2016年・大晦日の特別番組まとめ!朝~夜の番組編

大晦日はラジオもスペシャルプログラムが満載! 豪華ゲストによる生放送や、今年のヒット曲のオンエアなど聞き逃せない番組が目白押しです。ぜひチェックしてみてくださいね。

ニッポン放送『子どもたちの震災~しゃべっていいんだ~』

2016年5月30日(月)に放送し、「第12回日本放送文化大賞」のラジオ・グランプリを受賞したニッポン放送報道スペシャルを再放送でお届け。若者たちの“こころの復興”を辿りながら、自らの役割を模索する姿を追います。

■放送時間:14時〜15時
■ナビゲーター:上柳昌彦
■出演者:雁部那由多、津田穂乃果、桑山紀彦、相澤朱音

InterFM『TOKYO DANCE PARK』

豪華なゲストが次々登場! 日本のエンターテインメント界NO. 1の実力の持ち主・三浦大知さんやHIPHOP界を担う男・ZEEBRAさん、渋谷HARLEMやVISIONで大活躍のDJ KANGOさんが登場して、「挑戦」をテーマに2時間生放送でお届けします!

■放送時間:12時〜14時
■ナビゲーター:MC RYU
■ゲスト:三浦大知、ZEEBRA、DJ KANGO

ラジオ日本『中央競馬 ゆく馬 くる馬』

専門紙解説陣とともに、今年の“ゆく馬”(引退馬)を実況録音を交えながら振り返りつつ、“くる馬”(来年活躍が期待される馬)を予想。来年の中央競馬を盛り上げる馬とは? 競馬ファンに向けた年末スペシャル番組。

■放送時間:15時5分〜16時30分

bayfm78 『KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN JAPAN HOT HOT 100』

今年1年の総決算! 邦楽ヒット曲TOP100のカウントダウンはもちろん、独自目線の企画コーナーや、今年大活躍したあのゲスト、たくさんのアーティストメッセージなどなど盛りだくさんの内容でお届けします。これを聴かなきゃ、年が越せない!

■放送時間:13時〜17時50分
■ナビゲーター:森久保祥太郎
■ゲスト:藤原さくら

CBCラジオ『北野誠のズバリ 大みそかスペシャル』第1部7時~11時55分

いろいろあった2016年のニュースから身のまわりの話題まで、多彩なゲストと共にズバッとぶった斬り!! 一年の最後の最後まで「本音トーク」満載でお送りします。

■放送時間:7時~18時
■ゲスト:大川豊、井上トシユキ、戸井康成、河原﨑辰也、酒井直斗

MBSラジオ『松竹芸能60周年 これからも 謙虚・素直・感謝 SP』

2016年7月~2017年7月が60周年イヤー。そんな60周年イヤーを大晦日に祝おうという番組。松竹芸能の生き字引 正司敏江師匠から松竹の未来を担う若手芸人まで60周年にふさわしいメンバーがちゃぷらステージに大集合しての2時間。

■放送時間:11時30分~13時30分 ※公開生放送
■出演:森脇健児、シンデレラエキスプレス渡辺裕薫、かみじょうたけし、チキチキジョニー、若手枠(河邑ミク、どんぐり兄弟、ウドントミカン、天然もろこし)正司敏江、酒井くにお・とおる、MBSアナウンサー 福島暢啓

 

2016年を締めくくる大晦日も、ぜひラジコでお楽しみください!

▼radiko.jp
http://radiko.jp/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、今まで聴けなかったラジオ局の番組も聴くことができます。

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

※各ラジオ局のエリアでは、今まで通り「radiko.jp」(無料)でお楽しみいただけます。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ