アリスからトータス松本まで! 各地で放送されているベテランアーティストのおすすめラジオ番組

「ラジオをやってみたい!」というアーティストは非常に多いです。

毎週、リスナーと会える楽しいコミュニティ、それがラジオ。

アリス、未唯mieさん(ピンクレディ)、KANさん、大黒摩季さん、トータス松本さん(ウルフルズ)など、さまざまなベテラン・アーティストの番組が各地で制作・放送されています。

テレビでは聞けない話、貴重な音源なども満載! 今回はその中から一部の番組を紹介します。

STVラジオ『KANのロックボンソワ』毎週土曜日 24時~25時


「愛は勝つ」でおなじみのKANさんの素が分かるトーク番組。

KANさんは同局の『アタックヤング』からおよそ30年出演していて、STVラジオとは切っても切れない関係です。

他のアーティストの楽曲を紹介する時に「いい曲なんです」と、その曲の聴きどころを添えることがあり、愛を感じます。

FM NORTH WAVE『トーホウリゾート presents Natural Woman』毎週木曜日 15時30分~16時


大黒摩季さんの初レギュラー番組で、1994年から1999年まで北海道のFM NORTH WAVEで放送されていた「Natural Woman」が、今年の秋に19年ぶりに復活しました!

番組で「私の生活はインスタ映えしないの」と謙遜していた大黒さんの素のお話が聞けます。

北海道はふるさとということもあり、ローカルな話が飛び出すことも。先日の放送では、北海道のししゃもの魅力をアツく語っていました。

CRT栃木放送『イマヤスの第三HENTAI』毎週月曜日 21時~22時

スキップカウズのヴォーカルでラジオファンの多い、イマヤスさんの世界観全開!

「想像」や「エロ」をキーワードに、変態を語る番組です。「エロ」といっても、ウィットに富んだトークが多く、聴いていて感心するほど。

ユニークなのは、スタッフや関係者が作った“作りメール”を紹介する回です。スタッフ同士で「誰が書いたメールか」が探り合うところが斬新で、思わぬ傑作メールが紹介されることもあります。

BSNラジオ『未唯mieのFrom mie to You』毎週木曜日 21時~21時55分


未唯mieさん(ピンクレディ)のラジオ番組です。

特にアラフィフの人にとって、たまらないのではないかと思うような懐かしい曲やCMで使われたお宝曲、またとにかく忙しかった頃のエピソードまでたっぷりと語ります!

仕事で海外を訪れても、あっという間に戻って来ないといけないなど、当時の多忙ぶりは半端なかったそうです!

BSNラジオ『八神純子 MUSIC TOWN』毎週水曜日 21時~21時55分


1978年「思い出は美しすぎて」でプロ・デビューし、同年、2枚目目のシングル『みずいろの雨』が大ヒットした八神純子さんの番組。

2015年には、コンサート観客動員ランキング(フォーク・ニューミュージック部門)で3位となるなど精力的に活動しています。

番組では、楽しく英会話を学ぶコーナーを実施。八神さんによると、好きな洋画を何度も観ることが英語を取得する近道だそうです。

KNBラジオ『柏原芳恵のJUMPIN MUSIC』毎週水曜日 5時05分~5時30分

1980年にデビューした柏原芳恵さん。この番組も放送開始14年の長寿番組です。

オープニングでは、おなじみの「かっしわばら よしえです!」の口調で挨拶するのもリスナーにとってに嬉しいところです。

今年は、オリジナルアルバム全18枚が2回に分けてリリースされ、タワーレコード新宿店および梅田大阪マルビル店では、懐かしい写真を使用した「NO MUSIC, NO IDOL?」のポスターが作成され、懐かしいビキニ姿の写真も披露。

ラジオでの喋り方の雰囲気も、昔から変わりません!

MBSラジオ『MBSヤングタウン 金曜日』毎週金曜日 22時~23時


パーソナリティは、1972年にデビューを果たしたアリス。3人揃って担当するラジオのレギュラー番組は「ヤングタウン」が初めてだそうです。

時代と寄り添った音楽のアリスの音楽トークは、メモをとりながら聴きたいほど!

ファンからのお便りもアツく、ライブの感想はもちろん、アリスに関する聖地巡礼をした人からのレポートも。「べーやんの あの時君は若かった」、「チンペイの今だから言える暗い過去」、「キンチャンのOnly Music!」とコーナーも充実しています!

FM COCOLO『STARTING OVER★Y2 MEETS ROCK』毎週金曜日 19時~20時


名曲「Get Along Together」などでおなじみの山根康広さんが、物腰は柔らかいながらもアツいトークを繰り広げる番組。

山根さんが感銘を受けた映画について語り倒す「Y2 WEEKEND CINEMA」では、山根さんが細かいセリフまで再現するため、思わず観たくなります。

また「3年66組康広先生」のコーナーでは、「ロックと髪型の歴史」や「洋楽なのに日本語が出てくる曲」など、さまざまなテーマで洋楽を楽しく伝授します。

FM COCOLO『Got You OSAKA』毎週日曜日 14時~16時


結成30周年を迎えたウルフルズは、FM802で『MUSIC GUMBO』のDJを務めていたトータス松本さんが同じく大阪・FM COCOLOで番組をスタート。

リスナーとのコミュニケーションを大切にしていて、メッセージもたくさん紹介しています。

また以前、東京にいる時に、番組をラジコのタイムフリーで聴いたところ、大阪で聴くのとは違って違和感を抱いたそうで、「もちろん、いろいろな場所で聞いてくれるのは嬉しいけど、大阪の番組は大阪の空気で聞くのがいい」と語りました。

2018年11月24日(土)には、初の公開収録も行われます。

NBC長崎放送『佐田玲子のレイコランドカフェ』毎週月曜日 21時20分~21時50分

さだまさしさんの妹、佐田玲子さんの番組。

実はラジオの女王ともいうべき彼女は、他局を含めた5本の番組を担当しています。

その中でも、出身地の長崎で放送されている『レイコランド・カフェ』は、ほかの番組と異なり、長崎弁が炸裂!

ローカル色がグッと濃くなり、さだまさしさんとの幼少期の話も出ることもあります。

RKKラジオ『なかざわけんじとすみママの想い出がいっぱい』毎週月曜日 19時~20時

元H2Oのなかざわけんじさんと、喋り続けて38年という“すみママ”の番組。

オープニングやトーク中のBGMでは、名曲「思い出がいっぱい」をアレンジしたメロディも流れます。

なかざわさんの音楽トークやミニライブは必聴ですよ!

FM沖縄『島袋寛子の「いいね!OKINAWA!」』毎週土曜日 12時25分~12時55分

SPEEDのメンバーとして、1996年にデビューした島袋寛子さんの番組。

ふるさと沖縄の“いいね”と思うところにスポットを当てています。

時々、島袋さんの沖縄訛りも出てきて、終始のほほんとした空気感は、土曜の昼にピッタリですよ!

この記事を書いた人


やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ