「北海道」と「沖縄」のラジオ番組を聴き比べ!ご当地ラジオ番組をチェック!

「日本って、広いな~」と思うことがあります。昨年は観測史上初めて、沖縄に雪が観測された日がありました。沖縄のラジオ番組を聴いていると「ラジコプレミアムを使って、北海道から聴いています。沖縄は寒いそうですが、大丈夫ですか? 私の住む北海道は、いつもよりは暖かいです」というメールが紹介されていました。ちなみにその日、沖縄は3度、リスナーが住んでいた所は氷点下10度だったそうです。「全然、暖かくないじゃないか!」と思ったのは言うまでもありません。

実は北海道も沖縄もローカル番組が多く、いずれも「ご当地ラジオ番組王国」です。そこで今回は、北海道と沖縄で放送されている独特の持ち味の番組を紹介します。まずは、寒い季節なので、暖かい沖縄の、王道の音楽番組から。

沖縄のラジオ番組をピックアップ!

■RBCiラジオ『民謡で今日拝なびら』(月曜~金曜 16時~16時54分)

「みんようで ちゅう うがなびら」と読みます。「ちゅう うがなびら」は「こんにちは」という意味で、放送開始54年を迎えた超・ご長寿リクエスト番組です。沖縄の方言で放送されるため、沖縄のゆったりした雰囲気を味わいたい方におすすめです。(といっても、沖縄の方言は独特なので、内容がサッパリわからないことも多々有ります)

曲目リストには「十五日模合小」(じゅうぐにちむぇーぐゎ)、「我んうれまさ小しみゆんなー「(わんうれまさぐゎーしみゆんなー)など、民謡の名曲が並びます。懐かしのレコードをかけて、針が飛んでしまうこともありますが、そこはご愛嬌ということで…。

 

■RBCiラジオ『おきなわのホームソング』(月曜~金曜 10時45分~10時50分)

「子どもたちが歌える新しい沖縄の歌を作ろう」というコンセプトで、BEGINと沖縄のミュージシャンが作った曲を紹介しています。いわば、沖縄版「みんなのうた」です。例えば「ソウル チャンプルー」という曲は、「父ちゃんも母ちゃんも、ソウルチャンプルーを食べて、海と大地の恵みに感謝して、長寿の島を取り戻せ」という内容の歌詞です。

 

■RBCiラジオ『7!!ナナマイのうさがみそーれー!』(日曜 18時30分~19時)

沖縄の4人組バンド「7‼︎」(セブンウップス)のメンバーで、トークに定評のあるヴォーカルのNANAEさんと、ドラムのMAIKOさんによる番組です。ヴォーカルのNANAEさんは、tvk(テレビ神奈川)の人気音楽番組「sakusaku」のMCを担当しています。「sakusaku」では沖縄のイントネーションは控えめですが、「うさがみそーれー!」では沖縄弁で話すので、そのギャップにも注目です。

 

では、ここからは一気に北に飛んで北海道へ。

北海道のラジオ番組をピックアップ!

■HBCラジオ『北乃カムイのもにょもにょラジオ!(適当)』(土曜25時~25時40分)

北海道生まれのバーチャルアイドルで、テンポの良いトークに定評のある北乃カムイがパーソナリティをつとめる番組です。リスナー参加型で、リスナーからアイデアを募りながら、北海道に関する商品を企画・開発することもあります。ツイッターで気軽に参加できる企画もあり、番組がトレンドワードに入ることも! TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の人気企画「全日本ラジオ新番組選手権2014」グランプリ受賞。

 

■STVラジオ『アイヌ語ラジオ講座』(日曜 7時~7時15分 再放送:土曜23時45分~24時)

初心者向けのアイヌ語講座です。テキストも用意されていて、ダウンロードすることができます。「道は良い状態ですか?」「シカの通る道より悪いです」等の会話をアイヌ語に訳した例文や丁寧な解説が豊富に掲載されています。

 

■AIR-G’(※FM北海道)『鈴井貴之 ラジヲの時間』(金曜 19時~20時)

「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の「ミスター」こと鈴井貴之さんの番組です。応援しているコンサドーレ札幌の話や、リスナーからの相談など、やや高めテンションでしゃべり尽くします。「水曜どうでしょう」で全国を行き尽くした鈴井さんだけあって、地方の話が出た時に、その地域の鉄道や観光地にまつわる話がさりげなく出るのはさすがです。

 

おまけに…こんなところにも注目!

■STVラジオのコールサイン(毎日早朝 4時59分〜5時)

余談ですが、北海道のSTVラジオは、コールサインも聴きごたえがあります。北海道は広いため、中継局も多く、1分間に15の中継局の名前と周波数を一気に読み上げます。網走局、遠軽(えんがろ)局、名寄局、留萌(るもい)局、遠別局…と次々と北海道の地名が登場するため、北海道以外に住んでいる私にとって、非常に新鮮です。

(ラジオファンの中には、色々な放送局のコールサインや、日曜の深夜に流れる「放送終了のお知らせ」をラジコプレミアムで聴き比べている人もいます。私もそのうちの一人です)

みなさんもぜひ、北海道と沖縄のラジオ番組を聴き比べてみてください。

この記事を書いた人


やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

この夏は、「夏バテ」ならぬ「冷えバテ」対策にきのこと豚肉の味噌汁で芯から温めよう!

野村邦丸がパーソナリティを務めるラジオ番組『くにまる食堂』(文化放送・毎週月曜から木曜9時~13時)内で火曜日の11時半ごろから放送されている「ホクトpresents きのこで菌活~カモン健康!」。きのこを食べて体の内側から「健康」になる方法について、「日頃の生活の中で気になる健康」をテーマに、毎週、その道の専門家に話を聴く。

今週は、『イシハラクリニック』副院長の石原新菜先生に「夏バテの予防と対策」というテーマで話を伺った。

夏バテといえば夏の終わりごろに「最近夏バテで…」と体調不良を訴える人が多かったが最近では7月ごろから夏バテを訴える人が増えてきた。この理由は、「暑熱順化」という言葉で説明できるという。「暑熱順化」は、徐々に身体を夏の暑さに順応させるということ。昔は春から夏にかけてだんだんと暑さに慣れていくことができていたが、最近は5月頃から夏日を観測することも増え、急に気温が高くなり身体が夏の暑さに慣れる時間がないうちに真夏を迎えてしまい、夏の初めから夏バテのような症状が出る人が増える要因になっているそうだ。では、夏バテの対策で重要なことは…。

野村邦丸「新菜先生、夏バテの主な原因は自律神経の乱れと思ってもいいですか?」

石原新菜「そうですね。まず冷房が効いた部屋で身体を冷やす。で、外に出ると今度猛暑ですから、外がめちゃくちゃ暑い。中が寒い、外が暑い、この温度差で体温調節をしなきゃいけない自律神経が頑張るとバランスが乱れてしまって、その影響で身体の中のいろんな機能に不調が現れてくるってことなんですよね。まだ暑いので、皆さんさっぱりした冷たいものをささっと食べちゃう。のどごしのいいものを食べたくなるんですけど、栄養が偏ってしまうんですよね。タンパク質とか薬味とか食物繊維、発酵食品がうまく摂れなくて。こういった栄養が偏ってしまうということも、また身体の疲れにつながる。もう悪循環ですよね」

邦丸「わかってるけど、やっぱりツルツルしこしこのそうめんとか冷麦ばかり食べちゃうんだ!って方も多いと思います。気持ちはわかりますよね」

石原「さらに薄着で冷房の中で、冷たい飲み物、食べ物。もうトリプルで内臓を冷やしてしまうんですよね。だから私いつも言ってるんですけど、最近の現代人の夏バテというのは暑くてバテるのももちろんあるんですけども、内臓を冷やしてしまって内臓の冷えから来る体調不良だから「冷えバテ」だよっていつも言ってますね」

邦丸「夏バテじゃなくて「冷えバテ」。夏バテ予防、あるいは冷えバテ予防に有効な食べ物は何でしょうか?」

石原「やっぱりおすすめなのが、きのこと豚肉の味噌汁。きのこたっぷりの豚汁の状態ですね。やっぱり豚肉にはタンパク質が豊富ですから、筋肉を作るものにもなりますし、それからやっぱり代謝を促すビタミンB1すごく豚肉には多く含まれているんですね。代謝はエネルギーに変えてくれるので、夏バテとか、冷え対策にもなる。きのこもビタミンB群がすごく豊富に入ってます。あと、大豆を原料にしてる味噌にもタンパク質、それからビタミンB2も入ってる。きのこにもB2が入ってて、きのこと味噌汁の組み合わせってすごくいいんですね。相乗効果があって。後は、味噌汁に含まれる塩分とかミネラル。夏、汗をたくさんかいて、ミネラルが失われてしまうので、味噌汁で補給するのもいいですし、そこに腸内環境を整える食物繊維が豊富なきのこを取り入れると一石二鳥かなと思います。実はきのこにたくさん入ってるのは、カリウムもあって、カリウムには、ナトリウムを追い出す働きがあるので、夏の「むくみの改善」にも良いですし、あとは結構汗でもカリウムが出ていってしまうので、カリウムの補給にもいいですね。あまりカリウムが不足してしまうと筋肉の動きに関わって、足がだるくなるとか攣ってしまうとか、いろいろあるので、カリウムもしっかり摂りたいミネラルなのできのこに入ってて、お勧めですよね。また、夏バテが続くと今度は免疫機能が低下してしまって、夏風邪の原因にもなってくるんですよね。きのこには免疫細胞に直接働きかけるβグルカンが豊富に入ってたり、免疫アップにもおすすめなんです。あとは睡眠ケアにも役立つオルニチンとかギャバ。そういったアミノ酸もたくさん入っているので、疲労回復におすすめ。なので、是非きのこたっぷりの豚汁。これを夏バテ予防として取っていただけたらいいなあと思いますね」

邦丸「きのこを入れて豚汁。豚汁は本当に好きな人が多いと思うんですよ。夏場の豚汁で夏を乗り切ろうってのはいいですね」

Facebook

ページトップへ