2016年・大晦日の特別番組まとめ!朝~夜の番組編

大晦日はラジオもスペシャルプログラムが満載! 豪華ゲストによる生放送や、今年のヒット曲のオンエアなど聞き逃せない番組が目白押しです。ぜひチェックしてみてくださいね。

ニッポン放送『子どもたちの震災~しゃべっていいんだ~』

2016年5月30日(月)に放送し、「第12回日本放送文化大賞」のラジオ・グランプリを受賞したニッポン放送報道スペシャルを再放送でお届け。若者たちの“こころの復興”を辿りながら、自らの役割を模索する姿を追います。

■放送時間:14時〜15時
■ナビゲーター:上柳昌彦
■出演者:雁部那由多、津田穂乃果、桑山紀彦、相澤朱音

InterFM『TOKYO DANCE PARK』

豪華なゲストが次々登場! 日本のエンターテインメント界NO. 1の実力の持ち主・三浦大知さんやHIPHOP界を担う男・ZEEBRAさん、渋谷HARLEMやVISIONで大活躍のDJ KANGOさんが登場して、「挑戦」をテーマに2時間生放送でお届けします!

■放送時間:12時〜14時
■ナビゲーター:MC RYU
■ゲスト:三浦大知、ZEEBRA、DJ KANGO

ラジオ日本『中央競馬 ゆく馬 くる馬』

専門紙解説陣とともに、今年の“ゆく馬”(引退馬)を実況録音を交えながら振り返りつつ、“くる馬”(来年活躍が期待される馬)を予想。来年の中央競馬を盛り上げる馬とは? 競馬ファンに向けた年末スペシャル番組。

■放送時間:15時5分〜16時30分

bayfm78 『KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN JAPAN HOT HOT 100』

今年1年の総決算! 邦楽ヒット曲TOP100のカウントダウンはもちろん、独自目線の企画コーナーや、今年大活躍したあのゲスト、たくさんのアーティストメッセージなどなど盛りだくさんの内容でお届けします。これを聴かなきゃ、年が越せない!

■放送時間:13時〜17時50分
■ナビゲーター:森久保祥太郎
■ゲスト:藤原さくら

CBCラジオ『北野誠のズバリ 大みそかスペシャル』第1部7時~11時55分

いろいろあった2016年のニュースから身のまわりの話題まで、多彩なゲストと共にズバッとぶった斬り!! 一年の最後の最後まで「本音トーク」満載でお送りします。

■放送時間:7時~18時
■ゲスト:大川豊、井上トシユキ、戸井康成、河原﨑辰也、酒井直斗

MBSラジオ『松竹芸能60周年 これからも 謙虚・素直・感謝 SP』

2016年7月~2017年7月が60周年イヤー。そんな60周年イヤーを大晦日に祝おうという番組。松竹芸能の生き字引 正司敏江師匠から松竹の未来を担う若手芸人まで60周年にふさわしいメンバーがちゃぷらステージに大集合しての2時間。

■放送時間:11時30分~13時30分 ※公開生放送
■出演:森脇健児、シンデレラエキスプレス渡辺裕薫、かみじょうたけし、チキチキジョニー、若手枠(河邑ミク、どんぐり兄弟、ウドントミカン、天然もろこし)正司敏江、酒井くにお・とおる、MBSアナウンサー 福島暢啓

 

2016年を締めくくる大晦日も、ぜひラジコでお楽しみください!

▼radiko.jp
http://radiko.jp/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、今まで聴けなかったラジオ局の番組も聴くことができます。

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

※各ラジオ局のエリアでは、今まで通り「radiko.jp」(無料)でお楽しみいただけます。

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ