「北海道」と「沖縄」のラジオ番組を聴き比べ!ご当地ラジオ番組をチェック!

「日本って、広いな~」と思うことがあります。昨年は観測史上初めて、沖縄に雪が観測された日がありました。沖縄のラジオ番組を聴いていると「ラジコプレミアムを使って、北海道から聴いています。沖縄は寒いそうですが、大丈夫ですか? 私の住む北海道は、いつもよりは暖かいです」というメールが紹介されていました。ちなみにその日、沖縄は3度、リスナーが住んでいた所は氷点下10度だったそうです。「全然、暖かくないじゃないか!」と思ったのは言うまでもありません。

実は北海道も沖縄もローカル番組が多く、いずれも「ご当地ラジオ番組王国」です。そこで今回は、北海道と沖縄で放送されている独特の持ち味の番組を紹介します。まずは、寒い季節なので、暖かい沖縄の、王道の音楽番組から。

沖縄のラジオ番組をピックアップ!

■RBCiラジオ『民謡で今日拝なびら』(月曜~金曜 16時~16時54分)

「みんようで ちゅう うがなびら」と読みます。「ちゅう うがなびら」は「こんにちは」という意味で、放送開始54年を迎えた超・ご長寿リクエスト番組です。沖縄の方言で放送されるため、沖縄のゆったりした雰囲気を味わいたい方におすすめです。(といっても、沖縄の方言は独特なので、内容がサッパリわからないことも多々有ります)

曲目リストには「十五日模合小」(じゅうぐにちむぇーぐゎ)、「我んうれまさ小しみゆんなー「(わんうれまさぐゎーしみゆんなー)など、民謡の名曲が並びます。懐かしのレコードをかけて、針が飛んでしまうこともありますが、そこはご愛嬌ということで…。

 

■RBCiラジオ『おきなわのホームソング』(月曜~金曜 10時45分~10時50分)

「子どもたちが歌える新しい沖縄の歌を作ろう」というコンセプトで、BEGINと沖縄のミュージシャンが作った曲を紹介しています。いわば、沖縄版「みんなのうた」です。例えば「ソウル チャンプルー」という曲は、「父ちゃんも母ちゃんも、ソウルチャンプルーを食べて、海と大地の恵みに感謝して、長寿の島を取り戻せ」という内容の歌詞です。

 

■RBCiラジオ『7!!ナナマイのうさがみそーれー!』(日曜 18時30分~19時)

沖縄の4人組バンド「7‼︎」(セブンウップス)のメンバーで、トークに定評のあるヴォーカルのNANAEさんと、ドラムのMAIKOさんによる番組です。ヴォーカルのNANAEさんは、tvk(テレビ神奈川)の人気音楽番組「sakusaku」のMCを担当しています。「sakusaku」では沖縄のイントネーションは控えめですが、「うさがみそーれー!」では沖縄弁で話すので、そのギャップにも注目です。

 

では、ここからは一気に北に飛んで北海道へ。

北海道のラジオ番組をピックアップ!

■HBCラジオ『北乃カムイのもにょもにょラジオ!(適当)』(土曜25時~25時40分)

北海道生まれのバーチャルアイドルで、テンポの良いトークに定評のある北乃カムイがパーソナリティをつとめる番組です。リスナー参加型で、リスナーからアイデアを募りながら、北海道に関する商品を企画・開発することもあります。ツイッターで気軽に参加できる企画もあり、番組がトレンドワードに入ることも! TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の人気企画「全日本ラジオ新番組選手権2014」グランプリ受賞。

 

■STVラジオ『アイヌ語ラジオ講座』(日曜 7時~7時15分 再放送:土曜23時45分~24時)

初心者向けのアイヌ語講座です。テキストも用意されていて、ダウンロードすることができます。「道は良い状態ですか?」「シカの通る道より悪いです」等の会話をアイヌ語に訳した例文や丁寧な解説が豊富に掲載されています。

 

■AIR-G’(※FM北海道)『鈴井貴之 ラジヲの時間』(金曜 19時~20時)

「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の「ミスター」こと鈴井貴之さんの番組です。応援しているコンサドーレ札幌の話や、リスナーからの相談など、やや高めテンションでしゃべり尽くします。「水曜どうでしょう」で全国を行き尽くした鈴井さんだけあって、地方の話が出た時に、その地域の鉄道や観光地にまつわる話がさりげなく出るのはさすがです。

 

おまけに…こんなところにも注目!

■STVラジオのコールサイン(毎日早朝 4時59分〜5時)

余談ですが、北海道のSTVラジオは、コールサインも聴きごたえがあります。北海道は広いため、中継局も多く、1分間に15の中継局の名前と周波数を一気に読み上げます。網走局、遠軽(えんがろ)局、名寄局、留萌(るもい)局、遠別局…と次々と北海道の地名が登場するため、北海道以外に住んでいる私にとって、非常に新鮮です。

(ラジオファンの中には、色々な放送局のコールサインや、日曜の深夜に流れる「放送終了のお知らせ」をラジコプレミアムで聴き比べている人もいます。私もそのうちの一人です)

みなさんもぜひ、北海道と沖縄のラジオ番組を聴き比べてみてください。

この記事を書いた人


やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

有吉「オールスター後夜祭」で“記憶力クイズ”に挑戦も惨敗…出演芸人の名前が出てこず「年齢上しょうがないと思っていたけど…」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)」。4月7日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の山本浩司とアルコ&ピースの酒井健太を迎えてお送りしました。


(左から)酒井健太、有吉弘行、山本浩司



有吉が番組MCをつとめ、山本も酒井も出演した「オールスター後夜祭'24春(以下:後夜祭)」(TBS系)の話に。有吉は「ドッキリみたいな感じで、急に『回答席に座っている88人の芸人の名前を(回答席を見ないで)全員言えるか』っていうのをやらされたんだけど、ほぼ答えられなくて……(芸人の名前が)全然出てこなかったんだよね」と悔しさをあらわにします。

また、挑戦しているときは「“回答はグループ名でも個人名でもいい”って言われたから、思いついた人からバンバン言っていけばいいんだけど、“(青色1号の上村典弘(現:カミムラ)は)ウエムラだっけ? カミムラだっけ?”って変に止まっちゃって」と回顧。

結局、浮かんだ芸人に関する情報は次々と出てくるものの、肝心の名前やグループ名はほとんど出てこなかったそうで、一緒に出演していた山本と酒井も、その様子を案じていましたが、有吉も「まったく出てこなくて、自分でもちょっとビックリした。年齢上、こういうラジオをやっていても(名前などが)出てこないことが多いから、ある程度はしょうがないと思っていたけど“それにしてもな……”って。困ったね」と不安を口にしていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国25局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/27400
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」ではスペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ