『星野源のオールナイトニッポン』にバカリズムさんが登場!“これなに”には林原めぐみさんも!

いよいよ2017年最初のスペシャルウィークが始まります。初日の2月20日(月)は星野源さんがパーソナリティを務める『星野源のオールナイトニッポン』にバカリズムさんがゲストとして登場します。

またTOKYO FM『高橋みなみの「これから、何する?」』では、スペシャルウィーク期間中は番組内コーナーに声優の林原めぐみさんが毎日登場。

その他にも豪華なゲストや聴き逃せない番組が放送されますよ!

TBSラジオ 『エンタメExpress』21時~21時30分

スペシャルウィークのゲストには中村勘九郎さん、西寺郷太さん、新妻聖子さんが登場! ゲストから語られる貴重なエンタメトークは必聴ですよ。

文化放送 『グッチ裕三今夜はうまいぞぉ!』 20時~20時30分

料理愛好家として知られるグッチ裕三さんと、第1子を妊娠したことを発表した声優の金田朋子さんによるトークバトル番組。今回はグッチ裕三さんが超簡単にできる料理ベスト3を提案します!

ニッポン放送 『星野源のオールナイトニッポン』 25時~27時

スペシャルウィークのゲストは星野源さんが大好きなバカリズムさんが登場! くだらない話から真面目な話まで2人で2時間トークします。お楽しみに!

 

InterFM897 『HEADBANGERS!!』 23時~24時

ゲストに話題の GRANRODEO を迎えてHEADBANGERS premium LIVE 祭開催! ほぼ LIVE 音源でお送りします。貴重なスタジオライブも。

 

TOKYO FM 『高橋みなみの「これから何する?」』 13時~14時55分

http://www.tfm.co.jp/specialweek/201702/

高橋みなみさんが築地に行って見つけた意外な謎について語ります。スペシャルウィーク中は声優の林原めぐみさんによる読み聞かせもあります。さらに3万円分のAmazonギフト券を毎日プレゼント!

 

J-WAVE 『THE KINGS PLACE』 26時~27時

夜の本気ダンスによるアジカンのカバー楽曲「NGS」をラジオ初オンエア! さらにリスナーから「私は夜の本気◯◯」というテーマでメッセージも募集します。

 

ラジオ日本 『岩瀬恵子のスマートNEWS』 6時30分~8時50分

朝の知りたい情報がすべてわかる情報番組。元関脇の隆乃若さんをゲストに迎えてお送りします。プレゼントが当たるキーワードクイズも実施しますよ!

 

bayfm78 『LOVE OUR BAY』 11時53分~11時59分

漫画家やコラムニストなど幅広く活躍している辛酸なめ子さんをゲストに迎えてお送りします。辛酸なめ子さんはラジオで一体何を語るのでしょうか。

NACK5 『The Nutty Radio Show おに魂』20時~23時

Happyだんばらさんと乃木坂46の斉藤優里さんがパーソナリティを務めます。ゲストには青山テルマさんが登場! 生放送でお届けします。

FM ヨコハマ『YOKOHAMA RADIO APARTMENT ~ドア開けてます!~』 22時~23時20分

シンガーソングライターの関取花さんをゲストに迎えてお送りします。パーソナリティはwacciのボーカル&ギターを担当している橋口洋平さんです。

 

この他にも各局でいろいろな番組が放送されます。『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』に登録すると、どこにいても全国の放送を楽しむことができますよ!

▼各局のスペシャルウィーク特設ページまとめ
https://news.radiko.jp/article/edit/3436/intro/

▼radiko.jp
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

※各局の放送エリアでは、今まで通り「radiko.jp」(無料)でお楽しみ頂けます。

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ