グルメ情報はラジオでチェック! 聴いているだけでお腹が減る番組【後編】

前回に引き続き、おいしいお店やおいしい食材など、“おいしいもの”をテーマにしたラジオ番組をご紹介。

聴いているとお腹が空いてくるので、“飯テロ”にはお気をつけくださいね!

CBCラジオ『つボイノリオの聞けば聞くほど』 月曜日〜金曜日 9時〜11時55分

10時40分頃からは「キューピー ラジオクッキング」を放送。

キューピーといえば“3分クッキング”のイメージが強いと思いますが、ラジオでも料理番組を放送しています。講師は「宮本クッキングスクール」主宰の宮本和秀さんです。料理番組講師の草分け的存在だった父・宮本三郎さんの後を継ぎ、1980年から、CBCテレビ/ラジオに登場。番組サイトにはレシピも掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

@FM『You gott@POWER』月曜日〜木曜日 16時〜17時50分

毎週木曜日に「POWER飯」のコーナーをお届け。東海エリアのパワーの出る食事を紹介しており、いわば夕方の“飯テロ番組”です。

パーソナリティは黒岩唯一さん(通称:黒ちゃん)。スタジオで試食する時は、そのうまさが手に取るような食べっぷりです。今までに紹介した「POWER飯」は、番組サイトで閲覧できますよ!

MBSラジオ『たこ焼道楽わなかPresentsガチンコ最強たこ焼き列伝!』 毎週土曜日 17時45分〜17時59分

食通タレント、本場の料理人、アイドルの3組が、「たこ焼道楽 わなか」とのコラボレーションで、半年間をかけて各自の“究極のたこ焼き作り”に挑戦する新番組。

プロデュースしたたこ焼きは、11月3日(土)に開催される「MBSラジオ秋まつり」にて販売対決するのだとか。

番組ではおいしいたこ焼きの秘密から、たこ焼道楽わなか会長・和中徹さんの今までの人生(実は元・美容師なのだとか)まで分かります。

FM OH!『なんMEGA!』毎週金曜日 13時〜18時

第2・4金曜の14時41分頃から放送している「大阪王 presents 彩名が行く! 餃子世界化計画餃」では、「大阪王」の焼きたての餃子のおいしさを知ってもらうべく、いろいろな人に食べてもらい感想を聞いています。

ある時は、花見で賑わう場所で餃子を振る舞い、またある時はライブハウスにある大きな鉄板で餃子を振舞ったり……。餃子を使ったメニューの試食会を開いたこともあります。餃子の話だらけで、気がつくと頭の中が餃子のことでいっぱいに。

FM802『DOCOMO OSAKAN HOT 100』毎週日曜日 12時〜15時

番組の名物コーナーのひとつとなっているのが「西ダンシン・イン・ザ・ストリート!!」。DJ・西田新さんがとっておきのお店をレポートします。

週によっては、大阪を訪れたアーティストと一緒にランチを楽しみます。(ゲストの好みに合わせたお店にご招待)テーブルにマイクを置けば、おいしいラジオスタジオに早変わり。おいしい料理を前に、アーティストのテンションも一層アップします。大阪を訪れたアーティストにとっては、おいしいものを食べられて、音楽の話もできて一石二鳥です。

これまでに訪れたお店は、番組サイトでチェックできます。

FM802『BRIGHT MORNING』毎週金曜日 6時〜12時

朝食をいつもは家で簡単に済ませている人も、週に1度は“豪華なモーニング”なんていかがでしょう?

7時35分頃から始まる「週末モーニン♪」では、お出かけしたくなる、作りたくなるモーニングを提案しており、(番組サイトでは写真も紹介)DJ・内田絢子さんの話術のおかげで、聞いているだけでお腹が空いてきます……。

なお、3月まで『BRIGHT MORNING』を担当していた山添まりさんは、FM COCOLOで音楽番組『PRIME STYLE FRIDAY』(毎週金曜日 10時~14時)と『PRIME STYLE SATURDAY』(毎週土曜日 10時~14時)のDJを務めています。

RCCラジオ『お好み焼きのある風景』 月曜日~火曜日 11時55分〜12時

お好み焼きをテーマにした、広島ならではの番組です。

こちらはお店の紹介ではなく、お好み焼きにまつわる心温まるエッセイを柏村武昭さんが紹介。「お好み焼きをテーマにしたエッセイって、そんなにあるの?」と思ってしまうところですが、放送開始から9年が経ちました!  作品が採用されると「オタフクソース」の詰め合わせがプレゼントされます。

FM香川『続・麺通団のUDON RADIO!』毎週日曜日 18時15分〜18時30分

讃岐うどんブームの仕掛け人・田尾和俊さん率いる「麺通団」による、「語るうどん」番組。

気になるうどん店がオープンすると聞けば、どんなお店なのかオープン前にいち早く取材したり、リスナーから寄せられたうどん店情報(しかも、香川のみならず、東京ほか各地の情報も)も紹介したりしています。

香川の人気店の中には、正午を過ぎると品切れになる店もあるそうで、まさに”恐るべし”うどん文化といったところです。

FM FUKUOKA『BUTCH COUNT DOWN RADIO』 毎週金曜日 13時30分〜19時

BUTCHさんとkaedeさんのやりとりや、コントも楽しい5時間半のハイテンション・エンターテインメント・レディオショーです。

14時35分頃から放送される「ザ・メシュラン」では、”謎のアジア人”を加えて、おいしいお店の話で盛り上がります。「こういう食べ方がおすすめ!」という話だけではなく「ここをもう少し変えてくれたら」という、惜しい点も指摘するところにお店に対する愛を感じます。

さらに、18時35分頃からの「メシュラングルメ研究所」も、グルメの話題がたっぷり。BUTCHさんがダンディな声で、グルメにまつわる話をしているのを聞くと、お腹が空いてきます。紹介されたお店は、番組サイト「ザ・メシュラン」に掲載されています。

2018年5月23日(水)〜27日(日)にはFM FUKUOKAのグルメイベント「A級グルメ大食覧会in JR博多シティ」が開催されるので要チェックですよ!

cross fm『FRIDAY SPECIAL BAYSIDE SHOCK』毎週金曜日 12時〜15時

おいしいものにまつわる情報を中心にした3時間番組です。食べることが大好きな、元AD・honeyさんと、高校柔道「金鷲旗」全国大会団体戦優勝経験を持つとんこっちゃん・ふじ子さんのコンビがお届け。(2人合わせて体重200キロオーバー!)。

番組サイトではゲストとの写真が公開されていますが、honeyさんとふじ子さんの存在感が大きいため、もともと大きい人は少しスリムに、もともとスリムな人はよりほっそりと映ります。

ナビゲーターのキャラクターが濃いだけでなく、コーナーもタイトルを聞いただけでいかにも“濃そう”なものが満載。食べ物にまつわる話題をお届けする「「Mr.ちんすこうの今週のショッキングニュース」、「Vege Shock」、「今週のうま一本!」などタイトルを聞いただけでも、いかにも濃そうなコーナーが並びます。

ラジオ沖縄『牛ラジ(仮)』毎週水曜日 19時30分〜20時

パーソナリティは、ミートアドバイザー・リブロース美崎さんと芸人・前田夏希さんです。リブロース美崎さんは石垣島でブランド牛の生産、生肉、加工、販売を行っている「美崎牛本店」の代表取締役社長。(40代の若手社長でセンスも若い)

肉に感する話題や、ゲストを招いてじっくりとトークをするなどバラエティ豊かな30分をお届けします。ちなみに、ある回のゲストはパーティーダンサー・粒マスタード安次嶺さんでした。(本当にいろいろな人がいるんだな……と痛感)

お相手の前田夏希さんの笑い声もいい味を出しています。肉に関する質問もぜひ送ってみてくださいね!

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ