま:radiko.jp(ラジコ)なんてものすごく画期的じゃないですか。タイムフリーでいつだって聴くことができるし、エリアフリーで北海道から沖縄のラジオ番組も聴くことができる。これからもどんどん進化を遂げていくんでしょうけど、何十年経っても、僕たち人間がぶちあたるところは、たぶん一緒なんじゃないのかなと思っています

――あしざわ教頭はどうでしょうか。話していて生徒の変化に何か気づきはありますか?

あしざわ:僕も基本的には変わっていないと思っています。ただ、悩みの内容に「SNS」が出てきているんじゃないかな。友だちを作るのに「LINEを交換する」という話はいっぱい聴くんですけど、結局「好きな子に話せない」のはLINEを駆使したところで解決できないんですよ。最終的に自分で話しかけるしかありません。そこはテクノロジーが進化しても変わらない気がするので、パッと見は変わっても、本質は変わっていないという印象です。

校長と教頭の役割がときどき入れ替わるのも魅力

――番組を聴いていて、とーやま校長が熱くしゃべって、あしざわ教頭が全体を見て冷静にツッコむところが好きなんですが、その関係性は最初からできてたんですか?

とーやま:これはたぶん、先代たちのものだと思うんですよ。やましげ校長(※1)とやしろ教頭(※2)のバランスを、いつの間にか引き継いでいるんだと思います。もちろん、聴いている生徒たちが作ってくれているのもあって、自然と成り立った感じですね。

あしざわ:今までの教頭はクールでクレバーな部分があったと思うんです。僕は確かにツッコむ側で冷静でいるんですけど、圧倒的に「学」がない感じがありまして…。

とーやま:それは否めない。

あしざわ:最近は逆転して、「校長がツッコんでんじゃねぇか」ってことがすごく多くて。申し訳ないなと思いつつ、人間が違うから仕方ないかなと思っていて。でもそれがメチャクチャ面白いときもあったりするんですよね。

――弱点があった方が、人間味を感じられて生徒は喜ぶのかなと。

あしざわ:最初の頃はクールな感じでいった方がいいのかなとも思っていました。隠していても、毎日しゃべってたらバレるので、「あ、コイツ大したことねぇな」というのが、結果として良かったのかなって(笑)。

――続きは後編で!

(※1)2005年10月の番組開始から、2010年3月まで初代校長(メインパーソナリティ)を務めた。「涙目の熱血校長」。

(※2)同じく番組開始から初代教頭(メインパーソナリティ)を務めた。2012年3月に退任。現在はTOKYO FM『Skyrocket Company』(月曜日~木曜日 17時~19時、金曜日 21時30分~21時55分『Skyrocket Company PARCO Hot Seminar』)ラジオの中の会社で本部長をつとめている。
 

番組概要

■放送局:TOKYO FM他、JFN全国38局ネット
■番組名:『SCHOOL OF LOCK!』
■放送日時:月曜日~木曜日 22時~23時55分、金曜日 22時~22時55分

出演者プロフィール

■とーやま校長

1979年、北海道出身。2010年4月に『SCHOOL OF LOCK!』の2代目校長に就任。前任はやましげ校長(2005年10月の番組開始から2010年3月まで)。感情をそのまま出す熱いトークが魅力。

■あしざわ教頭

1979年、東京都出身。2014年10月に3代目教頭に就任。前任はよしだ教頭(初代はやしろ教頭)。美術(アート)的センスを備えたツッコミで、とーやま校長をクールダウンさせる……はずが、ミスしてツッコまれることもある。

インタビュー・写真

豊田拓臣
1979年、埼玉県生まれ。
中学生からラジオを聴き始め、ずっと聴き続けていたら、ラジオ番組の紹介記事やしゃべり手のインタビューをして原稿を書くことが仕事になったフリー編集者/ライター。

自称・ラジオ解説者。
著書に『ラジオのすごい人たち~今こそ聴きたい34人のパーソナリティ』(2012年、アスペクト)がある。
一般社団法人日本放送作家協会会員。
特定非営利活動法人放送批評懇談会正会員。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ